「阿鼻叫喚」の意味とは?使い方の例文と類義語・反対語も解説

「阿鼻叫喚」とは「悲惨な状況に、泣き叫び苦しむこと」を意味する四字熟語です。なんとなく負のイメージがあるというだけで、「阿鼻叫喚」の使い方が分からない方もいるでしょう。この記事では「阿鼻叫喚」の意味や使い方の例文、類義語(類語)の「地獄絵図」も解説します。くわえて、反対語や英語表現も解説しましょう。

「阿鼻叫喚」の意味とは?

「阿鼻叫喚」の意味は「悲惨な状況に苦しむさま」

「阿鼻叫喚(あびきょうかん)」とは「悲惨な状況に立たされ、泣き叫び苦しむこと」を意味します。また、本来の意味ではありませんが「阿鼻叫喚」の「非常にむごい様子」が転じて、怒声・罵声がとびかう場を「阿鼻叫喚」で表すこともあります。

本来の意味は「阿鼻地獄」と「叫喚地獄」

現代では「悲惨な状況に立たされ、泣き叫び苦しむこと」を意味する「阿鼻叫喚」ですが、本来は仏教用語で「阿鼻地獄(あびじごく)」と「叫喚地獄(きょうかんじごく)」を意味しました。

「阿鼻地獄」と「叫喚地獄」はどちらも「八大地獄(はちだいじごく)」の1つで、「八熱地獄(はちねつじごく)」とも呼ばれます。殺生や飲酒などを行った者が行くところとされており、地獄へ落ちた者が苦しみ泣き叫ぶ様子から、「阿鼻叫喚」ができたのです。

「阿鼻叫喚」は四字熟語の1つ

「阿鼻叫喚」は四字熟語の1つです。「阿鼻地獄」と「叫喚地獄」からつくられた四字熟語で、「叫喚」には「叫びわめくこと」という意味も含まれます。「叫喚」という漢字を「狂喚」や「叫換」と間違えないよう注意しましょう。

「阿鼻叫喚」の使い方と例文

「阿鼻叫喚」は「災害・事故現場」で使われる

「阿鼻叫喚」は災害や戦争、事故現場などを表す状況で多く使われます。突然のできごとに逃げ惑う人々や、痛みや混乱から泣き叫ぶ人々を「阿鼻叫喚」で表せます。

例文

・戦火のなかに逃げ惑う人々は、まさに阿鼻叫喚の有様だ

・観光客で賑わうA市は、災害により阿鼻叫喚を極めていた

「阿鼻叫喚の巷」「阿鼻叫喚の現場」のように使う

「阿鼻叫喚」の使い方には「阿鼻叫喚の巷(ちまた)」や「阿鼻叫喚の現場」があります。「阿鼻叫喚の巷」と「阿鼻叫喚の現場」はどちらも、「その場がむごたらしく、悲惨な状況であること」を表します。

例文

・わずか一晩で阿鼻叫喚の巷と化した

・殺人犯が逃げ込んだ住宅地は、阿鼻叫喚の巷と化した

・記者を長年していると、阿鼻叫喚の現場に遭遇することもあった

・阿鼻叫喚の事件現場には、わたしの友人もいた

「○○の巷」という表現は「○○が盛んに行われている場所」を表します。

「阿鼻叫喚」を使った例文

  • 物資が行き届いていないこともあり、被災地は阿鼻叫喚を極めていた
  • 前代未聞の大災害により、阿鼻叫喚の様相を呈する
  • 祖父から戦時中の話を聞いたが、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図だった

「阿鼻叫喚」の類義語(類語)と反対語

「阿鼻叫喚」の類義語は「地獄絵図」

「阿鼻叫喚」と似た意味をもつ言葉(類義語・類語)に当てはまるのが「地獄絵図(じごくえず)」です。「地獄絵図」は四字熟語の1つで、「きわめてむごい状況」を意味します。本来は、地獄で苦しむありさまの絵を指す言葉ですが、転じて「きわめてむごい状況」という意味で使われるようになりました。

例文

・街は一瞬で地獄絵図と化した

・目の前に広がるだろう地獄絵図を想像し、打ちひしがれた

・想像を絶する地獄絵図が広がっていた

四字熟語「魑魅魍魎」は類義語ではない

「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」は「阿鼻叫喚」と同じ四字熟語の1つですが、意味は異なります。「魑魅魍魎」とは「さまざまな化け物」を意味し、「魑魅」が「山の化け物」を、「魍魎」が「川の化け物」をそれぞれ意味します。

「阿鼻叫喚」のように「悲惨な状況に立たされ、泣き叫び苦しむ」という意味は含まれません。

「阿鼻叫喚」の反対語は「安楽浄土」

「阿鼻叫喚」と反対の意味をもつ言葉(反対語)には、「安楽浄土(あんらくじょうど)」が当てはまります。「安楽浄土」とは「苦しみのない安楽の世界」を意味し、転じて、すべて満たされていることの例えとして使われます。

例文

・寒がりのわたしにとって、南国は極楽浄土だよ

・あらゆるストレスから解放されて、極楽浄土で暮らしたい

「阿鼻叫喚」の英語表現

「阿鼻叫喚」は英語で「Agonizing cries」

「阿鼻叫喚」の英語表現には「Agonizing cries」が適しています。「Agonizing cries」とは「苦しみ、泣き叫ぶ様子」を意味し、「Agonizing」が「苦しむ様子」を、「Cries」が「泣くこと」をそれぞれ意味します。

まとめ

「阿鼻叫喚」とは「悲惨な状況に立たされ、泣き叫び苦しむこと」を意味する四字熟語です。「阿鼻叫喚の巷と化す」や「阿鼻叫喚の現場」などの使い方をし、災害や戦争などでむごい状態を表します。

類語には「きわめてむごい状況」を意味する「地獄絵図」が当てはまりますが、「魑魅魍魎」は意味が異なるため注意しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。