「紡ぐ」の2つの意味は?使い方と例文・類語と英語もあわせて紹介

「紡ぐ(つむぐ)」という言葉を聞くと、糸を紡いでいる風景を思い浮かべる人が多いと思います。しかし「紡ぐ」は、使い方によって詩的な雰囲気を醸し出すユニークな言葉でもあることをご存知でしょうか?

ここでは「紡ぐ」の意味、使い方と例文、類語、英語表現を紹介させていただきたいと思います。



「紡ぐ」の2つの意味とは?

「紡ぐ」の意味1「繊維に縒りをかけて糸を作ること」

「紡ぐ」の意味は「繊維に縒り(より)をかけて糸を作ること」です。つまり、繊維の原材料である繭や綿を錘(つむ)にかけて糸にすることを「紡ぐ」と言います。

「紡ぐ」の意味2「言葉をつなげて文章にすること」

「紡ぐ」のもう一つの意味は「言葉をつなげて文章にする」です。通常、比喩的なニュアンスで使われ、小説やドラマなどで「一つ一つの言葉をつなげ、一つのまとまった物語を作り上げること」を指します。

また、「言葉をつなげて文章にする」という意味合いから発展し、「歴史」「幸せ」「思い」「思い出」「人生」「経験」などをつなげる、という意味も持ち合わせます。詳しくは使い方で説明させていただきます。

「紡ぐ」の「紡」はもともと「糸を作り並べていく」という意味

「紡ぐ」の「錘」は「糸」と「方」を組み合わせた漢字ですが、そもそも「紡」は、この二つの漢字の意味が重なってできたものです。

「糸」はそのまま「糸」を表しますが、「方」には農作業で使用する農機具の一つ「すき」という意味があります。すきを使って作業をする時、人が並んで田畑を耕すというところから、「並ぶ」という意味合いを表すようになりました。そして「糸」と「並ぶ」が合わさり、「糸を並べる=糸を紡ぐ」となったと言われています。

「紡ぐ」の使い方と例文

「紡ぐ」は文学的な場面でよく使われる

「紡ぐ」は「糸を紡ぐ」という意味のほかに「言葉をつなげて文章にする」といった意味でも使われます。詩や小説では「物語」、その他「思い」「幸せ」「人生」「命」など、貴重なもの、形の見えないものなどを「一つにつなげる」という意味で使われます。

この場合「紡ぐ」を「比喩的」に文章に用いるため、独特な響きを創り上げることができるでしょう。たとえば、「思いを一つにまとめる」というよりは「思いを紡ぐ」と表現したほうが、詩的な美しい雰囲気が出てきます。

「紡ぐ」を使った例文

  • 第一話から今までの内容を紡いでいけば、最終回の展予想できるはずだ。
  • 彼女との思い出を一つ一つ紡いでいったら、涙が込み上げてきた。
  • 私たちは過去の歴史を大切に紡ぎながら、未来へと羽ばたいていくべきだ。
  • それぞれの時代を経て、親から子へと、先祖代々と命を紡いでいく。
  • 小さな幸せでも、毎日紡いでいけば、一つの大きな幸せへと成長するだろう。

「紡ぐ」の類語と対義語は?

「紡ぐ」の類語は「編む」「結ぶ」

「紡ぐ」で「繊維によりをかけて糸にする」という意味での類語は「編む」、「言葉をつなげて一つにする」という意味では「結ぶ」「作る」が挙げられます。以下で例文を挙げてみます。

  • 二色の毛糸を使って、セーターを編んでいく。
  • 過去の楽しい思い出や人生の軌跡を結んで、アルバムを制作している。

「紡ぐ」の対義語は「解く」「ほどく」

「紡ぐ」の正式な対義語は見当たりませんが、意味において反対の意味を持つ言葉を考えると「解く」や「ほどく」が挙げられます。この二つの言葉は「紡ぐ」の逆作業となる言葉であるため、意味の面からは対義語と言えます。

  • 結果をもとに、失敗した原因を解いていく。
  • からまった毛糸の束を、根気よくほどいていこう。

「紡ぐ」を英語で表現すると?

「紡ぐ」は英語で「spin」「weave」

「紡ぐ」は英語で「spin(糸を紡ぐ)」、また「weave(組み合わせて話を紡ぐ)」「gather(物語、歴史など形あるもの無い物を問わず、あるものを一つにまとめる)」と言った表現を使います。

「紡ぐ」を使った英語例文

  • この機械を使って糸を紡いでいく。
    Spinning a thread by using this machine.
  • 家族への思いを一つ一つ紡いでいくことが大切だ。
    It is important to put memory gather one by one.

まとめ

「紡ぐ」は「繊維によりをかけて糸を作る」ことを意味しますが、あわせて「言葉や目に見えない貴重な何かをつなげて、一つにまとめる」という意味で、比喩的な使い方をすることが多いのが特徴でしょう。

「紡ぐ」という言葉が持つイメージは「細かく繊細な繊維を並べある形にしていく」です。このイメージを基本に、文学的な場面では「歴史を紡ぐ」「思いを紡ぐ」「命を紡ぐ」などのような熟語表現を使ってみましょう。

「紡ぐ」をはじめ、一つでも多くの表現方法を習得することで、会話の幅は広がります。ぜひ「紡ぐ」を正しいシーンで使いこなしてみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。