「先触れ」の意味とは?類語「前触れ」との違いや例文も解説

「先触れ」の意味を知っていますか?「先触れ」の意味や使い方をはじめ、『先触れ』と『前触れ』の意味の違いや、類語表現も紹介します。例文とあわせて解説しますので、使い方の参考にしてみてください。「先触れ」の英語表現も解説します。

「先触れ」の意味とは?

「先触れ」の意味は「起こることを予感させるもの」

「先触(さきぶ)れ」の意味は2つあります。1つ目に「物事を事前に知らせること」という意味が、2つ目に「後から起こることを予感させるもの」という意味があります。

「先触れ」の2つの意味
  • 「先触れ」の意味① 物事を事前に知らせること
  • 「先触れ」の意味② 後から起こることを予感させるもの

「先触れ」の「触れ」には「広く一般に知らせること」という意味があり、「先」を加えることで「物事が起こる前に」「前もって」知らせるという意味になります。

また、2つ目の意味の「後から起こることを予感させるもの」とは、「先触れ」に該当する出来事により、後から起こることが予感できることを表します。

「先触れ」の使い方と例文

「先触れしておく」は「事前に知らせる」状況で使う

「先触れ」を「事前に知らせる」という意味で使う場合、「先触れしておく」のような使い方をします。

例文
入れ違いになるといけないから、伺うことを先触れしておいた。

この例文は「入れ違いになるといけないから、伺うことを事前に知らせておいた」という意味になります。

「○○の先触れ」は「物事を予感する」状況で使う

「先触れ」を「後から起こることを予感させること」という意味で使う場合、「○○の先触れ」のような使い方をします。

例文
笠雲の発生は大雨の先触れと言われている。

この例文は、「笠雲の発生により大雨が予感されること」を意味します。

室町時代では「旅の書類」として使われていた

室町時代や江戸時代では、「先触れ」を「宿駅にあてた命令書」として使用していました。

「宿駅(しゅくえき)」とは、街道の要所にある宿を意味し、宿泊場所としてだけでなく物を運ぶための人や馬を用意するためにも使われます。

室町時代や江戸時代では、高い身分の人が旅行をするときに、宿駅へ「先触れ」を出して旅先での馬や人手を確保していたのです。

「先触れ」を使った例文

  • 大きな仕事をふるときは、先触れしてくれないと困る
  • 近くの港で、地震の先触れと言われているリュウグウノツカイがあがった
  • 昔は太陽が欠ける日食のことを、不幸の先触れとして信じられていた

「先触れ」の類語

「先触れ」の類語「前触れ」の意味は同じ

「先触れ」の類語に当てはまるのが「前触れ」です。「前触(まえぶ)れ」とは「事前に知らせること」また、「先に起こることを予想させるような出来事」を意味します。「先触れ」と同じで2つの意味をもつため、使い方によってどちらを意味するのか判断しましょう。

例文

・幸運の前触れと言われている彩雲を見ることをできた

・人の死はなんの前触れもなく訪れることもある

・突然人が足りなくなると困るから、辞める時は前触れしてほしい

「先触れ」と「前触れ」は、意味に違いはなく「先触れ」とおなじ状況で「前触れ」を使えます。たとえば、「大地震の先触れなのか?」は「大地震の前触れなのか?」と言い換えることができます。

「予告」「前兆」も「先触れ」の類語

「予告」「前兆」も「先触れ」の類語にです。

「先触れ」には2つの意味があると説明しましたが、1つ目の「物事を事前に知らせる」という意味では「予告」が類語に、2つ目の「後から起こることを予感させるもの」という意味では「前兆」が類語に当てはまります。

例文

・「爆破時刻は、明日の正午だ」と予告された

・予告通り、パーティーは盛大に幕をとじた

・幸運が続くと、「悪いことが起こる前兆なのでは」と疑ってしまう

・前兆もなく、突然彼はいなくなった

「先触れ」の英語表現

「先触れ」は英語で「Harbinger」

「先触れ」の英語表現に該当するのが「Harbinger」です。「Harbinger」とは「先触れ」「前兆」を意味し、「Harbinger of a new day(新たな時代の先触れ)」のような使い方をします。

しかし、「Harbinger」の意味である「先触れ」は「後から起こることを予感させること」のみを表しており、もう1つの「物事を事前に知らせること」という意味は含まれません。「物事を事前に知らせる」を表したいのであれば、「事前に」を意味する「Beforehand」「In advance」を使用しましょう。

まとめ

「先触れ」とは「物事を事前に知らせること」「後から起こることを予感させること」の2つの意味があります。「先触れしておく」「○○の先触れ」などの使い方をし、室町時代では「旅に関する命令書」として使用されていました。

類語である「前触れ」は、意味や使い方を「先触れ」と同じように使うことができるため、「先触れ」が伝わりにくい場合に言い換え使ってみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。