「専務」と「常務」の違い・どちらが上?取締役と執行役員も解説

会社に勤め始めると、社長や副社長の他、取締役や執行役員などさまざまな役職があることに気付きます。中でも「専務」や「常務」も会社においてトップクラスの役職ですが、違いは一体何でしょうか?

ここでは「専務」と「常務」の意味と違いを中心に、取締役や執行役員の意味や位置づけにも触れながら解説していきます。



「専務」と「常務」の違いは?

補佐する項目が違う

「専務」と「常務」では、会社において補佐する項目が違います。会社の規定によって明らかに違うとは言えませんが、一般的には「専務」は会社の意思決定など重要な場面で社長を補佐し、「常務」は経営面において社長を補佐する役割があります。

管理する項目が違う

「専務」と「常務」では、会社内で管理する項目が違います。こちらも会社が定めるルールで決定されますが、「専務」は「会社全体の管理」、また「常務」は「業務全体の日常的な業務の管理」を任されることが多いです。

たとえば、各部署においてトラブルがあった場合、部署内のリーダーや責任者の先にいるのが「常務」です。日常的な業務執行の他、最終的なアドバイスを提供したり、業務全体の責任を任されるのが「常務」となります。

社長に近いのが「専務」社員に近いのが「常務」

法律上では「専務」と「常務」の間に明確な上下関係はありません。どちらも「役職付き取締役」であり、社長を補佐するというポジションは同じです。

しかし、社長が不在の際は社長代行として責任ある業務を遂行するのは「専務」の場合がほとんどです。たとえば、社長が多忙であったり、取引先との金銭に関わる経営上のやりとりがスケジュール的に困難な場合は、専務が代わりとして行うことがあります。

ニュアンス的には「専務」は経営における意思決定を補佐する立場にいるため、どちらかと言えば社長や副社長に近いポジションとして認識されることが多いと言えるでしょう。

「専務」と「常務」はどちらが上?

「専務」と「常務」どっちが上ということはない

結論から言うと「専務」と「常務」は、法律的にはどちらが上ということはありません。「専務」とは一般的に「専務取締役」、「常務」とは「常務取締役」のことを意味しますが、どちらも社長をサポートするポジションに突き、補佐役として主に会社の業務執行にあたる取締役となります。そのため「専務」も「常務」も「役付き取締役」と呼ばれています。

また「専務」も「常務」もどちらが上ということはない、という背景には、会社法に「専務」や「常務」という固定の呼称規定がないことが挙げられます。「専務」も「常務」も言ってみればトップレベルに位置する役職のニックネームとなります。

「専務」の下位に「常務」という場合が多い

会社法では執行役を兼務する立場として「取締役」という役員を設けています。「専務」も「常務」も「取締役」ですが、おおむね企業でよく見られるのが、社長や副社長の下位に「専務」、その下に「常務」を置くパターンです。

もちろん、企業によって運営体制や内部規定が異なるため、全ての会社が同じとは言えませんが、「専務」も「常務」もあくまで企業を経営する「経営陣」としての役職になり、その下位に役職を持たない平取締役がいるのが通常です。

「取締役」と「執行役員」の違いは?

会社内の権限・役割が違う

「取締役」や「執行役員」は会社内の権限や役割が違います。「取締役」は業務・経営・運営に関する会社の重要な項目や方針などを決定できる権限がありますが、「執行役員」は決定された重要事項を実行するのみです。「執行役員」には「取締役」のように重要な項目や方針などを決定する権限がありません。

会社法で定められた「取締役」社内の呼称「執行役員」

「専務取締役」や「常務取締役」などの「取締役」は、会社法(および商業登記法)で定められた役員で、「執行役員」は社内のみで使われる単なる呼称となります。つまり、「執行役員」は法律で定められた明確な位置づけがなく、一般の従業員のことを指します。

会社に勤めると一般社員が「執行役員」という肩書きを持つのを目にすることがあるでしょう。役職的には低い位置にいるのに「役員」であることに驚きますが、実際には「決定権限」がなく、純粋に決定された事項を実行する役割を指します。もちろん「執行役員」も責任あるポジションであることは明らかです。

まとめ

「専務」と「常務」の違いは、会社の内部規定によって異なりますが、一般的に「専務」の役割は「会社の意思決定において社長を補佐し、会社運営での業務全体の管理や監督を遂行する」、「常務」は「経営陣として社長を補佐し、社員の日常的な業務執行を遂行する」こととなります。

「専務」と「常務」は法律上の呼称規定はなく、どちらが上であるという上下関係は、それぞれの会社規定で決定されます。

また「専務」は「専務取締役」、「常務」は「常務取締役」のことを指します。呼び方や肩書で困惑しないように、位置づけと併せて整理しておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。