「分かる」「解る」「判る」の違いとは?意味と使い方を例文で解説

「わかる」を表す漢字には「分かる」「解る」「判る」がありますが、違いがあることを知っていますか?「使い方の違いを知りたい」「『答えがわかる』や『気持ちがわかる』にはどれを使うのか?」という方に向けて、「分かる」「解る」「判る」の使い方や例文、英語表現を解説します。

「分かる」「解る」「判る」の違いと意味とは?

「分かる」「解る」「判る」の違いは「何がはっきりするのか」

「わかる」を表す漢字は「分かる」だけでなく、「解る」「判る」があります。どれも「物事がはっきりすること」を意味する言葉ですが、「分かる」「解る」「判る」の違いは「何がはっきりするのか」にあります。

「分かる」は「物事の道筋や相手の事情」がはっきりする状況で使われます。一方で「解る」は「物事の内容や意味、価値」がはっきりする状況で、「判る」は「事実」がはっきりする状況で使用しましょう。

  • 分かる:物事の道筋や相手の事情がはっきりする(例:気持ちが分かる)
  • 解る:物事の内容や意味、価値がはっきりする(例:答えが解る)
  • 判る:事実がはっきりする(例:真実が判る)

「分かる」の意味は「事情や道筋を理解する」

「分かる」とは「物事の事情や道筋を理解する」を意味します。また、相手の状態を理解したり、同情したりする意味も含まれます。たとえば、「今日は寒いね」という問いかけに対して「分かる」と返事をしたとしましょう。

上記の「分かる」には「相手の状態を理解する」という意味が込められています。また、「物事の事情や道筋を理解する」という意味だけでなく、「解る」「判る」も含めた幅広い「わかる」を表すのが「分かる」になります。

「解る」の意味は「内容や意味、価値を理解する」

「解る」には「物事の内容や意味、価値を理解する」という意味があります。「解る」の「解」という字が「理解」「読解」という使われ方をするように、自分の頭で考えた結果「物事の内容や意味、価値がわかった」という状況で使用しましょう。

たとえば、「新任教師の授業はよく解る」という例文。上記の例文だと、「授業の内容を理解する」という意味であるため「解る」が使用されています。

「判る」の意味は「事実が明らかになる」

「判る」とは「事実が明らかになること」を意味します。「嘘をつかれていたことがわかった」や「彼の家がわかった」など、「理解する」ではなく「判明する」を意味する状況で使用しましょう。

たとえば、「2人の間になにが起こったのか判った」という例文。上記の例文だと、「起きた出来事を理解した」ではなく「何が起きたのか判明した」という意味になります。

「分かる」「解る」「判る」の使い方の違い

迷ったら「分かる」を使用する

「わかる」と表す漢字は「分かる」「解る」「判る」の3つがありますが、どれを使用すればいいか迷う状況では「分かる」を使用しましょう。「分かる」は「解る」「判る」の意味も兼ね備えています。また、「解る」「判る」が常用漢字ではないのに対し、「分かる」は常用漢字に当てはまります。

新聞や公用文では「分かる」のみが使用されるため、迷う状況では「分かる」を使用しましょう。

「気持ちがわかる」には「分かる」が使える

「気持ちがわかる」には「分かる」が適しています。「分かる」の意味は「物事の道筋や相手の事情がはっきりすること」だと説明しましたが、他にも「相手に同情する」という意味でも使われます。

「気持ちがわかる」は「相手の気持ちに同情したり、気持ちを理解したりすること」を表しているため「分かる」が適しているのです。

「予定がわかる」には「判る」が使える

「予定がわかる」には「判る」が適しています。「判る」の意味は「事実が明らかになること」であり、「予定がわかる」は「今までわかっていなかった予定(事実)が明らかになること」を表しています。

上記の理由から、「予定が判る」と表記されるのです。

「答えがわかる」には「解る」「判る」どちらも使える

「答えがわかる」という文には「解る」「判る」の両方が当てはまります。「答えが解る」の場合、「自分の頭で考えぬいた結果として答えがわかったこと」を意味しています。一方で、「『答え』が事実として判明したこと」を意味しているのが「答えが判る」です。

上記の使い分けに迷う場合は「分かる」を使って、「答えが分かる」と表記しましょう。

「分かる」「解る」「判る」を使った例文

  • 物を失くした悲しみが分かる
  • 誰だか一瞬分からなかったよ
  • やっと君の言っていることが解ったよ
  • 政治に関して前よりも解るようになった
  • 保護した犬の家が判った
  • この写真を見れば真犯人が判るだろう

「分かる」「解る」の英語表現

「わかる」は英語で「Know」「Understand」

「わかる」の表記に「分かる」「解る」「判る」があるように、英語にも「わかる」を表す単語がいくつか存在します。よく使用される単語として「Know」や「Understand」があげられます。

「Know」は「物事の状況を自分の経験や知識によって理解する」を意味する単語です。対して、「Understand」は「相手の感情や状況、物事の意味や仕組みを理解する」という意味で使われます。

「経験や知識によって物事の状況を理解する」状況では「Know」を、「物事の意味や仕組み、相手の感情を理解する」状況では「Understand」を使い分けましょう。

まとめ

「わかる」は「分かる」「解る」「判る」の3つの表記がありますが、「何がわかるのか」によって使い分けられます。「分かる」は「物事の道筋や相手の事情」がはっきりする状況で、「解る」は「物事の内容や意味、価値」がはっきりする状況で使われます。

また、「判る」は「事実」がはっきりする状況で使用しましょう。「分かる」「解る」「判る」どれを使うか迷う場合は、幅広く「わかる」を表している「分かる」が適しています。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。