「コンバーター」の意味とは?インバーターとの違いや英語表現も

「コンバーター」とは、英語の「converter」が語源となるカタカナ語で、「変換するもの」や「転換するもの」を意味する言葉。電気や自動車など様々な分野や、身近な製品において「コンバーター」は使用されています。今回はそれぞれにおける「コンバーター」の意味を紹介。類語「インバーター」との違いや英語表現もお伝えします。



「コンバーター」の意味とは?

「コンバーター」の意味は「変換を行うもの」

「コンバーター」と言う言葉の基本の意味は、「変換を行うもの」です。英語の「converter」を語源とするカタカナ語です。

「コンバーター」は、様々な場面において「変換するもの」の意味合いで使われています。電気分野を始めとして、ソフトウェア・自動車・鉄道など幅広い分野で出てきますので、一度は聞いたことのある方も多いでしょう。それぞれにおける詳しい意味合いは、後ほどご紹介します。

各分野における「コンバーター」の意味

電気分野では「交流から直流へ変換する装置・回路」

電気分野においては、「コンバーター」は「交流から直流へ変換する装置や回路」を意味します。電流には、直流(DC)と交流(AC)の2種類があり、交流を直流に変換する装置や回路が「コンバーター」です。

日常使用している電気製品の大半はDC電圧で動きます。発電所から送られてくるAC電圧をDC電圧に変換するのが「コンバーター」の役割で、「AC/DCコンバーター」とも呼ばれます。

パソコン分野では「データ形式の変換ソフト」

パソコンやソフトウェアにおける「コンバーター」は、データやファイルの形式を変換するソフトのこと。「コンバーターソフト」や、データに応じて「ファイルコンバーター」「ビデオコンバータソフト」「イメージコンバーターソフト」と呼ばれます。たとえば、画像ファイルの場合は、JPEGやTIFF・PNGなどそれぞれのフォーマットへと変換を行います。

自動車分野は「DC/DCコンバーター」のこと

自動車分野における「コンバーター」とは、直流の高圧系バッテリーを直流の低圧系バッテリーへと変換する「DC/DCコンバーター」のこと。また、「コンバーター」は、電気自動車やハイブリット自動車に充電した電気を、交流から直流へと電圧を変換する装置も指しています。家庭などから充電した電気を交流から直流へ変換することで自動車のモーターが動き、車が走る仕組みとなっています。

「コンバーター」のその他の分野での意味

鉄道

鉄道分野においては、電車の線路の転轍機を動かす「転轍機」(てんてつき)を、「コンバーター」と呼びます。「転轍機」とは、電車の分岐点において、レールをもう一歩の線路へと動かし切り替えるための装置です。

原子力

原子力分野においては「コンバーター」は「転換炉」(てんかんろ)の意味で使われます。「転換炉」とは、核燃料を新しい核燃料に転換させる原子炉のこと。英語では「conversion reactor」と言います。

身の周りの製品における「コンバーター」の例

万年筆

万年筆における「コンバーター」とは、「インク吸入器」のこと。万年筆には、インクがなくなった際にカートリッジを交換して使う「カートリッジ式」、インク瓶からインクを吸い上げて補充する「コンバーター式」の2つがあります。

「コンバーター式」でインクを吸い上げる方法は、「回転式」と「プッシュ式」の2つ。コンバーター式の万年筆をお手入れする場合は、インクの代わりに水を吸い上げて、きれいな水が出てくるまで、水を吸う・出すを繰り返します。

ラジオ

ラジオの「コンバーター」とは周波数を変換する装置を指しています。日本におけるラジオの周波数と、海外におけるラジオの周波数は異なるため、海外で販売されているラジオはそのままでは国内の放送を受信することができません。「コンバーター」を使うことで国内の周波数を、海外用のラジオが受信可能な周波数へ変換します。

ピアス・イヤリング

ピアスの「コンバーター」とは、ピアスをイヤリングに変換するための金具のこと。ピアスのポストと呼ばれる部分を差し込むことで、耳に穴を開けずに、イヤリングとして身につけることができます。

購入店によってはピアスからイヤリングへ金具の付け替えを行ってくれる場合もあります。しかし、amazonや楽天などの通販サイトなどで「コンバーター」購入すれば、付け替えをせず自分で変換を行うことができます。

PS4やswitchなどゲーム機

PS4やswitchなどゲーム機における「コンバーター」とは、マウスとゲーム機を接続するための「変換器」を指しています。ゲーム機は専用のコントローラー以外にもマウスを接続することもできます。ゲームサイトやブログでコンバーターを使用したマウス接続の例が紹介されていることもありますが、メーカーの規約を確認の上で、使用するようにしましょう。

「コンバーター」と「インバーター」の違い

「インバーター」は「直流から交流へ変換する回路」

「コンバーター」と似た言葉の「インバーター」は、家電製品のカタログなどで目にすることも多い言葉でしょう。「インバーター」は「コンバーター」同様に、電圧を変換する回路を意味する言葉です。しかし「インバーター」においては、「コンバーター」とは逆に「直流から交流へ」と電圧を変換します。

なお「インバーター」と表現する場合において、「回路」であるか「装置」であるかで意味合いが異なります。「インバーター回路」ではなく「インバーター装置」を示す場合は、「コンバーター回路」「インバーター回路」の両方を含む装置を意味しています。

「コンバーター」の英語表現は?

英語では「converter」

「コンバーター」の英語表現は「converter」。「converter」は、動詞「convert」の名詞形です。

英語の「conveter」が持つ意味は、カタカナ語の「コンバーター」の意味とほぼ同じであると言えます。しかし、英語の「converter」は、宗教を他の宗派へと改宗させる「改宗させる人」と言うカタカナ語の「コンバーター」にはない意味合いも持っています。

まとめ

「コンバーター」とは、「変換するもの」を意味する言葉です。電気分野をはじめ、ソフトウェアや自動車・鉄道など様々な分野において「コンバーター」は使われています。類語の「インバーター」は、「コンバーター」同様に電圧を変換する回路を指す言葉ですが、「コンターバー」とは逆の方向に電圧の変換を行う点が異なります。

ABOUTこの記事をかいた人

miiryon

SE・WEB制作を経て、メーカーのオウンドサイトのウェブマスターとフリーライターを兼業中。料理もアクセサリーも自分自身の「手」でつくりだすことに喜びを感じます。チョコレートとコーヒーが欠かせない食いしん坊。