「アクセプト」の意味と使い方!英語表現や名前としての使用例

ビジネスシーンではあまり耳にしたことがないかもしれない「アクセプト」という言葉。ただし使われた時にしっかりと理解できるよう、一般常識として身につけておきたいカタカナ語のひとつです。今回は「アクセプト」の意味と使い方、またその英語表現や固有名詞としての「アクセプト」の使われ方を紹介します。

「アクセプト」の意味と使い方

日本語としての「アクセプト」

「受け入れること」という意味の「アクセプト」は日常的に使われるというよりは、書籍などの文面、または論文などの学術の分野で使われることが多いようです。

その使い方は「他人をアクセプトする」のように「する」を後につけて動詞化した使い方が多くみられます。

「リジェクト」は反対語

「アクセプト」の反義語は「リジェクト(reject)」で、英語で「リジェクト」は動詞ですが、カタカナ語として使われると名詞として扱われます。

「彼女の提案をリジェクトする」のように「リジェクト」の語尾に「する」をつけて動詞として使うことが一般的です。

英語の「アクセプト」の発音・意味・使い方

「accept」の発音

英語で「アクセプト」は「accept」のように書き表します。ローマ字読みをして「アセプト」と読み違えてしまいそうになりますが、正しくは「アクセプト」です。カタカナ語の場合はそのまま平易に「アクセプト」と読みますが、英語では「セ」を強調して発音します。

「accept」の最重要の意味は「受け入れる」

「アクセプト」の原語「accept」は動詞で「受け入れる」や「受諾する」という意味です。快く受け入れる場合や、自分の意志に沿わない場合で受け入れるときにも、「accept」を使うことができます。

  • He accepts a present/an offer/bribes.
    彼はプレゼント/オファー/賄賂を受け取る。
  • She can accept his explanation as true.
    彼女は彼の説明を本当のことだと受けいれる。

「仲間として受け入れる」という意味

また人をある組織の仲間として受け入れルという場合にも「accept」は使えます。

She is accepted as the member of the company.
She is accepted in the company.
(両文とも)彼女はその会社に入社した。

現金に換わるものを受け付けるという意味

小切手やトラベラーズチェック、クレジットカードなど現金の換わりに支払う手段に対しても「accept」は使われます。

  • Can you accept credit cards?
    クレジットカードは使えるか
  • We cannot accept your credit card.
    お客様のクレジットカードは使えません。

論文が「アクセプト」!学術界での使い方

学術の分野では「アクセプト」には特定の意味があり、論文を学術雑誌などのジャーナル誌に採用されることを指します。

論文が学術誌に掲載されるまでの流れは、論文を学術誌の編集部に送り、編集部内部の編集員によって査読されたあと、数名の外部査読者によってさらに検証されて、最終的に採用、つまり「アクセプト」されます。各査読後には、修正依頼がされることもあれば、却下されて論文が返されることもあります。また外部査読の段階になると、査読者は競合相手は困るなどと論文の執筆者が依頼できることもあるようです。

論文がアクセプトされれば問題ありませんが、最終結論の段階でアクセプトされずに修正依頼のもと再レビューとなれば、その論文は採用される可能性が高いと考えていいでしょう。

学術界での「アクセプト」の使い方例

論文の雑誌掲載を依頼する場合の「アクセプト」を使った例文をご紹介します。

  • 「論文はアクセプトされた」
  • 「この論文をアクセプトされるにはどうしたらいいのか」
  • 「アクセプトされる論文の数は、あまりにも少ない」

固有名詞としての「アクセプト」

カタカナ語として使われている「アクセプト」ですが、この語を団体名に使っているケースもあります。その中でも有名なものを二つご紹介します。

NPO法人アクセプト・インターナショナル

テロと紛争のない社会を実現するために活動しているNPO法人「アクセプト・インターナショナル」は、学生と社会人からなる国際組織です。テロや紛争下の状況や人々をアクセプト、つまり受け入れて平和的なアプローチにより、テロや紛争を解決するために活動しています。活動国はソマリア、ナイジェリア、ケニア、中国のウイグル自治区、そして日本です。

テロ組織から降参した元兵士やギャングの保護や、新たにテロ組織に加入しないように訴え、またテロ組織からの脱退、そして避難民の支援をしています。紛争のない日本では、世界で起きているテロや紛争についての実情を知らせて、解決するための方策を論じ、また若者が暴力主義に向かわないようにする取り組みも行われています。

「アクセプト」はへヴィメタバンド

1968年に結成されたドイツ出身のバンドで、正統派のパワーメタルを代表するバンドです。ツインギターが特徴で、個性的な声と風貌で注目を集めたヴォーカルのウド・ダークシュナイダーが中心となり結成されました。80年代には「アクセプト」が認知されるようになったパワフルなスピードメタル路線を確立したものの、解散と2度の再結成。初期メンバーは半分以下になっているものの、新加入メンバーと共に現在でも活動しています。

まとめ

ビジネスではあまり使い慣れない「アクセプト」ですが、団体名などにも多用されていることから、知識として身につけておきたいカタカナ語のひとつと言えるでしょう。

本来は英語で「受け入れる」という意味の動詞ですが、カタカナ語では同じ意味で名詞として使われています。そのため動詞化するためには「アクセプトする」という表現になるということを覚えておきましょう。