「ございます」は謙譲語?「あります」との違いや敬語も説明!

ビジネスシーンでは「ございます」を使って、ていねいな会話を心がけている人も多いでしょう。ところが、間違った使い方を意外にしてしまうのが「ございます」なのです。敬語の意味をしっかり確認することで誤用を防ぐことができます。正しく「ございます」が使えるよう、敬語の種類もあわせて解説します。

「ございます」の意味は?

「ございます」は漢字では「御座います」と書き、2種類の意味があります。

  1. 動詞の「ある(有る/在る)」の意味の丁寧語  例:「その先に当社がございます」「在庫がございます」
  2. 補助動詞の「ある・です」の意味の丁寧語  例:「お願いしてございます」「いかがお過ごしでございますか」

「ございます」の敬語の種類は?

「ございます」は丁寧語

「ございます」は謙譲語でも尊敬語でもなく、丁寧語となります。謙譲語だと考え、相手に対して使用してはいけないと考える人もいるようですが、それは誤りです。しっかり理解できるよう、敬語の用法を整理してみましょう。

ビジネスシーンで使う敬語の種類は3種類

敬語は他者へ敬意を表すために用います。主に用いられる種類は次の3種類です。それぞれ意味を説明します。

  • 【丁寧語】ていねいな言葉で相手への敬意を表す言葉  例:「ご相談がございます」
  • 【謙譲語】へりくだる表現をこちら側に使うことで相手を高める言葉  例:「ご相談させていただきます」
  • 【尊敬語】相手の動作に用いることで相手を高める言葉  例:「ご相談にのっていただく」

このように、謙譲語はへりくだる表現をこちら側に使う言葉であるため、例えば「○○様でございますか?」と相手に対して使うのは誤りであると思う人がいると思われます。

「ございます」の使い方

「有る/在る」の意味での「ございます」の使い方

動詞の「有る/在る」の意味での使い方は、「ある」の丁寧語である「あります」をさらにていねいに言う場合に「ございます」とします。次のように使います。

  • こちらにございます
  • 質問がございます

「です」の意味での「ございます」の使い方

「~だ」の丁寧語である「~です」をさらにていねいに言う場合は、次のようなものがあります。

  • 私の名前は〇〇でございます
  • おっしゃるとおりでございます
  • お久しぶりでございます

質問の時の「ございますか」の使い方

「ありますか?」「~ですか?」と質問する場合は「ございますか?」「~でございますか?」となります。「ございます」は丁寧語であるため、自分側のこと、相手側のこと、どちらにも使うことができます。つまり、取引先に対して「在庫はございますか?」と質問し「当社の在庫はございます」と答えることもできます。

  • ご不明な点はございますか?
  • お手元に資料はございますか?

「あります」との使い分け

「ある(有る/在る)」の丁寧語が「あります」となり、さらにていねいに言いたい場合に「ございます」を用いるため、両者の意味の違いはありません。状況や相手との関係性により、適宜使い分けましょう。また、丁寧に言いたい場合でも「ございます」がたて続けに使われると、うっとうしいと思われてしまうこともあるため、違う言い回しを挟むなど、配慮も必要です。

「いらっしゃいます」との使い分け

お客様のお名前を確認する際に「〇〇様でございますか?」と聞いたり、目上の人に目上の人を紹介する際に「こちらが〇〇様でございます」と言ったりするのは正しい丁寧語の言い方です。しかし対面している相手との関係性や状況によっては、尊敬語の「いらっしゃる」を用いた方がより高い敬意を表すことができます。

状況に応じて、「〇〇様でいらっしゃいますか?」「こちらが〇〇様でいらっしゃいます」などと言えるようにしましょう。

「ございます」の誤用例

「ございますでしょうか」は誤り

お客様などに質問する際に、「ございますか?」だけでは丁寧さが足りないと感じるためか、「ますか?」に「でしょうか(ですか)?」を加えて2重敬語になった「ございますでしょうか」と言う人がいます。中には「ございますですか」という言い回しになってしまう人もいるようです。「ございますか?」は正しい敬語であるため、何かをつけ加える必要はありません。

「いる・います」を「ございます」に言い換えるのは誤り

「いる・います」の丁寧語は「おります」となりますが、「ございます」と混同してしまう場合があります。「いる」は「おります」となり、「ある」は「ございます」となることを覚えておきましょう。

  • 在庫が不足している ⇒ 〇:在庫が不足しております  ✖:在庫が不足してございます
  • 課長は席についています ⇒ 〇:課長は席についております  ✖:課長は席についてございます

「おはようございます」「ありがとうございます」は敬語?

「おはようございます」は丁寧語

「おはよう」をていねいに言う言葉が「おはようございます」です。それ以上にていねいに表現する挨拶の言葉はないため、目上の人に使っても問題ありません。

「ありがとうございます」も丁寧語

「ありがとう」を丁寧に言う言葉が「ありがとうございます」です。目上の人に使っても問題ありませんが、お礼や感謝の言葉の表現はさまざまなものがあります。「誠にありがとうございます」「感謝申し上げます」など、文書やメールでお礼を述べる時には、状況に応じて表現方法を工夫してみましょう。

まとめ

普段なにげなく使っている「ございます」という言葉ですが、意外な言い間違いの発見があったかもしれません。敬語の基本を振り返ることで、無用なミスを防ぐことができます。「ございます」を正しく使い、ていねいで気持ちの良い接客ややりとりを行い、相手に喜んでもらえる社会人を目指しましょう。