「自己研鑽」の意味とは?例文と類語「自己啓発」との違いも解説

「自己研鑽」とは「自身を鍛えること」を意味し、漢字では「自己研鑚」とも表します。似た意味をもつ「自己啓発」との違いが気になるのではないでしょうか?「自己研鑽」の意味や読み方、「自己研鑽を怠らずに」を使った例文も解説します。加えて、「自己研鑽」の読み方や英語、類語「自己啓発」との違いも解説しましょう。

「自己研鑽」の意味とは?

「自己研鑽」の意味は「自身を鍛えること」

「自己研鑽」とは「自身のスキルや能力を鍛えて、磨くこと」を意味します。「自己」は「自分自身」を、「研鑚」は「学問などをみがき、深めること」を意味します。

・「自己」の意味…自分自身

・「研鑽」の意味…学問などをみがき、深めること

「研鑽」のみで使用する場合は、主に「学問」をみがき深めることを表します。しかし、「自己研鑽」の形で使用する場合は学問に留まらず、スキルアップするための「能力」や「知識」をみがくことも表すのです。

「自己研鑽」の読み方は「じこけんさん」

「自己研鑽」の読み方は「じこけんさん」です。「研鑽」の「鑽」という漢字は音読みで「サン」と読む他に、訓読みで「きり」や「のみ」「たがね」などの読み方があります。

「自己研鑚」は常用漢字を使った表記

「自己研鑽」は「自己研鑚」とも表すことができ、意味や読み方に違いはありません。漢字が違う理由は、常用漢字か否かにあります。かねへんに「先先・貝」と書く「鑽」は常用外漢字ですが、かねへんに「夫夫・貝」と書く「鑚」は常用漢字であるため公用文などで使用できます。

「自己研鑽」の使い方と例文

「自己研鑽」は「成長するために鍛える」状況に適している

「自己研鑽」は「成長するために鍛える」状況で使用されます。語学や資格取得のための勉強、スキル向上のための継続的な練習など、目標に向けて成長するために自身を鍛える状況で使用しましょう。

「自己研鑽を怠らずに」「自己研鑽に努める所存」のように使う

「自己研鑽」の使い方には「自己研鑽を怠らずに」や「自己研鑽に努める所存」などがあります。

・「自己研鑚を怠らずに」の意味…自身のスキルや能力を鍛えることを怠けずに

・「自己研鑚に努める所存」の意味…自身のスキルや能力を鍛えることに力を尽くそうと思う

鍛えることを怠けないと相手に伝える状況や、鍛えることを相手に宣言する状況で使用しましょう。たとえば、「自己研鑽を怠らずに精一杯がんばる」「これからも自己研鑽に努める所存です」のように使います。

「自己研鑽」は履歴書で使える言葉

「自己研鑽」は履歴書や面接でも使える言葉です。「自己研鑽」をアピールすることで、向上心があることや自発的に学べることが伝えられます。「自己研鑽によって成長できたこと」や「成長できたところをどう仕事に活かすか」も加えて、具体的に話してみましょう。

「自己研鑽」を使った例文

  • 自己研鑽に励む友人の姿をみて、やる気がわいてきた
  • アスリートとして自己研鑽を怠らずに選手生命を全うした
  • 現状に満足せず、これからも自己研鑽に努める所存です

「自己研鑽」の類語と英語表現

「自己研鑽」の類語は「自己啓発」

「自己研鑽」と似た意味をもつ言葉(類語)には、「自己啓発」が当てはまります。「自己啓発(じこけいはつ)」とは「自身の意思によって技術や知識、精神力の向上を図ること」を意味する言葉です。「自己研鑽」と「自己啓発」は「自身の意思で技術・知識の向上を図る」という意味で共通しています。

例文

・自己啓発本を読むだけではなく、行動することが大切だ

・精神面での成長のため、自己啓発を図る

・自己啓発を促す話は聞いていて疲れる

「自己研鑽」と「自己啓発」の違いは「精神的な成長」

スキルアップをするという点では意味が共通している「自己研鑽」と「自己啓発」ですが、「自己啓発」には「精神的な成長」も含まれます。また、「自己啓発」は「自己研鑽」のように資格取得や語学力の向上などの具体的な目標ではなく、「生きがい」や「モチベーション」をテーマとすることが多いという点も「自己研鑽」と「自己啓発」の違いです。

「自己研鑽」は英語で「Improve oneself」

「自己研鑽」の英語表現には「Improve oneself」が適しています。「Improve oneself」とは「自分を成長させる」を意味する言葉で、「Improve」が「改良する」「進歩する」を、「oneself」が「自己」を意味します。

I want to improve oneself.

意味:自己研鑽したい

まとめ

「自己研鑽」とは「自身のスキルや能力を鍛えて、磨くこと」を意味する言葉です。「自己研鑽に励む」や「自己研鑽を怠らずに」などの使い方があり、「自己研鑚」とも表記されます。「自己研鑽」の類語には「自己啓発」が当てはまりますが、「自己啓発」には精神面での成長という意味も含まれています。

目標にむけて技術面で成長することも大切ですが、達成するまでの忍耐力や持続力も大切です。「自己研鑽」と「自己啓発」を別物と捉えるのではなく、組み合わせることが大切だといえます。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。