「それぞれ」の意味や使い方の例文は?「各々」などの類語も解説

「それぞれ」とは、ある人や物事を指していう言葉です。特別フォーマルな表現ではないため、日常会話でもよく使われています。文中にはひらがな表記で用いられることが多いですが、「それぞれ」には2種類の漢字表記があります。

今回はその漢字表記も含め、「それぞれ」の意味や使い方の例文を解説していきます。類語「各々」との違いや英語表現もあわせて紹介します。

「それぞれ」の意味とは?

「それぞれ」の意味とは「複数の人や物事の一つ一つ」

「それぞれ」の意味は「複数の人や物事の一つ一つ」です。具体的には、2人以上のグループの一人一人、また2つ以上の塊の一つ一つということを表します。「それぞれ」が指す数に上限はありません。

「それぞれ」の漢字表記は「其々」「夫々」

「それぞれ」はひらがな表記で使われることが多いですが、「其々」や「夫々」、また「其れ其れ」に「夫れ夫れ」と漢字表記されることもあります。どの表記を使っても大きな間違いはありません。

「其」と「夫」の意味
聞き手の物事や方角・場所などを指す指示代名詞、物や人を指す、それ

「それぞれ」と「おのおの(各々)」の違い

「それぞれ」の類語に、“一人一人”や“一つ一つ”を表す「各々(おのおの)」という言葉があります。意味に大きな違いはなく、言い換え表現として使えます。

異なる点は相手に与える印象です。「各々」は敬語表現ではありませんが、「それぞれ」よりも丁寧な言葉使いに聞こえます。同僚や部下とのミーティングなどであれば、「各々」を使う方が場の雰囲気が引き締まるでしょう。目上の人への敬語表現は後ほど説明します。

「それぞれ」の使い方と例文

「それぞれ」は複数のものを個別に扱う時に使う

「それぞれ」は、複数のものを一人一人や一つ一つと個別扱いする時に使います。「それぞれ」を使うことで、すべての人や物事に触れつつ表現を短縮できます。また、話の中には2つ以上のことが関係していることも印象づけられます。

「それぞれ」の例文

  • 「それぞれ歩き出そうという流れになった」
  • 「それぞれ違う意見を持っているものだ」
  • 「それぞれに思うことがあるのだろう」
  • 「それぞれ渡す相手が違うので、個別包装していただけますか?」
  • 「このイベントの成功は、それぞれのリーダーシップにかかっている」
  • 「それぞれの椅子に名前が書いてあるので、自分の名前のところに座ってください」

「それぞれ」の敬語表現

「皆様方」はビジネスシーンでよく使う

「それぞれ」は敬語表現ではないため、 “一人一人”という意味で目上の人に使う場合は「皆様方」の方が好ましいです。

「皆様方」は対象となる人全員を表す「皆様」に、複数の人たちを尊敬している意味を表す接尾語『方』を組み合わせています。相手を立てる表現なため、失礼な印象を与えることはありません。社内演説や上司をまじえたミーティングなどでよく使われる表現です。

  • 「皆様方のご意見をお聞きしたい」
  • 「皆様方のご尽力に感謝と敬意を表します」
  • 「皆様方のご支援のおかげでお店を軌道にのせることができました」

「各々方」は古い敬語表現

「それぞれ」の敬語表現には「各々方(おのおのがた)」という言葉もあります。「各々方」も「皆様方」と同じく、“それぞれ”を意味する「各々」に尊敬を表す『方』が組み合わさっています。

「各々方」は「皆様方」と違いとても古い表現なため、基本的に現代で使われることはありません。時代劇や大昔のことを描いた小説などで見かけることはあるでしょう。

  • 「各々方のお話は実に頓知がきいている」
  • 「最初から各々方に付いて行くと心に決めておりました」

「それぞれ」の類語

「各自」は“それぞれの人”を表す

「各自(かくじ)」は意味の通り、「それぞれ」とほとんど同じ意味を表します。異なる点は、『自ら(みずから)』という漢字が入っいるように人を表す場合のみ用いられることです。“一つ一つ”という意味で使うと不自然な表現になるので注意しましょう。

「めいめい」は“一人一人”を表す

「めいめい」も「それぞれ」と似た意味を持っています。「めいめい」には「各自」という意味もあることから、同じように人を表す場合のみ用いられます。漢字で表記する場合は「銘々」または「銘銘」です。

「別々」は“それぞれ違っていること”を表す

「別々(べつべつ)」は“それぞれ違っていること”、または“そのような様子”を意味する言葉です。「それぞれ」のように、複数の人や物事を個別に扱っている点が似ています。ただ、“一人一人”のように全体の中の1部であるというニュアンスはありません。

「それぞれ」の英語表現

「それぞれ」の英語表現は「each」「apiece」を使う

「それぞれ」を英語表現する場合は、“各自の”や“各々の”を意味する「each」や、“各自に”を意味する「apiece」を使うことで日本語の意味に近い表現ができます。

  • each
    →【形】各自の、各々の、めいめいの
    →【代】それぞれ、各自、各々
    →【副】一人、または一個につき、めいめいに
  • apiece
    →【副】各自に、各個に、めいめいに

例文

  • 「I saw each face of member.」
    →私はメンバーそれぞれの顔を見た
  • 「They are two dollars apiece.」
    →それぞれ2ドルです


「それぞれ」のフォーマルな英語表現は「respectively」

フォーマルな場面で使いたい時は、「each」よりも「respectively」がおすすめです。形式ばっている表現なためビジネスシーンなどでも使えます。

  • respectively
    →【副】それぞれ、各々、めいめいに

例文

  • 「We checked that respectively.」
    →私たちはそれぞれを確認しました

まとめ

「それぞれ」は、複数の人や物事の一つ一つを表す言葉です。「其々」や「夫々」と漢字表記することもありますが、ほとんどの場合ひらがな表記で使われています。「それぞれ」は2つ以上と下限はあるものの、上限はないため大人数や大量のものに対しても使えます。

目上の人に対し“一人一人”という意味で使う場合は、尊敬の意がこもっている「皆様方」がおすすめです。ビジネスシーンにおいて「それぞれ」を使う場合は、同僚か目下の人に対して使うようにしましょう。