「バター」と「マーガリン」の違いとは?どちらが体に悪いかを解説

「バター」と「マーガリン」の違いを知っていますか?「どちらが体に悪いのか?」「マーガリンはバターの代わりになるのか?」という疑問に向けて、「バター」「マーガリン」の値段やカロリーの違いを解説します。くわえて、「マーガリン」に含まれる「トランス脂肪酸」についても解説していきましょう。



「バター」と「マーガリン」の違いとは?

「バター」「マーガリン」の違いは「主成分」

「バター」と「マーガリン」の違いは「主成分」にあります。「バター」と「マーガリン」はともに、成分の80%以上が油脂でつくられています。油脂のなかでも「乳脂肪分」が使われているものを「バター」と呼び、「植物性・動物性の油脂」が使われているものを「マーガリン」と呼ぶのです。

「マーガリン」に含まれている油脂には、何を使用するか規定はありません。しかし、主に植物油脂が使われており、「大豆油」や「パーム油」など様々です。

  • バター:80%以上が乳脂肪分
  • マーガリン:80%以上が油脂(大豆油やパーム油など)

「バター」は味が強く、「マーガリン」はあっさり

「バター」と「マーガリン」は味にも違いがあります。「バター」は主成分に牛乳の脂肪成分が含まれているため、塩味と旨味が強く、コクがあることが特徴的です。一方で「マーガリン」は、甘味はバターと差はないものの塩味と旨味が劣るため、あっさりと味わうことができます。

  • バター:塩味と旨味が強く、コクがある
  • マーガリン:塩味と旨味が弱く、あっさりとした味わい

値段は「バター」の方が高く売られている

「バター」と「マーガリン」の値段を比較すると、「バター」の方が高く売られています。値段に差がつく理由は、「バター」には牛乳から採れる「乳脂肪分」が含まれているからです。動物由来の油脂であるため採れる量にも限りがあり、そのぶん値段が高くなります。

  • バター:マーガリンよりも高い
  • マーガリン:バターよりも安い

「バター」「マーガリン」の共通点はカロリー

「バター」と「マーガリン」の共通点はカロリーの高さにあります。バターは100gあたり745kcalであり、マーガリンは100gあたり757.9kcalです。「バター」と「マーガリン」を比較すると、カロリーに大きな差はないことが分かります。

また、食塩がはいっていない「無塩バター」のカロリーは、100gあたり762.9kcalと1番高カロリーとなっています。

「バター」「マーガリン」体に悪いのはどっち?

体に悪いのはトランス脂肪酸を多く含む「マーガリン」

「バター」と「マーガリン」どちらが体に悪いのでしょうか?答えはトランス脂肪酸を多く含む「マーガリン」です。「トランス脂肪酸」とは脂肪酸の1種で、バターや牛肉に含まれている「天然のトランス脂肪酸」と、「マーガリン」などに含まれている「人工のトランス脂肪酸」に分けられます。

脂質自体は三大栄養素の1つですが、農林水産省によると「トランス脂肪酸」を食品から摂取する必要はないとされています。また、摂取する必要がないだけではなく、トランス脂肪酸を摂りすぎることで、健康へ悪影響を及ぼす可能性が示されているのです。

ただ、かたよった栄養素が健康に悪影響を及ぼすというのは、トランス脂肪酸に限られた話ではありません。日本人の場合は「食塩」の摂りすぎも問題視されていますし、トランス脂肪酸だけでなくバランスのとれた食事が大切なのです。

「バター」「マーガリン」の使い分け方

「バター」はお菓子作りに適している

「バター」と「マーガリン」は用途によって使い分けることで、風味や形状を活かすことができます。お菓子作りの場合、風味や味を重視するのであれば「バター」が適しています。「バター」の代わりに「マーガリン」でお菓子をつくると、軽い口当たりのあっさりとしたお菓子がつくれます。

ただ、「バターケーキ」や「バタークッキー」など、「バター」を主体としたお菓子には「マーガリン」は適していません。

食材を活かしたいときは「バター」の代わりに「マーガリン」を使う

あっさりとした味わいの「マーガリン」は、食材の味を活かしたいときに適しています。たとえば、サンドウィッチなど他の食材の味を楽しみたいときに使ってみましょう。また、「バター」は冷えた状態だと硬すぎて使いにくいですが、「マーガリン」はやわらかく使いやすくなっています。

「何をどのように食べるのか」で、「バター」と「マーガリン」を使い分けてみましょう。

「マーガリン」に似た「ファットスプレッド」とは?

「ファットスプレッド」はマーガリン類の1種

「マーガリン」とよく似た形状で売られている「ファットスプレッド」。「ファットスプレッド」はマーガリン類の1種で、含まれている油脂の量が80%未満となっています。「マーガリン」に比べて水分量が多いため、柔らかく扱いやすいという特徴があります。

まとめ

「バター」と「マーガリン」の大きな違いは主成分にあり、乳脂肪分が使われているものを「バター」、「植物性・動物性の油脂」が使われているものを「マーガリン」と呼びます。味や形状も「バター」と「マーガリン」では異なるため、用途によって使い分けてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。