「皮肉」の意味とは?「嫌味」との違いや使い方の例文・類語も解説

「皮肉にも」「皮肉を言う」などのように、「皮肉」という言葉は日常生活でよく使われます。相手に対し意地悪な表現を使うため、不快な感情を生むことが多いですが、正しい意味や使い方を把握していますか?

ここでは「皮肉」の語源と意味、嫌味との違いや使い方の例文、類語や英語について解説させていただきます。



「皮肉」の意味とは?

「皮肉」の意味は「相手を意地悪な言葉で遠回しつつくこと」

「皮肉(ひにく)」は主に「相手を意地悪な言葉でやじる」という意味があります。「皮肉」は相手の弱点や失敗、気にしている点などを、相手が傷つくような意地悪な言葉で遠回しに避難したり、やじることを指す言葉となるため、あまり良い意味で使われる言葉ではありません。

「皮肉」には「相手の欠点やあやまちをからかう」意味もある

また「皮肉」は「相手の欠点やあやまちなどをからかう」ことも意味します。あえて直接的な言葉は使わず、別の表現でそれとなく相手に示すため、受け手は苦々しい気持ちなることがほとんどです。そのため「皮肉」はどちらかというと「遠回しにつつく」というようなニュアンスを持つのが特徴となります。

例を挙げれば、人の失敗や欠点をあえて褒めたり、小さな成功をあえて過剰評価するのも「皮肉」のスタイルの一つです。

「皮肉」と「嫌味」の違いとは?

「皮肉」は遠回しに言う、「嫌味」はストレートに言う

「皮肉」と似た言葉に「嫌味」がありますが、この二つには微妙に意味の違いがあるため、それぞれ正しい意味を理解をしておく必要があります。

「嫌味」とは「相手に故意に不快な思いをさせること」という意味があります。「皮肉」が「間接的に遠回しに相手の弱点や失敗をつつく」という意味があるのに対し「嫌味」は「ストレートに相手に不快感を与えることを言う、または行動で示す」というニュアンスを持ちます。

つまり「皮肉」の場合、間接的で遠回しに示すため、状況によっては後で「こういうことか…」と気付くこともあるかもしれません。「嫌味」の場合、表現がストレートなため、その場で不快な感情をタイムリーに覚えるのが特徴です。

「皮肉」も「嫌味」も同じようなニュアンスを持ちますが、文脈の意味が「遠回し」か「ストレート」かで使い分けを正しくしていきましょう。

「皮肉」の使い方と例文

「皮肉」は「期待とは異なる結果になる」という意味でも使われる

「皮肉」には「相手の弱点や気にしていることを、遠回しにつつく」という意味がありますが、その他「期待していたこととは異なる結果になること」という意味で使われることがあります。

たとえば、ビジネスシーンでは「皮肉ながら(皮肉にも)、このような結果を招いてしまいました」というように使います。つまり「このような結果を招いてしまったことは、全く期待していなかった」という意味合いを持って放たれる表現となります。

「皮肉を言う」「皮肉めいた発言」「皮肉たっぷりな態度」というように、基本的な意味で使う以外にも、このような使い方もできので、覚えておきましょう。

「皮肉」を使った例文

  • 仕事で恥ずかしいミスをしてしまった。職場のライバルにたっぷり皮肉を言われた。
  • 皮肉を放たれるより、直接はっきりと理由を説明してもらいたい。
  • プレゼンで大失敗。上司から「本当に誇らしいよ」と、皮肉が効いたコメントを頂戴した。
  • 皮肉にも、先行投資した新作の売り上げは予想以下となった。
  • 皮肉ながら、期待した来客数は見込めなかった。
  • 睡眠時間を削って仕上げた提案書は、皮肉にも却下となってしまった。

「皮肉」の類語は?

「皮肉」の類語は「風刺」「辛辣な言葉」

「皮肉」の類語は「風刺(または「諷刺」)」や「辛辣な言葉」などです。「風刺」とは「遠回しに人の欠陥や社会への非難・批評を刻々とし、それとなくそしること」という意味があります。

また「辛辣な言葉」とは、ものごとや人への見方が手厳しいことを表す時に使われますが、遠回しに相手の気になることを示す「皮肉」とはややニュアンスが異なるため、使い分けに気を付けて下さい。

「皮肉」のカタカナ語の類語は「シニック」

「皮肉」をカタカナ語で言い換えるなら「シニック」が適切でしょう。「シニック」は英語の「cynic」のことで、意味は「皮肉」や「冷笑的な言動をすること」となります。「シニックな人」「シニックな手紙」などのように形容詞的な使い方をすることが多いです。

「皮肉」は英語でどのように表現する?

「皮肉」は英語で「ironic」となります。その他、嫌味な言葉で相手つつくようなことを「sarcasm(サーカズム」と言い、人の言葉遣いや言い方について「He is very sarcastic(彼は嫌味のかたまりだ」などと表現したりします。

「皮肉」を使った英語表現

  • His words were full of ironic.
    彼の言葉はすべて皮肉めいている。
  • Being ironic would cause trouble sometimes.
    皮肉は時にトラブルを生むことがある。

まとめ

「皮肉」は「人の弱点や気に障ることを、遠回しに示すこと」を意味します。似た言葉「嫌味」は故意にストレートに相手を傷つけるような言動をすることに対し、「皮肉」は間接的に別の言葉を使って、遠回しに相手をつつくことを意味します。ぜひ、この二つの言葉の使い分けに気をつけて下さい。

社会人になると仕事に対し「皮肉」を言われたり、失敗を故意にからかわれたりすることもあるでしょう。自分なりの対処法をみつけ、ストレスをためないようににしていきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。