「悍ましい」の意味とは?使い方の例文と類語「忌まわしい」も解説

「悍ましい」とは「嫌な感じがすること」を意味します。「悍ましい獣」や「悍ましい事件」などの使い方をする「悍ましい」ですが、読み方が分からいという方もいるでしょう。この記事では「悍ましい」の読み方や使い方の例文、類義語(類語)も解説します。くわえて、「悍ましい」の対義語や英語表現も解説しましょう。

「悍ましい」の意味とは?

「悍ましい」の意味は「嫌な感じがすること」

「悍ましい(おぞましい)」とは「嫌な感じがすること」を意味する言葉です。古語としては「我がつよい」「勇ましく恐ろしい」という意味で使われていました。

悍ましい・悍しい(おぞましい)

  1. 嫌な感じがすること。
  2. 我がつよい。強情。
  3. 勇ましく恐ろしい。

現代では「嫌な感じがすること」という意味で使われ、「悍ましい様子」や「悍ましげな雰囲気」などの使い方をします。

「悍ましい」の読み方は「おぞましい」

「悍ましい」の読み方は「おぞましい」です。「悍ましい」または「悍しい」とも表記されます。「悍」は訓読みで「あらい」「あらあらしい」などと読み、音読みでは「カン」と読みます。

「悍」は常用漢字ではないため、ニュースや新聞では平仮名の「おぞましい」が主に使われているのです。

「悍ましい」の使い方と例文

「悍ましい」は「ぞっとするほど嫌なこと」を表す

「悍ましい」は「ぞっとするほど嫌なこと」を表します。単に「怖い」「おそろしい」という負の感情ではなく、「ぞっとする」「身震いがするほど嫌」な様子を表します。

例文

悍ましい気配がただよう

意味:ぞっとするような嫌な気配がただよう

「悍ましい気配」のように「悍ましい○○」という形でも使われますが、文脈によっては「悍ましげ」や「悍ましさ」の形で使用しましょう。

「悍ましい事件」「悍ましい獣」のように使う

「悍ましい」の使い方には「悍ましい事件」や「悍ましい獣」があります。「悍ましい事件」とは「ぞっとするほど嫌な事件」を、「悍ましい獣」は「いかにも嫌な感じがする獣」を意味します。

例文

・この悍ましい事件を忘れることはないだろう

・予想だにしなかった悍ましい事件に、国中から悲鳴が聞こえた

・この世のものとは思えない、悍ましい獣が立ちふさがっていた

「悍ましい」を使った例文

  • 調査が進むにつれ、悍ましい事件の全容が明らかになってきた
  • 心の底から悍ましさを感じたのは、あれが最初で最後だった
  • 我が子とは思えぬ悍ましい発想に、顔が引きつった
  • 彼の声を耳にするだけで、2年前の悍ましい出来事がよみがえる
  • おぞましげな雰囲気を感じとったのか、愛犬はすぐに引き返してきた

「悍ましい」の類義語(類語)と対義語

類義語「忌まわしい」の意味は「嫌な感じ」

「悍ましい」の類義語には「忌まわしい(いまわしい)」が当てはまります。「忌まわしい」とは「不吉」や「嫌な感じであること」を意味する言葉です。

忌まわしい(いまわしい)

  1. 不吉。縁起が悪い。
  2. 嫌な感じであること。不愉快。

「嫌な感じ」という点で共通しているため、類義語に当てはまります。「忌まわしい出来事」や「忌まわしい過去」のように使いましょう。

類義語「いとわしい」の意味は「不愉快」

「いとわしい」も「悍ましい」の類語表現です。「いとわしい」とは「不愉快で嫌」「わずらわしい」を意味する言葉で、漢字では「厭わしい」と表します。「嫌なようす」を表している点が共通しているため、類義語に当てはまるのです。

例文

・湿気が多くジトジトした日はいとわしい

・人の陰口ばかり話す人をいとわしく思う

また、「忌まわしい」「いとわしい」以外に、「気味が悪い」「嫌であること」を意味する「疎ましい(うとましい)」も類義語に当てはまります。「嫌な感じがする」状況で言い換えてみましょう。

「悍ましい」の対義語は「愉快」

「悍ましい」と反対の意味をもつ言葉(対義語)には、「愉快(ゆかい)」が当てはまります。「愉快」とは、「楽しくて気分のいいこと」を意味する単語で、「悍ましい」の「嫌な感じ」と対になっています。

例文

・これほど愉快な話はあっただろうか

・明日の夜、会社の愉快な仲間とお酒を飲みにいく

・1人でのんびりと酒を飲むのが1番だと、彼は愉快げに笑った

「悍ましい」の英語表現

「悍ましい」は英語で「Horrible」

「悍ましい」の英語表現には「Horrible」が適しています。「Horrible」とは「ぞっとするような」「身の毛もよだつ」を意味する単語で、「悍ましい」の「とても嫌な感じ」を表せます。

例文

I saw a horrible appearance.

意味:悍ましい姿をみた

まとめ

「悍ましい」とは「嫌な感じがすること」を意味する言葉で、「ぞっとする」「身震いがするほど嫌」な状況で使われます。「悍ましい事件」や「悍ましい姿」などの使い方があり、類義語には「忌まわしい」や「いとわしい」が当てはまります。

「嫌な感じ」を表したい状況で、「忌まわしい事件」や「いとわしく思う」へ言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。