「勧める」と「薦める」の意味の違いとは?例文と類語を解説

「勧める」と「薦める」の意味には、違いがあることを知っていますか?「それぞれの意味を知りたい」「使い方の例文を知りたい」という方に向けて、「勧める」と「薦める」の違いや例文、類語を解説します。加えて、「勧める」「薦める」以外の漢字表現である「進める」「奨める」も解説していきましょう。

「勧める」と「薦める」の意味と違いとは?

「勧める」の意味は「行いをうながす」

「勧める」とは「○○をすれば?」と相手に説き、行いをうながすことを意味します。自分が良いと判断したうえで、行動をとるようにすすめる状況で使用できます。たとえば、「入社を勧める」という例文では、自分がいいと判断した会社へ「入社してみれば?」と相手にうながしている意味となります。

また、「勧める」には「ものを提供して使用してもらおうとする」という意味もあります。「ケーキを勧める」や「食事を勧める」のように、相手へすすめて「食べる」「飲む」という行動をうながす状況で使いましょう。

「薦める」の意味は「適した人や物をすすめる」

「薦める」とは「状況に適した人や物を相手にすすめること」を意味します。自分が良いと判断したうえで、相手に「使ってほしい」「選んでほしい」人や物をすすめる状況で使用しましょう。

たとえば、「次期社長にAさんを薦める」という例文。上記の例文だと、「Aさん」という人を次期社長にすすめているため「薦める」が適しているのです。

「勧める」と「薦める」の違いは「何をすすめるのか」

「勧める」と「薦める」の違いは、「何をすすめるのか」にあります。「勧める」は「行いをうながす」つまり「行動」をすすめているのに対し、「薦める」は「人」や「物」をすすめています。

  • 勧める:行動をすすめる、行いをうながす(例:入社を勧める)
  • 薦める:人や物をすすめる(例:リーダーに薦める)

「商品をすすめる」という文章で例えてみましょう。「商品を勧める」だと、商品の「購入」をうながす文章になりますが、「商品を薦める」だと「商品という物」をすすめている文章になります。「行動」をすすめているのか「人や物」をすすめているのかで、「勧める」と「薦める」を使い分けましょう。

「勧める」と「勧める」の例文

「勧める」を使った例文

  • リフレッシュのために旅行へいくことを勧める
  • 商品を購入してみないかと勧められた
  • お昼をまわったため、食事を勧めた

「薦める」を使った例文

  • 初心者にも分かりやすい本を薦める
  • プロジェクトのリーダーには彼を薦めたい

「勧める」「薦める」以外で「すすめる」を表す漢字

「進める」の意味は「前へ動かす」

「進める」とは「前へ動かす」を意味する言葉です。人の行動や物など幅広く使われ、「食欲」や「会話」など、目に見えないものが進んでいる状況でも使用できます。たとえば、「会社に向かって足を進める」という例文。

上記の例文だと、「すすめる」が「足を物理的に前へ動かすこと」を表しているため、「進める」が適しています。

「奨める」の意味は「行いをうながす」

「奨める」も「すすめる」を表す漢字です。「奨める」とは、「勧める」と同じで「行いをうながすこと」を意味します。ただ、「勧める」は常用漢字であるのに対し「奨める」は常用漢字でないため、公用文などでは「勧める」が使用されます。

「勧める」と「薦める」の類語

「勧める」の類語は「勧誘」

「勧める」の類語に当てはまるのが「勧誘」です。「勧誘」とは「すすめて誘い入れること」を意味する熟語で、「勧める」の「他人にすすめて、行動をうながす」という意味と類似しています。

たとえば、「自分たちのサークルに入るよう勧めた」という文章だと、「自分たちのサークルに入るよう勧誘した」と、類語に言い換えることができます。

「薦める」の類語は「推薦」

「薦める」の類語に当てはまるのが「推薦」です。「推薦」とは「自分が良いと判断した人や物を、相手にすすめること」を意味しており、「薦める」の「すぐれた人や物を相手にすすめること」という意味と類似しています。

たとえば、「先生に薦められた本を買った」という文章を「推薦」で言い換えると、「先生に推薦された本を買った」になります。

「勧める」と「薦める」の英語

「勧める」「薦める」は英語で「Recommend」

「勧める」「薦める」の英語表現には「Recommend」が適しています。「Recommend」とは「勧める」と「薦める」どちらの意味も含まれている単語で、前後の文章や使うシーンによって「勧める」「薦める」どちらにも訳されます。

たとえば、「I recommend this book(この本をすすめる)」という例文。上記の例文だと、「薦める」を表す言葉として「Recommend」が使われています。一方で、「I recommend going to Kyoto(京都に行くことをすすめる)」だと、「勧める」を表す言葉として「Recommend」が使われています。

まとめ

「勧める」とは「行いをうながす」を意味し、「薦める」は「適した人や物をすすめる」を意味します。「勧める」と「薦める」の違いは「すすめる対象」にあり、「行動」をすすめる状況では「勧める」を、「人や物」をすすめる状況では「薦める」を使い分けましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。