「ポピュラー」の意味と発音は?類語と対義語を英語と一緒に紹介

英語が語源となるカタカナ語はいろいろありますが、中でも日常生活で広く使われているのが「ポピュラー」です。

ここでは「ポピュラー」の意味と語源をはじめ、類語と対義語、英語表現と発音を交えて紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。



「ポピュラー」の意味とスペルは?

まずはじめにポピュラーの意味とスペルを紹介しましょう。

意味は「人気」「ありふれていること」

ポピュラーは大きく分けて3つの意味があります。

1つ目は「人気がある」「大衆に愛されている」「広く知られている」という意味があります。これは「あの人は今とてもポピュラーである」「今最もポピュラーな香水を買った」などのように使い、一般的には「長期的ではなく、短期的な人気や流行り」を指すことが多いのが特徴です。

2つ目は「ありふれた」「一般的な」の意味では「ストレスは犬にとってもポピュラーな症状だ」のように「ごく普通のこと」を表現する時に使われます。

3つ目は「ポピュラーミュージック」です。ポピュラーは英語の「popular」が語源です。スペルはローマ字表記に近いため覚えやすいですが、最後に「r」が付くのを忘れないようにして下さい。

ポピュラーと言えば「音楽」「ゲーム」

それでは「ポピュラー」という言葉から連想される2つの項目「音楽」「ゲーム」について触れてみましょう。

ポピュラーミージック

ポピュラーミュージックはクラシック以外の「ポップス」「ポップミュージック」などの大衆音楽の総称です。大衆音楽にはジャズ、ロック、ラテン、シャンソン、ハワイアン、KPOP(韓国のポップス)、JPOP(日本のポップス)などがあり、一般に幅広く愛され、多くの人に親しまれている音楽を指しています。

  • ブラジルのポピュラーミュージックはサンバです。

ポピュラー曲

ポピュラー曲は過去のある時点、または現在人気のある楽曲のことを言います。ポピュラーミュージックが音楽全体を指し楽曲の種類やスタイルを表していますが、ポピュラー曲は「曲そのもの」を指すことがほとんどです。

  • クリスマスにちなんだポピュラー曲は赤鼻のトナカイです。

ポピュラーゲーム

ゲームにはRPG、対戦型、パズル、ボードゲーム、トランプなどさまざまな種類がありますが、それぞれの時代で流行ったゲームを見てみると「懐かしい」という気持ちになる人も少なくないかもしれません。

「ゲーム」は現代のようにパソコンやゲーム機を使って遊ぶことだけではありません。もともとは「ルールにそって勝敗をきめること」とい意味があり、ラグビーやテニスなどは「スポーツのゲーム」、かくれんぼや鬼ごっこは「遊びのゲーム」です。

ポピュラーゲームの魅力は何といっても「プレイをしていて楽しい」ことです。どの世界であっても、どの時代であっても、全てのポピュラーゲームに共通して言えることでしょう。

類語と対義語は?言い換えと反対語

つづいて「ポピュラー」の類語と対義語について解説します。状況によって適切な類語に言い換えてみて下さい。

類語は意味により3つに分かれる

「ポピュラー」は意味の捉え方で3つの類語カテゴリーに分かれます。

「広く愛された音楽」「人気のある音楽」という意義の類語は「歌謡曲」「ポピュラー音楽」「ポピュラーミュージック」です。

また「人気のある」「好かれている」という意味においては「好評」「大人気」「引っ張りだこ」、加えて「ありふれた」「大衆的」「一般的」という意味では「国民的」「通俗の」「手頃な」というような言葉が類語の仲間であると考えられます。

状況や対象となるものごとで類語への言い換えも変わります。使い分けに気を付けてコミュニケーションに役立てていきましょう。

対義語は「アンポピュラー」

ポピュラーの対義語はポピュラーに否定の「un」を付けた「アンポピュラー」になります。アンポピュラーもポピュラーと同様にカタカナ語として立派に確率している言葉であり「世間から注目を浴びない」「大衆に指示されない」「誰からも選ばれない」ような状態のときは「アンポピュラー」が適語です。

加えて「不人気の」「人気のない」「選ばれない」「非大衆的」なども対義語の仲間と考えてよいでしょう。

ポピュラーの発音とビジネス英文例

最後に「ポピュラー」を使ったビジネス英文例を紹介します。商品やサービスを提供する企業など販売促進や新商品のプレゼンテーションなどで上手に使ってみましょう。

発音は「ポ」にアクセント

日本語は英語のようにアクセントを置く場所がほとんどありません。しかし英語の場合はアクセントの有無で違った意味になったり、意味が通じなかったりするため注意が必要です。

popularのアクセントは「ラ」の部分ではなく、最初の「ポ」の部分です。「ポ」以下を流すように発音すればきれいにまとまりますが、厳密にいうと「ポ」と「パ」の間くらいの発音でいくとネイティブにさらに近づきます。ぜひチャレンジしてみて下さい。

ビジネスシーンでの英文例

  • You are saying that having the price down is a popular idea after all ?
    値段を下げるというのが、結局はポピュラー(一般的)な考え方になるということですか?
  • We should consider to increase the production that has been released last time as they are  getting popular.
    前回発表した商品がポピュラー(人気)になりつつあるので、増産を検討しましょう。

まとめ

「ポピュラー」は英語の「popular」が語源で「ポピュラーミュージック」「人気のある」「大衆的な」などの意味があるカタカナ語です。類語は「人気のある」「好かれる」で対義語は「アンポピュラー」「不人気」などになります。

ポピュラーは人や行動、ライフスタイルや食べ物など身の回りのほとんどのものに対して使うことができる便利な言葉です。上手に会話に取り入れてコミュニケーションをより豊かにしていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。