「エバンジェリスト」の意味とは?IT業界で注目の新職種を解説

IT業界で注目の新しい職種「エバンジェリスト」。IT関連のトレンドや新しいテクノロジーの到来について、ユーザーや顧客にわかりやすく説明していくという役割を担い、近年では専門職として新設する企業も増えているという職種です。

ここでは「エバンジェリスト」の英語表記と意味、仕事内容と役割、必須スキルなどについて解説しています。

「エバンジェリスト」の意味とは?

「エバンジェリスト」の本来の意味は「キリスト教の伝道師」

もともと「エバンジェリスト」はキリスト教の世界において、未信者に対しキリスト教の教えをわかりやすく説明し、入信を促進するという役割を持っています。つまり、教会の活動を促し、新たな開拓や次なる形成を整える役目のあるれっきとした職業です。

「エバンジェリスト」の英語表記は「evangelist」

「エバンジェリスト」の英語表記は「evangelist」です。「evangelist」とは、「伝道者」や「福音を説く人」という意味がある単語で、ある考えや主義を熱烈に支持する人を指します。

「エバンジェリスト」IT業界での意味と役割は?

IT業界での意味は「トレンドや技術を説明し啓蒙する人材」

「エバンジェリスト」はIT業界にポストとして新しく置かれるようになった、注目の職種の一つです。「エバンジェリスト」はIT業界関連におけるトレンドや新しい技術を、ユーザーや取引先、顧客、また関係エンジニアなどにわかりやすく説明し、広く啓蒙していく人材を意味します。

マイクロソフト社が「エバンジェリスト」を置いて話題に

「エバンジェリスト」という職種は、マイクロソフト社が重要なポストとして社内に置いたことで注目を浴びたのがきっかけで世界に広まりました。自社製品やサービスを布教する目的、つまり販促やマーケティング手法の一つとして設置されたのが「エバンジェリスト」だったのです。

「エバンジェリスト」の役割は「自社技術の価値を正確に伝える」

「エバンジェリスト」の役割の一つに「自社技術の価値を正確に伝えることを挙げられます。ユーザーや顧客が有する商品やテクノロジーへの理解には幅があります。また、人によっては説明が不十分であったり、専門用語を並べてしまうことで、商品やサービス内容を正確に伝えることができないこともあるでしょう。

ここで「エバンジェリスト」の出番がやってきます。「エバンジェリスト」は、自社技術やサービス内容のみならず、市場の動向、最新トレンドなどをひっくるめた情報を、ユーザーに提供していきます。

「エバンジェリスト」の3つの仕事内容は?

「エバンジェリスト」は「エンジニアや営業担当を支える」

前述したように、「エバンジェリスト」は企業の重要ポストとして、自社の技術やサービスを中心に、ユーザーやクライアントに情報を「伝道」していくのが主な役割です。

しかし、同時に、プロジェクトや業務に携わるエンジニアとのコミュニケーションを取りながら、クライアントとの間に入って最も適切な対応や処置を行っていくのも「エバンジェリスト」が担う大切な役割となります。

技術に精通したエンジニアや経験の長い営業担当者でも、めくるめく速さで複雑化するIT技術を一から百まで完全に把握するのは非常に難しいのが現状です。エンジニアや営業担当者と一緒に出向き、自社技術やサービス内容をデモンストレーションしたりするのも「エバンジェリスト」の役割です。

「エバンジェリスト」は「プレゼンテーションを行う」

「エバンジェリスト」の役割の一つに、セミナー、ソーシャルメディア、パネルディスカッションなど大勢の人を目の前にプレゼンテーションを行うことが挙げられます。

「エバンジェリスト」がターゲットとするのは不特定多数の人たちですが、より効果的なプレゼンテーションを行うことによって、相手の心を動かし、商品やサービスを購入してもらうことが最終的なミッションとなります。プレゼンテーションでアクションを起こすことで、相手にリアクションを起こさせる、これも「エバンジェリスト」の仕事の一つです。

「エバンジェリスト」は「インナーマーケティング」も担う

社員がどれだけ自社技術やサービスを理解しているか?これは職種や所属部補にもよりますが、おそらく社員一人ひとり異なってくることでしょう。

「エバンジェリスト」は、自社製品の特徴やブランディング、製品開発のプロセス、市場動向、サービス向上、競合製品などについて、社員に理解を深めてもらうための啓蒙活動を行っていきます。このように自社内でインナーマーケティングを行いながら、意識改革を起こさせ、業務へのモチベーションを上げていくことも仕事の一つです。

「エバンジェリスト」に必要なスキルと能力は?

「エバンジェリスト」は営業力より「プレゼン・対話能力」が不可欠

「エバンジェリスト」に必要なスキルは、やはりプレゼンテーション能力と対話能力です。もともと「エバンジェリスト」になる人材は、優秀で経験の長いエンジニアが多いですが、実際的には技術や知識だけにフォーカスしていては、仕事を完結することはできません。

ここで必要になるのが、商品やサービスを相手に有効的にアピールできるプレゼンテーション力と、相手にわかりやすく説明できる対話能力です。「エバンジェリスト」は相手との対話の中で「本当に理解しているか」を確認しながら、不明確な点について適切に説明を加えていきます。

「エバンジェリスト」は情報収集のプロでなければならない

「エバンジェリスト」は、テクノロジーに関連するあらゆる専門性を持つことは当然ながら、加えて、常に最新の情報をコレクトする熱意と情熱が必要です。テクノロジーの高速化が進む中、日々新しい情報が追加されています。「エバンジェリスト」は、ユーザーに最先端のテクノロジー情報をホットなうちに提供できるよう、日々アップデートする必要があるのです。

まとめ

「エバンジェリスト」はもともとキリスト教を布教するための伝道師を指す言葉ですが、転じてIT業界では「自社製品やサービスをユーザーにわかりやすく説明する人材」という意味で使われています。

「エバンジェリスト」になるにはテクノロジー関連の専門性を持つことが基本となりますが、「自社製品やテクノロジーの啓蒙活動」に興味のある人は、ぜひ「エバンジェリスト」を目指してみてはいかがでしょうか?