「五月雨」の意味とは?「五月雨式」やメールでの使い方も解説

「五月雨」とは「梅雨」「長い間物事が続くこと」の2つの意味をもつ言葉です。「五月雨」と聞くと俳句などで使われる、季節を表す「季語」を想像する方も多いでしょうが、ビジネスシーンでは「五月雨式」という使い方もあります。「五月雨」の意味や英語表現、ビジネスメールでの使い方を解説しましょう。



「五月雨」の意味とは?

「五月雨」の読み方は「さみだれ」

「五月雨」の読み方は「さみだれ」です。字のとおり「ごがつあめ」と読まないよう注意しましょう。また、「五月」は陰暦で「さつき」と呼ぶことから「さつきあめ」とも読みます。

ただ、「五月雨」を「さつきあめ」と読む場合、「五月雨」がもつ2つの意味のうちの「梅雨」という意味のみを指すことになります。

「五月雨」の意味は2つある

「五月雨」の意味は2つあります。1つ目には「陰暦の5月にふる長い雨(梅雨)」という意味が、2つ目には「断続して長い間だらだらと続くこと」という意味があります。

五月雨(さみだれ)

  1. 陰暦の5月にふる長い雨、梅雨
  2. 断続して長い間だらだらと続くこと

「さみだれ」の「さ」は「五月(さつき)」の「さ」であるとともに、古語では「耕作」を意味します。上記に「雨が降ること」を意味する「水垂(みだ)れ」が加えられ、「さみだれ」になりました。

「五月雨」の使い方と例文

「五月雨」は梅雨の季節を表す季語として使える

「五月雨」は俳句や蓮歌で用いられる「季語」の1つです。梅雨の季節を表す季語であり、俳句以外にも手紙や挨拶状の冒頭部分で使われることもあります。「五月の雨」と書く「五月雨」ですが、本来は陰暦の5月を指しているため、現代では6月~7月に当てはまります。

俳句や挨拶状にて「五月雨」を使う場合、春ではなく「夏」の季語として使用しましょう。

「五月雨式」とは「だらだらと物事が続くこと」

「五月雨」の使い方の1つが「五月雨式」です。読み方は「さみだれしき」で、「しぐれあめしき」「ごがつあめしき」とは読まないため注意しましょう。「五月雨式」とは「途中で途切れつつも、長い間だらだらと物事が続くこと」を意味します。

梅雨特有の「雨がだらだらと降りつづける様子」が転じて、「五月雨式」という使い方ができました。

例文

・情報が五月雨式で入ってくる

上記の例文だと、「情報が1度にまとめて入ってくるのではなく、小刻みに入ってくる」という意味になります。

ビジネスメールで使える「五月雨式で申し訳ありません」

ビジネスメールで使えるのが「五月雨式で申し訳ありません」という言葉です。本来は1度にまとめて行うはずが、何回かに分けてしまったことを謝罪する状況で使用できます。

例文

・五月雨式で申し訳ありませんが、追加の資料を送らせていただきました

・五月雨式の納品となってしまい、申し訳ありません

「五月雨」を使った例文

  • 五月雨の時期になると、心なしか気持ちも落ち込む
  • 五月雨が過ぎ、強い夏の日差しが顔をだした
  • 完成したものから五月雨式に納品してもよろしいでしょうか?
  • ご連絡が五月雨式となってしまい、申し訳ございません

「五月雨」の類語

「五月雨」の類語は「梅雨」

「五月雨」の類語に当てはまるのが「梅雨」です。「梅雨(つゆ)」とは「6月から7月中旬の雨がふる時期」を意味しており、「五月雨」の「陰暦の5月ごろにふる雨」という意味と類似しています。

「梅雨」を「ばいう」と読む場合、「梅雨前線」など他の単語とあわせて使用することが多く、一般的に「梅雨」単体の場合「つゆ」と読まれます。ただ、「梅雨」は「五月雨式」のように「だらだらと物事が続くこと」という意味では使えないため、注意しましょう。

「五月雨式」の類語は「断続」

「五月雨式」と意味が似ている言葉(類語)に当てはまるのが「断続」です。読み方は「だんぞく」で、「所々とぎれながらも続くこと」を意味します。「五月雨式」の「途切れながらも物事が続くこと」という意味と類似しているため、「五月雨式」が通じない場合は「断続的に」「断続して」などに言い換えてみましょう。

「五月雨」の英語表現

「五月雨」は英語で「Early summer rain」

「五月雨」の英語表現に当てはまるのが「Early summer rain」です。「Early summer rain」は直訳すると「初夏の雨」となり、「五月雨」を意味します。また、「五月雨」は雨季の1つであることから「Rainy season(雨季)」とも表します。

ビジネスシーンなどで「五月雨式」を使う場合は、「Repeatedly(再三)」や「In a row(連続して)」で表してみましょう。

まとめ

「五月雨」とは「陰暦の5月にふる長い雨」「断続して長い間続くこと」という意味があります。ビジネスシーンでは、主に「継続して長い間続くこと」という意味で「五月雨」が使われます。本来であればまとまって行うことを、何度かに分けてしまった状況で「五月雨式で申し訳ありません」と表してみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。