「頂く」と「戴く」の違いとは?お金やビジネスでの使い分けも解説

「頂く」と「戴く」の違いを知っていますか?同じ意味をもつ言葉ですが、2つには違いがありビジネスシーンでは「頂く」が多く使われます。この記事では「頂く」と「戴く」の違いや「お金」「食べ物」への使い分け方、ひらがなの「いただく」との違いも解説します。加えて、「頂く」「戴く」の類語や英語も解説しましょう。

「頂く」と「戴く」の意味と違いとは?

「頂く」と「戴く」の意味は「もらう」の謙譲語

「頂く」と「戴く」の意味は同じで、どちらも「もらう」を意味する謙譲語です。「もらう」以外に「飲む」「食べる」の謙譲語でもあり、他人を敬う状況で使用されます。

頂く・戴く(いただく)

  1. 「もらう」の謙譲語
  2. 「飲む」「食べる」の謙譲語

また、「霜を頂く(戴く)」のように「頭にのせる」という意味や、「お小言を頂く(戴く)」のように「叱られる」という意味もあります。複数の意味をもつ「頂く」「戴く」ですが、ビジネスシーンでは主に「もらう」「飲む」「食べる」の謙譲語として使用しましょう。

「頂く」と「戴く」の違いは「常用漢字か否か」

「頂く」と「戴く」の違いは、常用漢字か否かにあります。「頂く」は常用漢字なのに対し、「戴く」は常用外漢字であるため公用文では「頂く」が使用されるのです。

一部では「頂く」は「物」に対して、「戴く」は「行為」に対して使用されるという意見もありますが、辞書によるとそのような使い分けは表記されていません。

「頂く」と「戴く」の使い方の違い

「頂く」は「お金を頂く」「食べ物を頂く」のように使う

「頂く」の使い方には「お金を頂く」や「食べ物を頂く」があります。「お金をもらう」「食べ物をもらう」ことを意味しており、「お金を戴く」「食べ物を戴く」とも表します。また、目で見てわかる「物」以外にも、「愛情を頂く」や「意見を頂く」のような使い方されます。

「戴く」は敬意を表す状況に適している

同じ意味をもつ「頂く」「戴く」ですが、相手への敬意を強調したい状況では「戴く」が使用されます。

「戴く」を使った熟語をみると「身分の高い人から丁寧に承ること」を意味する「奉戴(ほうたい)」や、「即位のしるしに王冠を頭にいただくこと」を意味する「戴冠(ほうかん)」のように使われています。このことから、「戴く」は「頂く」よりも、敬意を表す状況で使われるのです。

ビジネスでは主に「頂く」が使われる

ビジネスシーンでは主に「頂く」が使用されます。常用漢字である「頂く」は公用文だけでなく、ビジネス文書へも適しているのです。ただし、かしこまった状況では、相手へ敬意を表すためにわざと「戴く」を使用することもあります。

「頂く」と「戴く」を使った例文

  • やりがいと言えば、やはりお客様から感謝の言葉を頂く瞬間だろう
  • ○○様からのご協力を頂きたく、お電話した次第です
  • 我が社へのご支援を戴きたく、こちらまで伺いました

「頂く」「戴く」と「いただく」の違い

「頂く」「戴く」は動詞、「いただく」は補助動詞

「頂く」「戴く」とは別に、ひらがなで「いただく」と表記することもあります。「頂く」「戴く」と「いただく」の違いは、動詞か補助動詞かにあります。「頂く」「戴く」は動詞に分類されるのに対し、ひらがなの「いただく」は補助動詞に分類されるのです。

・手紙を頂く(動詞)

・手紙を書い(動詞)ていただく(補助動詞)

「話していただく」や「返していただく」のように補助動詞として「いただく」を使用する場合、「話して頂く(戴く)」や「返して頂く(戴く)」とならないよう、注意しましょう。

ひらがなの「いただく」を使った例文

  • わざわざ作っていただくなんて、申し訳ないです
  • 全てを話していただく必要はありません
  • ここまで良くしていただいたのですから、お礼はさせてください

「頂く」「戴く」の類語と英語表現

「頂く」「戴く」の類語は「頂戴」

「頂く」「戴く」と似た意味をもつ言葉(類語)は、「頂戴(ちょうだい)」です。「頂戴」とは「もらう」のへりくだった表現で、「飲む」「食べる」をへりくだって表す状況でも使われます。

ただ、「頂戴」は「塩を取って頂戴」「プレゼントを買って頂戴」のように、親しみをこめて促す気持ちを表す言葉でもあります。へりくだった表現として使用する場合、前後に敬語を加えて使用しましょう。

「頂く」「戴く」は英語で「Get」

「頂く」「戴く」の英語表現には「Get」が当てはまります。「Get」の意味は複数あり、なかには「もらう」「してもらう」という意味も含まれます。「Get money(お金をもらう)」「Get some food(食べ物をもらう)」のように使いましょう。

まとめ

「頂く」「戴く」には複数の意味があり、主に「もらう」「飲む」「食べる」の謙譲語として使われます。同じ意味をもつ「頂く」と「戴く」の違いは常用漢字か否かにあり、「戴く」の方が敬意を表す状況で多く使用されます。

ビジネスシーンでは主に「頂く」が使われますが、相手への特別な気持ちを表したいときは「戴く」を使ってみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。