「思う」と「想う」の違いとは?使い分け方と類語「憶う」を解説

同じ読み方、意味をあらわす「思う」と「想う」ですが、2つには違いがあり使い分けられることを知っていますか?また、「思う」「想う」以外にも「憶う」や「念う」という表現もあり、それぞれ使い方が異なります。この記事では「思う」「想う」の違いや使い分け方から、類語「憶う」「念う」の意味を解説します。



「思う」と「想う」の違いと使い分け方

「思う」「想う」の違いは感情の大きさ

ものや人に対して感情をもつことを意味する「思う」「想う」は、読み方や意味に違いはなく、基本的にはどちらを使用しても間違いではありません。ただ、「想う」は「思う」と比べて、「ものや人に対する感情が大きい」状況で使用するという違いがあります。

「思う」と「想う」それぞれの漢字の成り立ちを見てみると、違いが分かってきます。まず「思」ですが、「田」と「心」から成り立っており、「田」とは「子どもの脳」を表します。上記のことから「脳で感じる心」を表すのが「思い」なのです。

次に「想い」ですが、「想」は「相」と「心」から成り立っており、「相手をおもう心」を表します。「○○になってほしいと思う」や「そう思う」など、自分の「脳で感じる心」を表すのが「思う」で、「あなたを想う」や「故郷を想う」など「相手をおもう心」を表すのが「想う」なのです。

基本は「思う」を、感情が大きいときは「想う」を使い分ける

「想う」は「思う」よりも、ものや人に対する感情が大きいという違いを説明しました。「思う」「想う」どちらを使用しても間違いではありませんが、基本的には「思う」を、「おもい」が大きいときは「想う」を使い分けることで、相手が捉える印象も変わってきます。

たとえば、「Aさんを思う」と「Aさんを想う」という例文。上記2つの例文は、どちらもAさんに対する感情を表していますが、「Aさんを想う」の方が他とは違う特別な感情であることが分かります。

「思う」「想う」の使い分けで迷う状況では、基本的に「思う」を使い、特別な感情や相手への感情が大きい状況では「想う」を使い分けましょう。

「思う」の使い方と例文

「思う」は考えや願望を表すときに使える

「思う」は自分の頭で感じたことを表す状況で使えます。自分の考えや願望、意思を相手に伝えるときに「○○だと思う」という使い方をしましょう。また、「想う」と違って「思う」は常用漢字であるため、新聞や公用文でも使用されます。

「思う」を使った例文

  • 明日は雨がふると思うから傘をもっていこう
  • 今日中には届くと思うから、もう少し待ってほしい
  • わたしは良いアイディアだと思うが、みんなはどう思う?

「想う」の使い方と例文

「想う」は恋愛など特別な感情のときに使える

「想う」は恋愛など特別な感情をもった状況で使われます。特別な感情をあらわす言葉であるため、「思う」と比較すると使用頻度は高くありません。また、「想う」を多用すると、「特別な様子」が薄れることもあるため、使用には注意しましょう。

「想う」を使った例文

  • 満月を見るたびにあなたを想い出す
  • 素敵な友人に出会えたことを、幸せに想う
  • 明日で実家を離れる我が子を想うと、色々な感情がこみ上げてくる

「思う」と「想う」の類語表現

「思う」と「想う」の他にも、「おもう」と読む言葉として「憶う」や「念う」があります。いずれも「思う」と「想う」の類語表現です。

類語「憶う」の意味は「心におもう」

「思う」「想う」の類語には「憶(おも)う」が当てはまります。「憶う」とは、「心におもうこと」を意味しており、ものや人に対する感情を表します。

「記憶」や「追憶(ついおく)」などの熟語に「憶」が使われていることから、「忘れられないほどの思い」を伝える状況で使用しましょう。

類語「念う」の意味は「一心におもう」

「思う」「想う」の類語には「念(おも)う」も当てはまります。「念う」とは、「一心におもう」を意味しており、人やものに対する感情がつねに心の中にあることを表します。「念願」や「信念」など、強い気持ちをあらわす熟語に「念」が使われているように、「強いおもい」「一心におもう様子」を表す状況で使いましょう。

「思う」と「想う」の英語表現

「思う」「想う」はどちらも英語で「Think」

「思う」「想う」の英語表現に当てはまるのが「Think」です。日本語で「おもう」を表す漢字がいくつかあるように、英語でも「おもう」を表す単語はいくつか存在します。なかでも「Think」は良く使われる表現で、自分の考えに確信をもっている状況で使われる単語です。

また、「願い」が込められた「○○だと思う」という文章には、「Hope」や「Believe」が当てはまります。「こうであってほしい」という願いを表したいときに使用しましょう。

まとめ

「思う」と「想う」はどちらも「人やものに対する感情」を意味しています。感情の大きさにより使い分けられ、基本的には「思う」を、感情が高まり特別な気持ちをあらわしたいときには「想う」を使用しましょう。

類語には「憶う」や「念う」が当てはまりますが、「憶う」は「忘れられないおもい」を、「念う」は「強いおもい」を表すという違いがあるため、使い分けが必要です。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。