アクシデントの意味とは?インシデントとの違いや類語表現も解説

「アクシデントに遭遇した」「全くのアクシデントだった」というように、日常的な会話で見聞きするカタカナ語に「アクシデント」があります。主に「事故」や「突然の出来事」というような意味で使われますが、正しい意味や使い方を把握していますか?

ここでは「アクシデント」のカタカナ語と英語での意味、使い方で気を付ける点と例文、インシデントとの違い、類語などを紹介していきましょう。

「アクシデント」の意味とは?

「アクシデント」は「思わぬ事故」「不意の出来事」

「アクシデント」は「思わぬ事故」や「不意の出来事」を意味します。つまり、意図しない災難が起こること、不慮の出来事や事件などを指す言葉です。大変なことが偶然にも起きてしまうというニュアンスもあるため、椿事(ちんじ)や珍事という意味でも使われます。

「アクシデント」は英語で「偶然」「運」という意味も

「アクシデント」は英語の「accident」のことですが、英語ではカタカナ語の意味の他に「偶然」「運」という意味でも使われます。

カタカナ語では「災難」や「不慮の出来事」という意味が使われるため、シリアスで悪い印象を持って相手に伝わってしまいます。しかし、英語の場合は「良いことが偶然起こる」「突如として幸運が舞い降りる」というように、言ってみればプラスの意味で使われることもあります。

たとえば「I won the lottery. It was great accident!」という文章では、「宝くじが当たったよ。まさに最高の運だ!」と満面の笑顔で語る話し手が思い浮かびます。また「I saw ex-girlfriend yesterday. It was good accident」なら、昔の彼女に偶然会って、喜びに浸る姿が見えてくるでしょう。

「アクシデント」の使い方で気を付ける点と例文

二重表現に気を付ける

「アクシデント」は言葉そのものに「偶然に起こる」ことを意味があります。そのため「思わぬアクシデント」や「偶然のアクシデント」などの使い方は二重表現となりますので気をつけましょう。

「アクシデント」を使った例文

  • 大切な商談の日を間違えてしまったのは、全くのアクシデントだった。
  • 顧客から商品へのクレームがあったが、アクシデントにならなくて良かった。
  • 大雪で交通網を閉ざされるというアクシデントに見舞われたのは、山間の村であった。
  • 最大のアクシデントとは、間違って有効期限が切れたパスポートを持参したことだ。

「インシデント」と「アクシデント」の違いとは?

「インシデント」は「事件」「アクシデント」は事故

「アクシデント」と似たような意味を持つカタカナ語に「インシデント(incident)」があります。この二つの言葉は非常に混同されやすいですが、それぞれに決定的な意味の違いが存在します。

「インシデント」とは「事件」の他、「ミス」「間違い」「エラー」などを指す言葉で、結果的には大きな事故に至らなかった場合を指します。つまり、多大な影響を及ぼす前に、事前に食い止めることができた」というニュアンスが強い言葉です。

一方「アクシデント」は実際に間違いや過失がを起こしてしまった後に、結果として大きな被害を与えてしまったり、重大な事故に至ってしまったことを意味します。

医療分野の場合「インシデント」は医療過誤「アクシデント」は医療事故

「インシデント」と「アクシデント」の違いをわかりやすく説明できる例として医療現場における「医療過誤」と「医療事故」があります。この二つの言葉は、ニュースや新聞で見聞きしますが、実際に起こった事柄や結果が異なります。

「医療過誤」は患者への医療行為を行う前に「ミス」や「過失」がみつかったもの、また間違った医療行為が行われたが、結果として大事には至らなかったたことを言います。一方「医療事故」は実際に間違った医療行為が実施されてしまい、結果として患者に影響があったことを指します。例を挙げて違いをみてみましょう。

医療過誤:患者に投与すべき薬品を間違えて準備してしまった。また、間違った薬品を準備し誤って投与してしまったが、早急に措置を施したため患者に影響はほとんどなかった。

医療事故:患者に投与すべき薬品を間違えて準備してしまい、それに気付かず患者に投与してしまった結果、患者は重体に陥ってしまった。

「アクシデント」の類語は?

「アクシデント」の類語は「最悪の状況」「惨事」など

「アクシデント」の類語には「最悪の状況」「惨事」などがあります。「最悪の状況」は言葉通り「最もひどい状況、想像を超える状況」、「惨事」は「むごたらしい出来事や事件」を指しますが、どちらも、主に事故や災害などに対して使うことが多い言葉です。

言い換えの例

  • アクシデントに見舞われる
  • 最悪の状況に見舞われる
  • 惨事に見舞われる

ニュースでよく使われるのが「痛ましい事件」「悲惨な出来事」

その他「アクシデント」と言い換えることができる表現は「痛ましい事件」や「悲惨な出来事」などがあります。これらはニュースや新聞などで、実際に最悪の結果を招いてしまった時によく使われる類語表現となります。

「痛ましい事件」も「悲惨な出来事」も聞き手への想像を掻き立てる表現です。似たような表現ですが相手に与えるニュアンスが微妙に違うため、言い換えでの使い方には気を付けましょう。

まとめ

「アクシデント」の意味は「思わぬ事故」や「不意の出来事」で、予期しない偶然の事故や意図しない出来事を指す言葉となります。似たような言葉に「インシデント」がありますが「アクシデント」とはミスや過失による結果の重大性が異なります。相手に誤解を与えないようにするためにも、正しい意味の違いを理解しておくことが大切です。