「よしんば」の意味とは?「よしんば私が」の使い方と類語も解説

「よしんば」とは「たとえそうであったとしても」を意味する言葉です。「よしんば私が○○しても」などの使い方をする「よしんば」を、方言と捉えている方もいるのではないでしょうか?「よしんば」の意味や語源、使い方を例文で解説します。加えて「よしんば」の類語や「なかんずく」との違い、英語表現も解説しましょう。

「よしんば」の意味とは?

「よしんば」の意味は「かりに」

「よしんば」とは「かりに」「たとえそうであったとしても」を意味します。漢字では「縦んば」「縦しんば」と表記しますが、ひらがなの「よしんば」が一般的です。単に仮定を表すのではなく、「例え○○であったとしても△△だ」のように逆接の仮定を表します。

「よしんば」の語源は「縦」にある

「よしんば」の語源は「縦」にあります。「縦」は方向を表すだけでなく、「かりに」「たとえ」という意味でも使われます。仮定を表す「縦」に協調を意味する「~んば」という表現が加えられ、現在の使い方になったのです。

「よしんば」は方言ではなく大和言葉

「よしんば」は日常会話では聞きなれない古めかしい表現です。「方言では?」と思う人もいるでしょうが、方言ではなく大和言葉に当てはまります。大和言葉とは「日本固有の和語」のことを指し、限られた地方だけでなく広く使われていました。

「よしんば」の使い方と例文

「よしんば」は文章の前後が逆接になるよう使う

「よしんば」を使う場合、文章の前後が逆接の関係にある必要があります。

例文

よしんば大雨がふったとしたら、明日は中止となる

上記の例文は「雨がふるから中止となる」ことを意味しており、当然予想される事柄を表しているため、誤用となります。単なる仮定ではなく逆接の仮定を表すため、正しくは「よしんば大雨がふったとしても、明日は中止にならない」となります。

(誤)よしんば大雨がふったとしたら、明日は中止となる

(正)よしんば大雨がふったとしても、明日は中止にならない

また、「仮に○○であっても、△△でない」の形で、文末に否定形をもってくる以外にも使い方があります。「よしんば勝ったとしても、名誉を失うことになる」のように、意味として前後の文章が逆接の関係になっていれば問題ありません。

「よしんば私が○○しても」は「仮に私が○○しても」を表す

「よしんば」の使い方には、「よしんば私が○○しても」や「よしんば○○であっても」などがあります。「仮に私が○○しても」「仮に○○であっても」を表す状況で使用しましょう。

例文

・よしんば私が姿を消しても、彼は悲しまないだろう

・よしんば私が言ったところで、友人の心は動かない

・よしんば会社を辞めたとしても、部下との関わりは続けていくつもりだ

「よしんば」を使った例文

  • よしんば謝罪されたとしても、許す気は到底ない
  • よしんば努力し続けたとしても、無駄におわるだろう
  • よしんばそうであっても、言い訳にはならない
  • よしんば敵が攻めてきたとしても、我が軍が負けることはない

「よしんば」の類語と英語表現

「よしんば」の類語は「仮に○○しても」

「よしんば」の類語には、逆接の仮定を表す言葉が当てはまります。「仮に○○しても」や「たとえ○○でも」など、仮説から予想される以外の結末を表す言葉が適しています。「よしんば」は小説などで使われる古めかしい表現であるため、伝わりにくい状況では「仮に○○しても」に言い換えてみましょう。

例文

・仮に生き延びたとして、誰が喜ぶというのだろうか

・たとえ攻め入られたとしても、城を落とすことはできない

「よしんば」と「なかんずく」は意味が違う

「よしんば」と同じ大和言葉に「なかんずく」があります。「なかんずく」とは「その中でも」「とりわけ」を意味する言葉で、いくつかある事柄の中から1つを選ぶ状況で使われます。

同じ大和言葉ですが、「たとえそうだったとしても」を意味する「よしんば」とは、意味が異なるため注意しましょう。

例文

・学生時代の思い出はたくさんあるが、なかんずく修学旅行が楽しかった

・料理は一通り作れるが、なかんずく和食を得意としている

「よしんば」の英語表現は「Even if」

「よしんば」の英語表現に当てはまるのが「Even if」です。「Even if」とは「たとえ○○だとしても」を意味する言葉で、逆接を表す状況で使われます。

例文

I will go even if it rains.

上記の例文だと、「たとえ雨がふっても行く」という意味になり、「よしんば雨がふったとしても行く」の英語表現として使えます。また、「たとえそうであっても」を意味する「Even so」も「よしんば」の英語表現として使用できます。

まとめ

「よしんば」とは「かりに」「たとえそうであったとしても」を意味する言葉で、「よしんば○○だとしても△△でない」の形で多く使われます。「よしんば」は大和言葉の1つであり、やや古めかしい表現であるため、伝わらない場合は「仮に○○しても」や「たとえ○○でも」へ言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。