「誘い受け」の意味とは?使い方や類語・英語での表現も解説

「誘い受け」または「誘い受ける」という言葉を聞いたことがありますか?現代のフレキシブルな恋愛事情の中で見聞きしますが、適切な場面で使わないと周囲に誤解を与えてしまうこともあるため、気を付ける必要が表現でもあります。

また「誘い受け」を「うざい」と感じる人もいるようですが、今回は「誘い受け」の意味と英語、使い方、類語と対義語について解説させていただきます。

「誘い受け」の意味とは?

「誘い受け」の意味は「BLで女性役を演じる人」

「誘い受け」とは、主に男性同士のカップル「BL(ボーイズラブ」の世界で、女性役を演じる人」のことを意味します。

現代の恋愛スタイルは非常に自由です。「BL」への認識も浸透する中で、精神的には相手を引っ張る側、また主導権を握る性質を持ちながら、性行為では「女性キャラ」である人・またそのような属性の人のことを指します。つまり、相手を誘い受身になる側「誘い受ける方」を表す言葉となります。

「誘い受け」はコミカルな漫画や人気のストーリーから定着

「誘い受け」という言葉が定着した背景には最近BLや「やおい系」を主人公とした「漫画」があります。「誘い受け」という設定を用いることで、キャラクターの性格やどんでんががえしなど、コミカルで笑いを誘う内容が人気を博しています。やや俗語的な表現となりますが、強い精神を持ち、結局は主導的な立ち回りの「女性キャラ」が読者や視聴者の関心を集めているのです。

実際「誘い受け」は「裏ワード」のような存在であるかもしれません。しかし、ネットやSNS、漫画や小説を通して、ごく普通の言葉として現代に浸透してきています。

「誘い受け」の使い方の注意点とは?

「誘いを受ける」と「誘い受け」を混同しない

ごく日常的に「食事のお誘いを受ける」「お茶の誘いを受けた」というように、「誘いを受ける」というフレーズを使うことがあります。

この場合「食事」「お茶」という具体的な行動を表す言葉が入っているため、「どんな誘い」であるかは一目瞭然でしょう。もっとも、相手との関係や会話が生まれるシチュエーションを見ても、明らかに「誘い受け」の意味で使われているのではないことが理解できます。

「誘い受け」の使い方の注意点は、純粋な意味での「誘いを受ける」と、性行為に直接関連する「誘い受け」を混同しないことです。相手や周囲に間違った印象や理解を与えないためにも、使い分けには十分気を付けるようにしましょう。

「誘い受け」は男女のカップル・女性同士のカップルにも使われる

「誘い受け」は男性同士の関係の中で使われるだけではなく、男女のカップル、女性同士のカップルにも使われる言葉です。

総じて「誘い受け」とは、男女の関係なく、恋愛中の2人やカップルに対し使われ、性行為において受け身に回る役割の人、そういった属性の人を指すことを理解しておきましょう。

「誘い受け」はメールやSNSでも使われる

「誘い受け」をメールやSNSで使う場合は、同性や異性のカップルの中での「受け身」とはやや異なるニュアンスで使われます。

たとえば、相手や周囲から意識を向けてほしい場合、またかまってほしい場合、良い返事が戻ってくることが期待されるようなメッセージをあえて送ったり、またその返事を待つことを「誘い受け」といいます。

たとえば、メールで「私は気も利かないし、仕事も遅い」とメッセージを送ったとします。メールを受信した相手(投稿の場合、それを見た人)は、何とか励まそうと思い「そんなことはない」「君は気が利くし、仕事も早い」と言ってくるでしょう。この全体的な流れ、つまり期待通りのポジティブな返事を待つこと、またこれら一連のプロセスがメールやSNS上での「誘い受け」です。

「誘い受け」の類語と対義語は?

「誘い受け」の類語は「翻弄する側」「誘惑する側」

「誘い受け」は独特で新しい表現であるため、正式な類語表現は見当たらりませんでした。しかし、相手を巧みに誘う行為を別の言葉で比喩するなら、ニュアンスがやや異なるものの「翻弄する」「誘惑する」などが、言い換えの語句としては適切といえるでしょう。

  • 私を翻弄する彼は、精神的にも指導権を持っている。
  • 彼女はメールで魅惑的なメッセージを送り、誘惑してきた。

「誘い受け」の対義語は「襲い受け」

意味の上から考えて「誘い受け」の対となって使われる言葉が「襲い受け(おそいうけ)」です。積極的に主導権を握りながらも実際は「受け身」となる反対の方、つまり、普段は消極的でおとなしいのに、何かがきっかけで別人のように肉食系に変身する「攻める役回り」を「襲い受け」と呼んでいます。

例文
  • 草食系の彼は、スイッチが入ると「襲い受け」になる。

「誘い受け」の英語表現

「誘い受け」は英語で「passive in love」

「誘い受け」は日本の独特なカルチャーを舞台として生まれた言葉であるため、直接的な英語フレーズは存在しません。あえて受け身であることを一般的に表現するなら、「passive」が適切です。また、恋愛における「受け身」なら「passive in love」となります。

まとめ

「誘い受け」とはBLをはじめ、同性や異性のカップルにおいて「受け身の立ち回り」を演じる方を指します。メールやSNSでは、あえて期待通りの返事がくるようなメッセージを送ること、またその返事を待つことを包括して「誘い受け」と言います。

現代の日本語では、新しい言葉が生まれる中、やや俗語的なイメージが強い言葉も見受けられます。そうは言っても、「誘い受け」や「襲い受け」など、ウィットに飛んだ言葉の組み合わせで一つのフレーズを作り上げるのは、新しいものを好む日本文化の一つかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。