「無礼講」の意味とは?使い方の例文や類語への言い換え方も解説

「無礼講」の意味を知っていますか?「『無礼講』の語源とは?」「類語・対義語を知りたい」という方に向けて、「無礼講」の意味や語源、類語・対義語を解説します。くわえて、「無礼講」を使った例文や英語表現も解説していきましょう。



「無礼講」の意味とは?

「無礼講」の意味は「身分を無視した宴会」

「無礼講(ぶれいこう)」とは「上下関係や身分を無視した宴会」を意味します。会社の宴会などで、地位や上下関係をとりはらい宴会を楽しむ状況で使用できます。たとえば、「本日は無礼講だから、楽しんでいこう」という例文。

上記の例文だと、「本日は地位や身分関係ない宴会だから、楽しんでいこう」という意味になります。

「無礼講」の語源は「神事」にある

「無礼講」の語源となるのが「神事(しんじ)」です。「神事」とは「神様をまつること」を意味し、神事の1つに「礼講(神様に奉納したお酒を参列者がさずかる儀式)」があります。礼講のあと、神様を除いた人間のみでお酒をくみ交わすことを「無礼講」と呼び、地位の差関係なくお酒を飲み回します。

「礼講」では、神様から地位の高い人間へとお酒をくみ交わしていましたが、「無礼講」では地位の差関係なくお酒をくみ交わすのです。上記の理由から、現代では「上下関係や身分を無視した宴会」を表すようになりました。

「無礼講」の使い方と例文

「無礼講」は宴会の挨拶で使われる

「無礼講」は一般的に、宴会の挨拶にて使用されます。たとえば、「本日は無礼講ですので、楽しんでください」という例文。上記の文章だと、「本日は地位など関係ない宴会ですので、楽しんでください」という意味になります。

宴会後に使える「無礼講失礼しました」

宴会後に使えるのが「無礼講失礼しました」です。「無礼講失礼しました」とは「無礼講」に対するお詫びの言葉で、宴会後に改めてお礼やお詫びを言うシーンで使用できます。ただ、「失礼しました」という言葉はお詫びの意味がふくまれているものの、丁寧さにかける表現でもあります。

宴会の場で相手に失礼なことをしてしまったのであれば、「失礼しました」ではなく「申し訳ございません」と謝罪の言葉を使用しましょう。

「無礼講」を使った例文

  • 今日の宴会は無礼講だったため、普段はしない話に花が咲いた
  • 無礼講だからといって、相手へ敬意を払わないのは間違っている
  • 本日は無礼講だから、みんな楽しんで飲み食いしてくれ

目上に「無礼講」を使うと失礼?注意点は?

「無礼講」は目下から目上へ使うと失礼になる

目下から目上に対して「無礼講」を使用するのは、相手に失礼であるため注意しましょう。「無礼講」とは「身分を無視した宴会」であるため、目下の人が自ら「今日は地位なんて関係なく楽しもう」と言うのは丁寧さに欠けます。

上司など目上の立場の人から、目下の人へかける言葉であると覚えておきましょう。

「失礼なことをしてもいい」と勘違いしない

「無礼講」だからと言って、失礼なことをしてもいいと勘違いしないようにしましょう。「身分を無視した宴会」だとしても、目上の相手を呼び捨てにしたり、敬語をつけなかったりするのはNGです。

堅苦しくない宴会でも、目上の相手を軽んじる行為は避けましょう。

「無礼講」の類語への言い換えと対義語

「無礼講」の類語「羽目を外す」

「無礼講」と似た意味をもつ言葉(類語)が「羽目を外す」です。「羽目を外す」とは「調子に乗って限度をこえること」を意味する慣用句で、多くが悪い意味として使用されます。

また、「無礼講」を「忌憚なく」に言い換えることも可能です。読み方は「忌憚(きたん)なく」で、「遠慮なく」を意味します。たとえば、「本日は忌憚なく、大いに楽しんでください」のように、「無礼講」を使わず表現することができます。

「無礼講」の対義語「慇懃講」

「無礼講」の対義語に当てはまるのが「慇懃講」です。読み方は「いんぎんこう」で、「礼儀を重んじる宴会」を意味します。「無礼講」の「身分を無視した宴会」という意味と反対に、「慇懃講」は「礼儀や上下関係を重視した宴会」を意味しています。

「無礼講」の英語表現

「無礼講」は英語で「Loosen up」

「無礼講」の英語表現に当てはまるのが「Loosen up」です。「Loosen」とは「緩める」を意味する単語で、「up」を加えることで「肩の力を抜いて」や「リラックスして」という意味になります。

英語には「無礼講」という単語がないため、「気軽な宴会」というニュアンスで「Loosen up」を使用してみましょう。

まとめ

「無礼講」とは「身分を無視した宴会」を意味する言葉で、「本日は無礼講だ」「無礼講失礼しました」などの使い方をします。上下関係などをとりはらった宴会であるものの、目上の相手への礼儀を忘れないようにしましょう。

類語には「羽目を外す」や「忌憚なく」が当てはまり、対義語には礼儀を重んじる「慇懃講」が当てはまります。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。