クラスタ・クラスターとは?ネットでの意味やクラスター分析も解説

インターネットサイトで「クラスタ」という言葉を見かけたことはありませんか?「アニメクラスタ」や「園芸クラスタ」のように使われますが、「クラスタ」は分野によって意味や使い方が異なります。

ここでは「クラスタ」また「クラスター」また、マーケティング用語「クラスター分析」について、意味を中心に解説していきましょう。

「クラスタ」の意味とは?

「クラスタ」の意味は「集団」「群れ」

カタカナ語の「クラスタ」は、英語の意味からやや転じて、あるものの「集団」や「群れ」「一群」となります。

たとえば、趣味や思考などが同じ集団、グループのことを「クラスタ」と呼んでいます。最近使われている「クラスタ」とは、言ってみれば「仲間」や「ファン」という意味合いで使われます。

「クラスタ」は英語の「cluster」が語源

「クラスタ」は英語の「cluster」が語源です。英語での意味は「果実や花などの房・塊」「生き物や同種類のものの一団・塊」となります。英語での発音は「クラスター」と語尾が伸びるので気をつけましょう。

「クラスター」の2つの種類

「クラスター」には「HAクラスターシステム」と「負荷分散クラスター」の2種類のシステムがあります。

「HAクラスターシステム」の「HA」は「High Ability=ハイ・アベイラビリティ」のことで、障害からいち早く復旧させるために、高可用性を高めたクラスターを指します。

「負荷分散クラスター」は複数のコンピューターに処理を分散し、コンピューター一台に対しての処理負荷を低くするのが特徴です。加えて、コンピューターの処理における拡張性を高め、同時にクラスター全体での処理能力も高めることもできます。

「クラスタ」の使い方と例文

「クラスタ」はネットでよく使われる表現

「クラスタ」は同じものごとに対し興味を持ったり、同じ考え方を持つもの同士が集まる集団やファンなどを指します。そのため、ネットを中心とした会話型のコミュニケーションツールでよく使われます。

たとえば「ダイエットクラスタ」なら、「ダイエットに興味のある集団」、アイドルグループや歌手など特定のファンを指す場合は、それぞれの名前を入れた「〇〇クラスタ」となります。その他「手芸クラスタ」「電車クラスタ」「生け花クラスタ」「アニメクラスタ」など、数えればきりがないでしょう。

ITの「クラスター」は「複数のコンピューターを連携させ統合すること」

IT業界では「クラスタ」ではなく「クラスター」という言葉を使います。「クラスター」とは複数のコンピューターを連携させ、一つのシステムに統合することを指します。

「クラスター」を活用する目的は、コンピューター上の処理や運用を効率化することです。それぞれのコンピューターディスク装置に保存されている情報やデータは物理的に共有することになりますが、メモリー上の情報やデータは共有しないのが特徴です。

「クラスタ」を使った例文

  • 毎月第三土曜日にアニメクラスタで食事会を行っている。
  • 何のクラスタかわからないけど、参加者は皆、赤色の服を来ている。
  • このウェブはオーガニッククラスタに最も人気のあるサイトである。

マーケティング用語「クラスター分析」とは?

「クラスター分析」の意味

「クラスター分析」は商品やサービスなどを提供する企業にとって欠かせないマーケティングツールです。

「クラスター分析」とは異なる種類のものが混ざりあっている一つの大きな集団の中から、ある程度似たもの同士を集め「クラスター(集落、集団)」を形成し、対象を分ける統計的な分析手段を意味します。

「クラスター分析」でできること

「クラスター分析」を採用することで、マーケティングで重要な「ブランドの分類」や「階層別における生活者が求める商品やサービスの分類」などを発見することができます。

「クラスター分析」における「対象」とは企業が提供する商品やサービスの他、地域やエリア、人の階層や生活様式などさまざまです。ちなみにクラスター分析を採用する場合、対象となる対象の外的基準がはっきりしないデータを用いることがほとんどです。

「クラスター分析」は感覚的な部分がある

「クラスター分析」では、アンケート調査や購買データなどの情報をもとに、生活者や商品をクラスター分けしていきます。それぞれのデータに対し数字をはじき出すのではなく、「似ているか」「似ていないか」を基準とし、やや「感覚的」に分類をしていくのが特徴です。

「クラスター分析」の2つの種類

「クラスター分析」には「階層的手法」と「非階層的手法」の2つの種類があります。「階層的手法」は「似ているか」「似ていないか」という点で「類似度」を計算し、似たもの同士をまとめクラスターを形成するものです。最もよく使われるのはデータの平方和を最小にする「ウォード法」です。

一方「非階層手法」は似たデータを持つ同士が同じクラスターに分類されるように、全体を分割していきます。最も使われる「k平均法」は、クラスターの平均を使って、決められたクラスターの数「k」個に分類するものです。

「クラスター分析」のファイリング例

複数の異なるものが混ざりあった市場と言えば、スーパーマーケットや量販店などが代表的でしょう。たとえば、スーパーマーケットでは、生活者を以下のように5つのクラスターに分けることができます。

  • オーガニック・ヘルシー購入層
  • 大きなモノ・重いモノ購入層
  • 高カロリー・炭酸飲料購入層
  • ベーカリー・お惣菜購入層
  • 乳製品・精肉・生魚購入層

これらのクラスターから、それぞれに合ったキャンペーンの実践やおすすめ商品の提案などを効果的にすすめていきます。つまり、「クラスター分析」によってターゲット層が絞られるため、販促内容や手段にも迷いが生じにくくなるのです。「クラスター分析」は他のマーケティング手法と並行して、有効的に採用される手法でもあります。

まとめ

「クラスタ」は英語の「cluster」のことで、もともと「果実や花などの房や塊」を表す言葉ですが、カタカナ語の「クラスタ」は「集団」や「ファン」という意味で使われています。

「盆栽クラスタ」なら「盆栽好きの人達、盆栽ファン」、「ハードロッククラスタ」なら「ハードロック好きの集団」と訳すことができます。

このように、日本でも多くのカタカナ語が日常的に使われるようになりました。周囲の会話に自身をもって参加できるように、「クラスタ」についても意味を深めてきましょう。