「ベストプラクティス」の意味とは?英語や使い方・例文も紹介

「ベストプラクティス」とはプランや戦略などを考える時に「最も効率の良い手法」という意味で使われますが、使い方がやや難しいため、間違って使ってしまうこともあるかもしれません。

ここではビジネス用語「ベストプラクティス」の意味を中心に、使い方と例文、英語表現を紹介していきましょう。医療・看護における「ベストプラクティス」も解説します。



「ベストプラクティス」の意味とは?

ビジネス用語としての意味は「最も効率の良い技法やプロセス」

ビジネス用語での「ベストプラクティス」は、「最も効率の良い技法やプロセス」を意味します。

仕事をする上で「結果」は重要な要素となる項目ですが、目標やゴールにに向かって最高の成果を得るための「最も効果的な方法や活動、技法やプロセス」を「ベストプラクティス」と呼んでいます。

「ベストプラクティス」には「最善・最高の事例」という意味も

「ベストプラクティス」は「最善・最高の事例」という意味もあります。ビジネスにおいては、さまざまな計画やイベントが実行されますが、その際に最も優良の成功を収めた例、結果という意味で使われています。

「ベストプラクティス」の「プラクティス」は、ここでは「実践・経験」という意味を持ちます。つまり、さまざまな実践や習慣、経験などを経た結果、最終的にベストな事例となったもの、最優良の成果をもたらしたものを表します。

「ベストプラクティス」は基本的な意味は「最良慣行」

ビジネス用語としての「ベストプラクティス」は「最も効率の良い手法や技法」などを意味しますが、「ベストプラクティス」という言葉そのものの基本的な意味は「最良慣行」や「最善慣行」となります。

つまり、過去や以前から存在する「慣わし」として、普段から習慣として行うこと、行われることを指します。「慣行」という言葉の響きから「古いしきたり」というイメージでとらえがちですが、そもそも「慣行」は人々が「経験から学んだ最も良い行い」という意味を持ちます。そして現代のビジネス用語として、意味がわかりやすいように「最も効率の良い技法、手法、プロセス」という意味で使われるようになりました。

「ベストプラクティス」の使い方と例文

「ベストプラクティス」は成果をアピールする時に使う

「ベストプラクティス」はビジネスシーンでも使い方が難しいカタカナ語の一つですが、最も多く使われるのは、顧客やクライアントとの商談やプレゼンテーションの際に、自社が誇る最優良の技法、最善の結果や成果を相手にアピールする時でしょう。

「ベストプラクティス」は相手に「最良の結果をもたらすプロセス、手法や方法」と意味で放たれ、相手を効果的に納得させるための「決め手となる言葉」として使われます。

過去さまざまな方法にチャレンジしたが、結果として「これが最高の手段である」「これが最善の成功事例である」というニュアンスを持って使いましょう。

「ベストプラクティス」を使った例文

  • 更なる利益を得るために、過去に成果を得たベストプラクティスを導入していこう。
  • 市場の流れが変わってきたため、もはや既存のベストプラクティスは使えない状況だ。
  • ベストプラクティスを参考に、競合とのプレゼンに挑む。
  • チームミーティングでは昨年のベストプラクティスを参考に戦略を練る予定である。

医療・看護における「ベストプラクティス」とは?

医療・看護での「ベストプラクティス」の意味は「最善の対処方法」

「ベストプラクティス」の医療・看護業界での意味は「最善の対処方法」です。基本的な治療やメディケーションなどを土台とした「より実践的な看護方法」、また「最も効果的な対処法」を表す時に使われます。

医療現場では患者にとっての「ベストプラクティス」が必要

「医療」や「看護」の現場は、医師や看護師などの医療スタッフが患者それぞれに最も効果的な「最善の看護方法」を実践しています。医療現場では患者にとって「ベストプラクティス」なプロセスを選択し、リスクやトラブルの最も少ない方法を使い治療をすすめることが大切です。患者の一日も早い回復を促進するのが、医療現場における最も重要な任務なのです。

「ベストプラクティス」の英語表現は?

「ベストプラクティス」は英語で「best practice」

「ベストプラクティス」は英語で「best practice」と表記します。「best」は「一番の」「最も」、また「practice」は「練習」「実演」「活動」「実践」などの意味を持ちます。とくに英語の「practice」に関しては、上記の意味をベースに、使い方によって意味の範囲が広がる言葉でもあります。

まとめ

「ベストプラクティス」は英語の「best practice」のことで、ビジネス用語として覚えておきたいカタカナ語の一つです。意味は「最も効率の良い技法やプロセス」や「最高の結果をもたらした事例、結果」などになります。

「ベストプラクティス」は商談やプレゼンなどで、クライアントや顧客に自社の経験から得た最高のプロセスや最高の成功事例をアピールする際に使うと効果的です。「ベストプラクティス」は使い方が難しい言葉の一つですが、相手を納得してもらう意図で有効的に用いてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。