「奇譚」の意味とは?「奇譚を語る」や「異聞奇譚」など類語も解説

「奇譚(きたん)」とは「珍しい話」「不思議な話」を意味します。アニメや小説のタイトルとして使われることもある言葉で、漢字それぞれの意味を理解すると覚えやすいでしょう。

この記事では「奇譚」の意味や読み方、使い方の例文を解説します。類語の「異聞奇譚(いぶんきたん)」と英語表現、同音の熟語にも触れますので語彙をチェックしてみましょう。

「奇譚」の意味とは?

「奇譚」の意味は「珍しい話」「不思議な話」

「奇譚」とは「珍しい話」や「不思議な話」を意味する言葉です。「奇」は「珍しい」「不思議」を、「譚」は「物語」をそれぞれ意味します。日常会話で使うよりも、作品のタイトルや作中の文章で使われる言葉です。

例文

まるで小説かのような奇譚を聞かされた

意味:まるで小説かのような珍しい話・不思議な話を聞かされた

「奇譚」の読み方は「きたん」

「奇譚」の読み方は「きたん」です。「譚」は音読みで「ダン」、訓読みでは「はなし」と読みます。小説や漫画によっては「きだん」と読まれることもありますが、辞書には「きだん」との表記がないため、一般的な読みではありません。

「奇譚」の使い方と例文

「奇譚」は「珍しい話」をさす状況で使う

「奇譚」は「珍しい話」や「不思議な話」をさす状況で使います。怪談など日常では考えられない不思議な話だけでなく、住んでいる地域や習慣が違うからこその珍しい伝承も「奇譚」と呼びます。

「奇譚を語る」「奇譚を聞く」などの使い方をする

「奇譚」の使い方には「奇譚を語る」や「奇譚を聞く」などがあります。「奇譚を語る」は「珍しい話・不思議な話を語る」を意味し、「奇譚を聞く」は「珍しい話・不思議な話を聞く」を意味します。

例文

・彼は酒の席になると、決まって奇譚を語りだす

・奇譚を語る彼の表情はいつになく生き生きとしていた

・地方で奇譚を聞いて回っては、話のネタにしている

「奇譚ない」という使い方は誤用

「奇譚」を使った「奇譚ない」という言い回しは、誤用であるため注意しましょう。「奇譚」の同音異義語である「忌憚」と使い方が混同しており、正しくは「忌憚(きたん)ない」です。「忌憚」の意味や使い方については「同じ読みをする熟語」の欄で解説します。

「奇譚」を使った例文

  • 古い書物を読んでいると、聞いたこともない奇譚が記されていた
  • 各国の奇譚集を集めることが趣味だ
  • 有名な奇譚のもとを辿ると、地方に伝わる伝承へと行きつく
  • 彼が好きそうな奇譚を友人から聞いてきた
  • 雪国の奇譚は幻想的で夢のようなものが多い

「奇譚」の類語

「奇譚」の類語は「異聞奇譚(いぶんきたん)」

「奇譚」と似た意味をもつ言葉(類語)には「異聞奇譚(いぶんきたん)」が当てはまります。「異聞奇譚」とは、「非常に珍しい話」を意味する四字熟語です。

「異聞」と「奇譚」にはどちらも「珍しい話」という意味が含まれており、重ねて用いることで「珍しい話」という意味を強く表しています。

例文

・異聞奇譚を話したときの、彼の表情が忘れられない

・A国には多くの異聞奇譚があり、今も語り継がれている

また、「珍しい話」「不思議な話」を意味する「珍聞奇聞(ちんぶんきぶん)」や、「世にも珍しい話」を意味する「奇談(きだん)」へも言い換えが可能です。

「奇譚」と同じ読みをする熟語

「忌憚」の意味は「きらい嫌がること」

「奇譚」と同じ読み方をする「忌憚」という言葉。「忌憚」とは「きらい嫌がること」を意味します。また、否定をともなった「忌憚ない」という使い方の場合、「気兼ねない」「遠慮ない」という意味をもちます。

例文

・周囲から忌憚されていると友人が嘆いていた

・忌憚のないご意見をお聞かせください

・忌憚なく思ったことをおっしゃってください

「奇譚」と「忌憚」は同じ読み方をすることから、「奇譚ない」と誤った使い方をされることもありますが、正しくは「忌憚ない」であるため注意しましょう。

「綺譚」は「美しい話」を意味する造語

「美しい話」を意味する「綺譚」も「きたん」と読みます。「綺譚」は小説家の永井荷風(ながいかふう)がつくった造語で、小説のタイトルとして使用されていました。造語であるため辞書には記載されていません。

「奇譚」の英語表現

「奇譚」は英語で「Mysterious story」

「奇譚」の英語表現には「Mysterious story」が適しています。「Mysterious story」とは「不思議な話」「不可解な話」を意味し、「奇譚」の「不思議な話」という意味を表せます。ただ、「Mysterious story」には「珍しい話」という意味はないため、「珍しい話」を表したい場合は「Unusual story(珍しい話)」へ言い換えてみましょう。

まとめ

「奇譚」とは「珍しい話」や「不思議な話」を意味します。「奇譚を語る」や「奇譚を聞く」のように使いますが、「奇譚ない」は誤用であるため注意しましょう。「奇譚」を他の言葉で言い換えたい場合は、四字熟語の「異聞奇譚」や「珍聞奇聞」が適しています。

「忌憚」「綺譚」は「奇譚」と同じ読みをしますが、意味が異なるため「奇譚」に変わって使用することはできません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。