「懇願」の意味とは?ビジネスで使える例文や類語・言い換えも解説

「懇願」とは「誠意をもって頼み願う」「ひたすら願う」ことを意味します。どうしても聞き入れてもらいたい状況で使う「懇願」を、あまり耳にしないという方も多いのではないでしょうか?「懇願」の意味や例文、類語への言い換え方も解説します。くわえて、ビジネスでの使い方や英語表現も解説していきましょう。

「懇願」の意味とは?

「懇願」の意味は「誠意をもって頼み願う」

「懇願」とは「誠意をもって頼み願うこと」「ひたすら願うこと」を意味します。「懇願」の「懇」には「誠意がこもっていること」という意味が、「願」には「相手に自分の希望を申すこと」という意味があります。

単に「願う」ことを表すのではなく、「誠意をもって相手に願う」ことを表すのです。

「懇願」の読み方は「こんがん」

「懇願」の読み方は「こんがん」です。「懇」は音読みで「ねんご(ろ)」とも読み、日常生活で多く使用されることはありません。「懇願」は「悃願」とも表記されますが、「魂願」とは書かないため誤用に注意しましょう。

「懇願」の使い方と例文

「誠意をもって願う」「ひたすら願う」状況で使う

「懇願」は「誠意をもって願う」また、「ひらすら願う」状況で使われます。どうしても叶えてほしいことがある、聞き入れてもらうために誠意をもって接するなどのシーンで「懇願」を使用してみましょう。

例文

夢のために大学を辞めたいと懇願したが、聞き入れてもらえなかった

意味:「大学を辞めたい」と誠意をもって願った/ひたすら願った」

「懇願する」「懇願された」のような使い方をする

「懇願」は「懇願する」「懇願された」のような使い方をします。

「懇願する」は自分が相手に対し「誠意をもって願う」「ひたすら願う」状況で、「懇願された」は相手に「誠意をもって願われた」「ひたすら願われた」状況で使用しましょう。

例文

会社を辞めないでくれと懇願されたので、もう少しとどまることにする

この例文では「辞めないでと誠意をもって願われた」または、「辞めないでとひたすら願われた」という意味で「懇願」が使われています。

その他にも「”上司に怒られない方法を教えてくれ”と懇願された」「態度が急変し、金を貸せと懇願してきた」等のように使うことができます。

「懇願」のビジネスでの使い方

ビジネスシーンでは「懇願」の多用を控える

ビジネスシーンでは「懇願」の多用を控えましょう。「懇願」とは「誠意をもって願う」「ひたすら願う」を意味し、目上の相手へも使用できます。しかし、ビジネスシーンで「懇願」を多用してしまうと、込められている誠意が軽く捉えられてしまう可能性があります。

また、くりかえし誠意をもって願われることを「重い」と感じる人もいるでしょう。多用せずに、「誠意をもって、ひたすらに願う」状況かを判断して使用してください。

ビジネスで使える「懇願」の例文

  • 格別のお取り計らいいただきますよう、懇願申し上げます
  • ご配慮いただけますよう、懇願いたします
  • お忙しいのは重々承知ですが、お引き受けいただきますよう懇願いたします

「懇願」の類語・言い換え表現

「懇願」の類語は「嘆願」

「懇願」の類語に当てはまるのが「嘆願」です。「嘆願(たんがん)」とは「事情を伝えて熱心に頼むこと」を意味します。「嘆願」の他にも「熱願(ねつがん)」や「哀願(あいがん)」が類語に当てはまります。

  • 嘆願(たんがん)…事情を伝えて、熱心に頼むこと
  • 熱願(ねつがん)…熱中して激しく願うこと
  • 哀願(あいがん)…同情を利用してひたすら願うこと

どれも「心から願うこと」を表しているため、「懇願」の類語に当てはまるのです。

「懇願」を類語で言い換えた場合の例文

  • 子どもが産まれそうだと連絡を受け、一時帰宅を嘆願した
  • 嘆願したにもかかわらず、受け入れてもらえなかった
  • 必ず勝ってくれと熱願した
  • ここで働かせてくれと熱願した甲斐あって、無事内定をもらえた
  • 住民の哀願により、慰霊碑が設けられた
  • 彼はいつも涙目で哀願するが、もうその手には乗らない

「懇願」の英語表現

「懇願」は英語で「Entreat」

「懇願」の英語表現に当てはまるのが「Entreat」です。「Entreat」とは「懇願する」「嘆願する」を意味し、「made an entreaty to(○○に懇願する)」のように使います。

例文

She made an entreated me to help
「彼女は私を助けてくれと懇願した」

まとめ

「懇願」とは「誠意をもって頼み願うこと」「ひたすら願うこと」を意味します。単なる「願い」ではなく「誠意をもって願う」「ひらすら願う」状況で、「懇願する」や「懇願された」のように使いましょう。ただ、ビジネスシーンで多用すると、「懇願」に含まれる誠意が薄く感じられたり、「重い」と捉えられたりする場合があるため注意が必要です。

「懇願」以外の表現を使いたい場合は、類語の「嘆願」や「熱願」「哀願」に言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。