「投資」と「投機」の違いとは?ギャンブル性や英語表現も解説

将来のために少しでも貯蓄を増やしたい…。おそらく誰もが一度は考えることでしょう。

ここで疑問となるのが資金を投じる際の「投資」と「投機」の違いです。それぞれの特徴やギャンブル性を把握して、自分に合ったスタイルを選んでみませんか?

早速「投資」と「投機」の違いについて、ギャンブル性の高さやリスク、保有期間、価格変動などを中心に、英語表現と併せて解説していきましょう。



「投資」と「投機」の違いとは?

保有期間が違う

「投資」と「投機」では「保有期間」が違います。「投資」は長期においてじっくり育てるのが基本的な考えですが、「投機」の場合は短期間で売り時や買い時の好機を探り、売買を繰り返すのが特徴です。

リスクの取り方や高さが違う

「投資」と「投機」では「リスクの取り方や高さ」が違います。「投資」は保有期間が長いため、複利効果を利用して、リスクを最小に抑えながら時間をかけてゆっくり貯蓄を増やします。一方「投機」の場合は短期間で一発勝負を踏む色が濃く、おおむねリスクが高くなってしまうのが特徴と言えます。

ちなみに「投資」の魅力でもある「複利」とは、運用で得た利息を元本貯蓄に加えて、再度新しい元本として投資する方法のことです。つまり「利息が利息を踏む」「雪だるま式」で貯蓄や資産を増やすことを指します。

短期における価格変動が違う

「投資」と「投機」では短期における「価格変動」が違います。「投資」はもともと価格変動の少ない商品を選ぶことが前提となります。そのため、短期の価格変動を意識することが少なく、焦らずじっくり待つことができます。一方「投機」の場合は、短期で大きく利益を得ようとする考えが軸にあるため、価格変動に過剰意識しなければならず、結果として振り回されてしまうことが多いです。

ギャンブル性が違う

「投資」と「投機」ではギャンブル性が違います。「投資」はできるだけリスクを避け、堅実に利益を得る「ローリスク・ローリターン」が基本です。しかし「投機」の場合はギャンブル的な考えが根底にあります。将来への貯蓄をあまり考えず、その時の気分やノリで資金を投じ、加えて多大な利益を期待するのが特徴です。

余談となりますが「ギャンブル」という言葉の定義は「偶然の勝負に対して、資金などの財物を得たり、失ったりすること」です。どうしても運や勘などに任せて勝負を競うニュアンスは否めませんが、「投機」のみならず、その他、FXや商品先物、デリバティブなどもギャンブル性が高いと言われています。

「仮想想貨」は「投資」それとも「投機」?

「仮想通貨」は基本的に「投資」という認識がある

近年、新しい投資の形として注目を浴びているのが「仮想通貨」です。「仮想通貨」はコインやお札のように形を持たず、デジタルデータのみで存在していますが、仮想通貨の発行に国や金融機関が携わっていないのも特徴でしょう。

「仮想通貨」への投資者が日本のみならず世界に渡り増えていますが、初心者を始め多くの人ができるだけリスクを抑えた「長期での貯蓄運用」を理想としています。そのため「仮想通貨」へ資金を投じるのは比較的安定した「投資」だという考え方を持つ人が多いと言えます。

「仮想通貨」は価格変動が激しく「投機」との意見も

「仮想通貨」は「ハイリスク・ハイリターン」または「ミドルリスク・ハイリターン」であるという考え方もあります。「仮想通貨」がリスクが高く「投機」に近い要素があるという背景には、実際に通貨によって「価格変動」が非常に大きいということが挙げられます。

「価格変動」つまり「ボラティリティ」が大きい通貨に対しては、多額の利益を得るチャンスもあるでしょう。しかし、逆に大きな損失を一度に負ってしまう可能性もあるという事になります。もちろん、投資する通貨の特色や動きにもよりますが、投資方法や時期、投資金額や通貨の種類によっては「投機」の色が濃いとも言えるでしょう。

また「仮想通貨」の人気を利用した詐欺曲がりのプロジェクトも存在します。初めて仮想通貨に投資をする人は短期で高い利益を得るという考えは危険です。まず、将来的に見て有望なビジョンがある通貨に期待して投資をする、という感覚を持つことが大切です。

「投資」と「投機」の英語表現は?

「投資」は「investment」「投機」は「speculation」

「投資」は英語で「investment(インベストメント)」、「投機」は「speculation(スペキュレーション)」となります。「speculation」には偶然の利益を狙うという意味が強く、堅実性や安全性にはやや欠ける単語となります。

また、場合や状況によっては「投機」を「gamble(ギャンブル)」と表現することもあります。この場合、勝つか負けるかの一発勝負を意味する時が多いです。

「投資」と「投機」を使った英語例文

  • I am planning on to get a great return on my investment.
    長期の投資で大きな利益を目指す。
  • What speculation means is to wish to get large amount of profit in short period time.
    投機とは短期で大きな利益を得ることを期待するものだ。

まとめ

「投資」と「投機」の違いは、保有期間、リスクの取り方、短期の価格変動、ギャンブル性です。「投資」は長期間でじっくり進めながら、複利を利用して利益を生んでいくのが基本的な考えですが、「投機」は短期で売買を繰り返し、勝つか負けるか一発勝負の要素があるのが特徴です。

将来への貯蓄を目的としている人は保有期間が長い「投資」、また短期で大きな利益を期待する人は「投機」を選ぶ傾向がありますが、それぞれのリスクの高さを考慮しながら、自分に合った資金の投じ方をするようにして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。