「特徴」と「特長」の意味や違いとは?例文と類語についても解説

同じ読み方を持つ「特徴」と「特長」は、意味を混同されることもある言葉。しかし、それぞれ異なる意味を持つため、使い分けることが必要です。今回は「特徴」と「特長」の意味や違いを詳しく解説し、使い方の例文を紹介。また、「特色」や「特性」などの類語に加え、英語での表現についてもお伝えします。



「特徴」と「特長」の意味や違いとは?

「特徴」の意味は「他より目立つ点」

「特徴」とは、「他と比べて目立つ点」や「目立つ印」を意味する言葉です。他より「目立つ点」とは、他と比較して良いか・悪いかと言うことは関係なく、「目立っていること」「異なっていること」を指しています。

「特徴」の「特」の意味は、「他と異なっている」や「他より飛び抜けている」こと。「徴」は、「めじるし」の意味を持っています。

「特長」の意味は「他より良い点」

「特長」は、「他と比べて良い点」や「優れている点」を意味する言葉です。「特長」の「長」の字は、「優れている」や「長所」の意味を持っています。したがって、「特長」とは、「他より飛び抜けて優れている点」を表す言葉となります。

違いは「単に目立つ点」か「目立つだけでない良い点」か

「特徴」と「特長」は、他と比べて「単に目立つ点」なのか、目立つだけでなく「良い点」であるのかを違いとして使い分けます。「特徴」は、良い・悪いには関係なく、「目立つ点」があることを表す場合に使う言葉です。したがって、良い・悪いいずれの場合にも使うことができます。一方、「特長」と言う言葉は、目立つ点が「良い点」である場合にのみ使い、目立つ点が悪い場合やどちらでもない場合には使わない言葉です。

たとえば、声の質が個性的であることを表す場合には「特徴的な声質」と使いますが、「特長的な声質」とは使いません。「個性的」が、良い・悪いのどちらの意味とも指していないためです。

「特徴」と「特長」の使い方と例文

「特徴」を使った例文

  • 彼の描く似顔絵は決して上手とは言えないのだが、その人が持つ特徴や雰囲気をうまく捉えている。
  • 彼女は特徴的な声をしているので、大勢の人がいる賑やかな場所にいても、すぐに見つけ出すことができる。
  • ヒートポンプ技術とは、熱いほうから冷たいほうへ移る熱の特徴を生かした技術である。
  • 沖縄の海にいる魚は、赤や青・黄などの本土では見かけることがないカラフルな色合いが特徴だ。
  • この提案を進めていくためには、クライアントも理解できるような簡単な言い方で、特徴を説明できるようになる必要がある。

「特長」を使った例文

  • 安価にも関わらず丈夫で繰り返し使えると言う特長が、口コミで広がった結果、今までにない爆発的な売り上げを記録することができた。
  • 背が高く手足が長いと言う身体的特長を最大限に生かしたプレーで、彼は決勝戦まで順調に勝ち進んで行った。
  • 店員の説明を聞いてもこれと言った特長はなかったが、悪くもないし手頃な値段なのでこの商品を購入することにするよ。
  • 特長がないのが特徴と言われたが、つまらないものであると言う評価と受け取ればよいのだろうか。

「特徴」と「特長」の類語

「特徴」の類語は「独特」

「独特」とは、「あるものだけが特別に持っていること」を意味する、「特徴」と似た意味を持つ類語です。しかし、「特徴」は「他と比べて目立つ」ことを表す言葉であるため、「他にない特別なもの」と言う意味合いまでは含んでいません。たとえば、「特徴的な色合い」と「独特の色合い」と言う2つの表現は、意味合いがやや異なります。

「特長」の類語は「特性」

「特性」とは、他にはない「あるものだけが持つ性質」や「優れた性質」を意味する言葉です。「素材の特長をいかした製品づくり」と言う表現は「素材の特性をいかした製品づくり」と言い換えても同じ意味合いとなり、置き換えが可能な類語であると言えます。

「特色」も「特長」の類語

「特色」とは、「他と比べて目立つ点」や「優れた点」を意味する言葉です。「特色」は「特長」に近い意味を持つ類語ですが、使う対象が異なります。「特色」は、「特色ある学校」など「物」や「事」などに対して使い、一般的には「特色のある声」など「人」に対しては使わない言葉です。

「特徴」と「特長」の英語表現

「特徴」の英語は「feature」

「特徴」を英語で表現する場合は、「feature」を使うことができます。「have a future of ○○」というフレーズは、「○○の特徴がある」を表す表現となります。

「feature」以外にも、個性を意味する「characteristic」を「特徴」の英語表現として使うことができます。また、「特有」や「独自性」を意味する「peculiatiy」も、「特徴」の意味合いとして使うことができる英語です。

「特長」の英語は「merit」

英語で「特長」を表現する場合は、「merit」を使うことができます。「merit」は「価値」の意味に加えて、「長所」や「美点」など「優れた点」の意味合いも持っています。また、直訳で「強み」を意味する「strong point」と言う言葉も、「特長」の英語表現として使うことが可能です。

まとめ

「特徴」と「特長」は、どちらも他と比較した時に使う言葉。混同して使われがちな言葉ですが、それぞれ異なる意味を持っています。

「特徴」とは、良い悪いに関わらず、「他より目立つ点」を表す場合に使う言葉です。一方、「特長」とは、「他より良い点」「優れた点」など良い点を表す場合にのみ使います。2つの言葉は使い分けが必要となりますが、意味を正しく理解しておけば、使い分けが難しい言葉ではないでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

miiryon

SE・WEB制作を経て、メーカーのオウンドサイトのウェブマスターとフリーライターを兼業中。料理もアクセサリーも自分自身の「手」でつくりだすことに喜びを感じます。チョコレートとコーヒーが欠かせない食いしん坊。