曜日の英語表記!省略名や由来、歌での覚え方も紹介

職場で海外の取引先にメールを入れようと思ったとき「水曜日のスペルって何だっけ?」と曜日の英語を忘れて冷や汗をかいたことはありませんか?

ここでは改めて「曜日の英語」を振り返りながら、曜日のスペルと読み方、曜日の表し方と省略表記、由来のほか、覚えやすい英語の歌を紹介しています。どうぞ参考にしてみて下さい。

「曜日」の英語をおさらい!

曜日の英語についての基礎知識から紹介しましょう。

曜日のスペルは大文字でスタート

英語で曜日を表すときは、日曜日が「Sunday」のように「頭が大文字」になります。理由は諸説ありますが、原則的には月、曜日などは「特定の何か」にあたり、固有名詞として扱われるため大文字表記となっているといわれています。

頭が小文字でも読めないことはありませんが、英語圏で曜日の頭を小文字で表記するとほとんどの人が違和感を感じます。とくにビジネスシーンでは気を付けたい「英語の常識」の一つといえるでしょう。

それぞれの曜日の読み方と発音

それぞれ曜日の読み方と発音についてみてみましょう。

日曜日:Sunday(サンデー)
月曜日:Monday(マンデー)
火曜日:Tuesday(チューズデイ)
水曜日:Wednesday(ウェンズデー)
木曜日:Thursday(サーズデー)
金曜日:Friday(フライデー)
土曜日:Saturday(サタデー)

どの曜日も「デー」と伸ばさずに、やや「デイ」に近い発音で発声すると綺麗に聞こえます。Mondayなら「マンデイ」、火曜日なら「チューズデイ」のように発音します。

それぞれの曜日の省略表記

それぞれの曜日の省略表記をみてみましょう。カレンダーやスケジュール帳などの曜日は省略表記をしているものが多いです。

日曜日:Sun.
月曜日:Mon.
火曜日:Tue(Tues)
水曜日:Wed.
木曜日:Thurs.(Thur,Thu)
金曜日:Fri.
土曜日:Sat.

曜日の使い方!前に「on」をつける

英語で曜日を表すときはそれぞれの曜日の前に「on」をつけます。「on」は「~に」という意味もあり、曜日を表すときの必須の前置詞です。

  • We play football on Sunday(日曜日にフットボールをします)
  • Can I visit on next Friday?(次の金曜日はお邪魔してもよろしいでしょうか?)
  • New movie is coming on Tuesday.(新作の映画が火曜日に始まります)

英語の「曜日」の由来は?

つづいて曜日の由来を紹介します。

「ローマ神話」と「北欧神話」

英語の曜日は「ローマ神話」と「北欧神話」に登場する「神様」の名前が由来となっています。

Sunday:Sun(太陽の日)
Monday:Moon(月の日)
Tuesday:Tyr(チュールの日、北欧神話に登場する軍神)
Wednesday:Odin(オーディンという北欧神話の主神からウォーデンWodenに変わったのが語源)
Thursday:Thor(トールの日、北欧神話に登場する雷神/戦神)
Friday:Freija(フレイアの日、ローマ神話の女神)
Saturday:Saturnus(サトュルヌス、ローマ神話の天空神)

「曜日」に関する英語例文

最後に曜日に関する英語例文を紹介します。

今日は何曜日

「何曜日」は英語で「What day」です。

  • What day is today?(今日は何曜日ですか?)
  • What day is tomorrow?(明日は何曜日ですか?)
  • What day is suitable for your next appointment?(次回の予約は何曜日がよいですか?)

平日と週末

平日は月曜日から金曜日までそれぞれ一日ごとでとらえるため、一日の平日を表すときは「A weekday」と単数扱い、数日の平日を表すときは「weekdays」と複数扱いになります。また週末は土日で二日ありますが、二日で一つの週末と考えることから「単数扱い」となります。複数「s」の付け方に気を付けるようにしましょう。

  • I am busy on weekdays(平日はずっと忙しいです)
  • I am free on weekend(週末はひまです)

曜日の覚え方「歌」「語呂合わせ」

英語の曜日を楽しく覚えるなら歌や語呂合わせを取り入れてみましょう。

「歌」で覚える

英語の「Nursery Rhymes(子供向けの歌)」 でこのような歌があります。

Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday
Thursday Friday Saturday
Sunday comes again!

この歌はカレンダーと同じく日曜日から始まり、覚えにくい木曜日が二回歌詞に刻まれているのが特徴です。

「語呂合わせ」で覚える

日曜日、お日様サンサン!サンデー
月曜日、やる気も満々!マンデー
火曜日、いちゃいちゃチュー!ズデー
水曜日、ウェンウェン泣かない!ウェンズデー
木曜日、さあねー?知らんぷりのサーズデー
金曜日:ミックスフライ食べて、フライデー
土曜日:サッと出かけよう、サタデー

こちらはあくまで例です。ぜひ自分で覚えやすい語呂合わせを作ってみて下さい。

まとめ

英語の曜日を覚えるときは一緒に省略表記も覚えておきましょう。ビジネスシーンでは曜日に限らず、多くのものごとに対して省略表記を使うととても便利です。

またビジネスマンの常識として英語で曜日を表すときは「頭は大文字」にすることも忘れないようにして下さい。会話のスパイスとして曜日の由来を英語で語り合うのも素敵ですね。