「口座振替」とは?「口座振込」との違いと手続き方法を解説

「口座振替」は自動的に支払いを行える便利なサービスですが、同じように支払いを行える口座振込とはどのように違うのでしょうか。今回は、「口座振替」の意味と口座振替やクレジットカード払いとの違い、さらに手続き方法では手数料の有無や停止の仕方も含めて解説します。最後に英語表現も紹介しますのでご参照ください。



「口座振替」の意味

「口座振替」とは「銀行口座から自動的にお金を引き落とすこと」

「口座振替(こうざふりかえ)」とは、指定した銀行口座から自動的にお金を引き落とすサービスのことで、銀行口座以外にもクレジットカードから自動的に引き落とすことも口座振替と呼ばれます。指定された日に、決まった金額を支払うべき相手の口座へと送金されます。

電気代や水道代などの公共料金や国民年金保険料や税金、授業料などの継続的な支払いをする場合に、振り込む手間がなく、正しい金額を忘れずに支払うことのできる便利なサービスです。

「自動引落」と「口座振替」は同義

「口座振替」別の表現に「自動引落(じどうひきおとし)」または「自動引き落とし」といった表現もあります。

銀行では「口座振替(自動引落)」のように口座振替の意味を補足するように「自動引落」が使われていることもありますが、「口座振替」と「自動引落」は同義です。

「口座振替」と「口座振込」「クレジットカード払い」との違い

口座振込とは口座から口座へとお金を動かすこと

「口座振込(こうざふりこみ)」とは、ある銀行口座に入金されているお金を他の口座に入金されることを言います。

口座振替では手数料が無料なことが多いのですが、口座振込では手数料がかかります。同行宛ての口座振込なら手数料を無料にしている銀行もありますが、口座振込では手数料がかかると覚えていて間違いはないでしょう。

また口座振替では事前に手続きが必要ですが、口座振込では事前の手続きは必要なく、振込時に入金先である口座の口座番号などを記入し手続きを行います。

クレジットカード払いと口座振替との違い

クレジットカードにより公共料金などの自動支払いを行うことができます。その仕組みは、収納企業や公共会社に支払われる金額をクレジット会社が立て替えて支払い、クレジット会社は建て替えられた金額をまとめて利用者に請求します。

クレジットカード払いのメリットは、クレジットカード決済によって各社提供のポイント等が貯まること、またクレジットカードの明細書ひとつで個々の支払い内容を確認できることです。

口座振替との違いは、支払い時にクレジット会社がその金額を建て替えることという仕組みであることと、クレジットカードの限度額次第ではクレジットカードでの買い物ができなくなることです。

「口座振替」の手続き方法とは

口座振替依頼書を収納企業に提出して手続きを行う

「口座振替」の手続きは、書面では口座振替依頼書を支払先である収納企業に提出します。口座振替依頼書は各収納企業によって用意されていますので、その専用の用紙を使います。

収納企業から銀行口座のある銀行へと連絡がいった後、銀行から口座振替を設定するように利用者にEメール等で通知されてから振替契約の手続きを進めます。

また銀行と収納企業が提携を結んでいる場合には、収納企業のホームページから口座振替手続きを行うことができます。

公共料金に関しては、金融機関に口座振替依頼書が準備されていますので、銀行で直接、口座振替手続きを行うか、インターネットバンキングを通して振替契約を行います。

口座振替手数料はほとんどが無料

口座振替の手数料は、収納企業が手数料を負担することで、無料となるケースが多いのですが、手数料が有料のこともあります。各手続、また各銀行によって手数料の有無が違いますので、口座振替手続きを行う際に確認します。

口座振替は申し込みの翌月から開始

口座振替が開始されるのは、書面で手続きした場合には、申し込んだ翌月または翌々月です。Web申し込みならば、早ければ申し込んだ月から口座振替が始まります。

口座振替の停止は銀行窓口で行う

口座振替の停止・解約手続きは、銀行の窓口で行うのが一般的です。銀行の届印、通帳、そして口座振替先の収納企業名や取引番号などを持参して、口座振替の停止を依頼する専用の用紙に必要事項を記入し提出します。その際、口座振替を停止する旨を収納企業に連絡することも必要です。

電話やインターネットバンキングで停止手続きを行えない銀行がほとんどです。

口座振替を使うときの注意点

口座振替はお金が引き落とされる前に十分な残高がなくてはなりません。そのため、口座振替により引き落とされる前日までに残高があるかどうかを確認し、もしも引き落とされる金額が不足している場合には入金します。

もしも引き落とされる前日が週末や祝日だと金融機関は休みとなるので、金融機関が休みに入る前に入金を済ませます。

「口座振替」の英語表現

「口座振替」は英語で「account transfer」

「口座振替」は英語で「account transfer」と表現します。「account」とは「銀行口座」の意味で、「transfer」は「移動」や「移転」という意味があります。「account」の代わりに「転換」を意味する「conversion」を使い、「account conversion」という表現もあります。

またイギリスでは「口座振替」は「direct debit」という表現が主流です。

「口座振替」の英語例文

  • “He pays utility bills by account transfer.”
    「彼は公共料金を口座振替で支払う」
  • “We pay all our bills by direct debit.”
    「私たちはすべての請求書を口座振替で支払う」

まとめ

「口座振替」とは自動的に決まった金額を決まった日に支払う金融機関のサービスです。口座振替手数料は無料の場合が多く、正しい金額を定期的に支払うのに便利です。ただし口座振替は、収納企業を通して事前に手続きをする必要があります。