「ファンタスティック」の意味とは?使い方の注意点と類語も紹介

海外ドラマやハリウッド映画などで、ポジティブな感情を表す時に「ファンタスティック」というフレーズをよく耳にすることがあります。日本でも馴染みのある言葉として日常生活に浸透しつつありますが、この機会に正しい意味や使い方をしっかり抑えておきませんか?

ここでは「ファンタスティック」の意味と語源、使い方の注意点・例文・類語などを紹介させていただきます。

「ファンタスティック」の意味と語源

「ファンタスティック」の意味は「感動的でとても素晴らしいさま」

「ファンタスティック」は「感動的でとても素晴らしいさま」という意味を持ちます。シンプルに素晴らしいことを指すのではなく、見聞きする物事が度を越して心を揺さぶるような、感動的なさまに遭遇した時に使われる言葉です。

「ファンタスティック」は「空想的・幻想的である」という意味も

「ファンタスティック」には「感動的で非常にすばらしい」という意味に加えて、「空想的・幻想的である様子」を表す言葉でもあります。ものごとが計画などが風変わりで奇抜であり、夢のようなアイデアや構想である時によく使われます。

「ファンタスティック」は感嘆の語句

「ファンタスティック」は人の感情をポジティブに表す感嘆の語句としても知られています。たとえば「今の気分はどうですか?」と聞かれた時に、「ファンタスティック」を使って「最高の気分」と表現することはとても多いです。

基本的には「ファンタスティックな光景」「ファンタスティックな映画」などのように形容詞として機能する言葉となりますが、自分の感情を表す「感嘆の言葉」としての要素も兼ね備えていることも理解しておきましょう。

「ファンタスティック」の語源は英語の「fantastic」

「ファンタスティック」はもともと英語の「fantastic」が語源ですが、「ファンタスティック」は「夢のようなこと」「空想の芸術」という意味を持つ「fantasy」が変化してできた言葉でもあります。

「ファンタスティック」の使い方の注意点と例文

「ファンタスティック」と「グレート」使い分けが重要

「ファンタスティック」と同じようなニュアンスを持つカタカナ語に「グレート(great)」があります。一見、ほぼ同じような意味があると解釈しがちですが、それぞれ意味や使い方に特徴があるため、使い分けが必要となります。

「ファンタスティック」は「心が動くような感動的な素晴らしさ」を表しますが、「グレート」の場合、一般的な評価として、全体的に「素晴らしい」「非常に良い」「偉い」という意味で使われます。つまり、「グレート」の場合、風変りで幻想的な「感動的」な要素をあまり含まないのが特徴です。また「ベリーグッド(very good)」についても同様のことがいえます。

「ファンタスティック」は皮肉を込めた意味で使われることも

英語での「fantastic」もそうですが、カタカナ語しての「ファンタスティック」も、やや皮肉を込めて使われることがあります。

たとえば、野外ライブで当日大雨に見舞われたとします。シンガーは自分の気持ちを代弁する言葉として皮肉を込めて「ファンタスティック」を使うことで、心の中で「最悪だは」と感じていても、メディアには「放っておいてくれ。気分は最高だよ」と伝えることがあります。

つまり、あまり良くない状況でも、落ち込んだ暗い持ちを晴らすよう、気持ちを持ちあげていこうという意向が背景にあるのでしょう。

「ファンタスティック」を使った例文

  • ファンタスティックなイベントに、参加者は皆感動した。
  • 大口の契約を結ぶことができた。気持ちはまさにファンタスティックである。
  • ビジネスを成功させるには、ファンタスティックな思考と行動力が必要だ。
  • 彼女に振られたことをやじられ「ファンタスティック」と言って苦笑いした。

「ファンタスティック」の類語は?

「ファンタスティック」の類語は「ワンダフル」「エクセレント」

「ファンタスティック」と似たようなカタカナ語での類語表現は「ワンダフル(wonderful)」や「エクセレント(excellent)」です。どちらも空想的・幻想的といったニュアンスは含まれていませんが「非常に素晴らしい」「優秀である」という意味を持ちます。

満足度が高く、承認や賛成に少しの非もない状況の時に「ファンタスティック」の言い換えの言葉として使ってみましょう。

例文
  • 再就職がやっと決まった。気持ちはワンダフルである。
  • 小説の中身は期待通りエクセレントであった。

「ファンタスティック」のその他の類語は「目覚ましい」など

「ランタスティック」はカタカナ語であるため、文脈によってはそぐわないこともあります。その場合は、「他の漢字を使った類語表現「目覚ましい」「度肝を抜く」などを使ってみて下さい。とくに、会議やビジネスなど、信ぴょう性がモノをいうシーンでは、「ファンタスティック」を使うと本来持つ言葉の意味合いが欠けてしまうことがあります。

例文
  • 先月私は営業部門で目覚ましい成果を上げた。
  • 度肝を抜くアイデアで、商品化は確定である。

まとめ

「ファンタスティック」は英語の「fantastic」のことで、意味は「感動的で非常に素晴らしいさま」「幻想的・空想的であるさま」「非常に素敵なさま」となります。

「ファンタスティック」は英語圏でも「気持ちや体調が非常に良い」時に使われ、ポジティブな感情を表す言葉としての認識も高いです。しかし、同様にして「ワンダフル」や「エクセレント」のように非常に高い満足度を表す時にも使われるので、併せて覚えておくとビジネスシーンでも役立つでしょう。