「飼い殺し」とはどんな意味?会社や恋愛での使い方と類語も解説

「飼い殺し」とは2つの意味をもつ言葉で、主に会社員が「実力を発揮できないまま雇われ続けること」を意味します。では、「恋愛」や「家族」における飼い殺しとは、何を意味するのでしょうか?この記事では「飼い殺し」の意味や使い方の例文、類語も解説します。加えて、「飼い殺し」の英語表現も解説しましょう。

「飼い殺し」の意味と例文

「飼い殺し」の意味は2つある

「飼い殺し」とは2つの意味をもつ言葉です。1つ目には「役に立たなくなった家畜を死ぬまで飼うこと」という意味が、2つ目には「仕事をあたえず実力を発揮させないまま、雇い続けること」という意味があります。

飼い殺し・飼殺し(かいごろし)

  1. 役に立たなくなった家畜を死ぬまで飼うこと
  2. 仕事をあたえず実力を発揮させないまま、雇い続けること

1つ目の「家畜を死ぬまで飼うこと」とは、牛やヤギの乳が出なくなったからと殺すのではなく、恩情や愛着からそのまま飼い続けることを表します。主に2つ目の「実力を発揮させないまま、雇い続ける」という意味で使われることが多く、本来の意味ではない「恋愛」や「家族」にも使用される言葉です。

「飼い殺し」は「飼殺し」とも表す

「飼い殺し」は「飼殺し」とも表します。「買い」を使った「買い殺し」と誤表記しないよう注意しましょう。また、「飼い殺し(飼殺し)」の読み方は「かいごろし」のみで、「かいころし」とは読みません。

「飼い殺し」を使った例文

  • 希望の会社へ入社したはいいが、雑務ばかりでまさに飼い殺しだ
  • 会社員の中には働きたくないがために、飼い殺しを望む人もいるらしい
  • Aチームはいい選手を集めるだけ集めて、飼殺しにすると有名だ

「飼い殺し」の使い方

「飼い殺し状態」「飼い殺し同然」などのように使う

「飼い殺し」の使い方は、「飼い殺し状態」や「飼い殺し同然」です。

・「飼い殺し状態」…家畜を死ぬまで飼っている状態。実力を発揮させないまま雇い続ける状態

・「飼い殺し同然」…家畜を死ぬまで飼うも同然。実力を発揮させないまま雇い続けるも同然。

主に「実力を発揮させないまま雇い続けること」という意味で使用され、会社に対して使われます。「まさに飼い殺し状態だ」「飼い殺しも同然の扱いだ」のように使用しましょう。

恋愛における「飼い殺し」は「都合よく付き合うこと」

恋愛における「飼い殺し」とは「都合よく付きあわされ、別れてくれないこと」を指します。お互いの目的が一致しないまま、別れることもせずただ単に現状を維持するだけだったり、思わせぶりな態度をとられたりする状況で使用しましょう。

たとえば、交際期間をかさねるうちにパートナーからの愛情が薄れたとします。今までのように愛してほしいのに愛してくず、「このまま続くのであれば別れたい」と切りだします。しかし、「自分のそそぐ愛情は変わらない」の一点張りで別れてもくれない、そんな状態を飼い殺しと呼びます。

家族による飼い殺しとは「縛られること」を表す

家族による「飼い殺し」とは「家族に縛られること」を意味します。たとえば、家族の介護や看護をまかされ、個人の自由を奪われる状況は「飼い殺し」と言えます。また、過保護すぎる家族によって「危ないから」「あなたには無理」などの理由で、働きにでることを許さずに縛りつけるのも「飼い殺し」の1つです。

野球などのスポーツでも「飼い殺し」はある

野球などのスポーツにも「飼い殺し」はあります。スポーツでの飼い殺しとは「実力のあるプレイヤーをチームに入団させ、力を発揮させる場を与えないこと」を意味します。実力のある選手を他チームに取られたくない、チームの宣伝のために知名度のある選手が欲しいなどの理由から「飼い殺し」が行われるのです。

「飼い殺し」の類語と英語表現

「飼い殺し」の類語は「蛇の生殺し」

「飼い殺し」と似た意味をもつ言葉(類語)には、「蛇の生殺し(へびのなまごろし)」が当てはまります。「蛇の生殺し」とは「物事の決着をつけずに苦しめること」を意味することわざです。

「飼い殺し」が「実力を発揮させないまま雇い続けること」を意味する状況で、言い換えてみましょう。

「飼い殺し」は英語で「Keeping a pet till it dies」

「飼い殺し」の英語表現には「Keeping a pet till it dies」が当てはまります。「Keeping a pet till it dies」とは「死ぬまでペットを飼うこと」を意味し、「飼い殺し」の「家畜を死ぬまで飼うこと」を表します。

また、「実力を発揮させないまま雇い続けること」を表す状況では、「Circumstances no better than servitude」と表しましょう。「Circumstances no better than servitude」とは「奴隷同然の状態」を意味し、雇い続けることを表せます。

会社員の飼い殺し対策としてできること

自分の意見をしっかり言うことが大切

会社に飼い殺しにされないためには、自分の意見をしっかりと伝えましょう。上司に言われたことに黙って従うだけでは、何を言っても動いてくれる都合のいい部下だと思われます。自分自身が働きやすい環境をつくるという意味でも、思いを口にだすのは重要です。

転職を考えるのも1つの手段

会社に飼い殺しにされている場合、転職を視野にいれるのも1つの手段です。何を言っても改善されない、また、自分の意見に聞く耳をもたない状況で相手を変えるのには、時間と労力が必要となってきます。

自分が会社にあわせるのではなく、自分にあった会社を探してみましょう。

まとめ

「飼い殺し」には「家畜を死ぬまで飼い続けること」「実力を発揮させないまま雇い続けること」の2つの意味があります。主に「実力を発揮させないまま雇い続ける」の意味で使用されます。会社から飼い殺しの扱いを受けている人は、転職も視野にいれて動いてみましょう。

ABOUT US

hana
大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。