「コンセントレーション」の意味とは?使い方と色々な英語表現

「コンセントレーションを高めていこう」などビジネスでも聞いたことがあるフレーズかもしれません。一般的にもよく使われる「コンセントレーション」ですが、たくさんの意味があることをご存知でしょうか。そこで、「コンセントレーション」の意味を整理して、その使い方や英語表現をご紹介します。

「コンセントレーション」の意味

「コンセントレーション」の意味は「精神集中」

「コンセントレーション」の意味は、「集中」という意味で使われることもありますが、特に「精神集中」または「集中力」という意味でもよく使われます。

「コンセントレーションを高めて、試合に出場する」のように使い、メンタル面で集中していることが強調されます。

語源は「中心に集めること」で、分散しているものを1つの場所に集めることです。ばらばらになっていた精神を一か所に集めることから、「コンセントレーション」が「精神集中」という意味で使われるようになったと考えられます。

生物学用語では「濃度」の意味

溶媒中の溶液に溶けている成分量を表していて、目的次第でモル濃度やパーセント濃度などに使い分けられます。また医学用語としても「コンセントレーション」は主に「濃度」の意味で使われます。

研磨用語では「粗粒の割合」

研磨用語としての「コンセントレーション」は、研磨剤の中の砥粒、つまり研磨に使われる物質が、どのような割合で配合されているのかを表します。「コンセントレーション」が高い研磨剤は、研磨がより良質にできる傾向があり、仕上がりもきれいだとされています。

「コンセントレーション」の使い方と例文

「コンセントレーションを高める」

「コンセントレーションを高める」とは、「集中力を高める」ことを意味しています。「コンセントレーションを高めて仕事をする」と言えば、集中して仕事をするという意味です。

「コンセントレーションが強い」

「コンセントレーション」を「集中力」という意味で使われた場合、その集中度が高いければ「コンセントレーションが強い」、その逆に集中力が低ければ「コンセントレーションが弱い」という言い方をします。

「彼はコンセントレーションが強いから、勝負に勝った」
「コンセントレーションが弱ければ、仕事は何一つはかどらない」

また、「コンセントレーション」が「濃度」の意味で使わている場合も、「コンセントレーションが高い濃縮液」のようにその濃度の濃さを「高い」「低い」を使って表現することもできます。

「コンセントレーションを保つ」

「集中力を維持する」という意味では、「コンセントレーションを保つ」という言い方をします。

ビジネスにおける「コンセントレーション」

「コンセントレーション」は「企業集中」の意味もある

ビジネスシーンでも「コンセントレーション」はよく使われているので聞いたこともあるもしれません。ただビジネスでは、一般的な意味である「集中」の意味だけではなくて、「企業集中」という意味で使われることがあります。

「企業集中」とは、「企業結合」ともいわれて、他企業2社以上が、何らかの理由で結合することを意味します。コンツェルンやトラストの過程段階とも取られ、また市場を支配しようという狙いがある場合もあり、批判も多くみられます。

「コンセントレーションブース」で能率アップ

オフィスによっては作業効率をアップさせるのが狙いで、コミュニケーションを遮断して、一人で集中できるスペースが確保されているスペースがあります。

そのようなスペースの一つ「コンセントレーションブース」はパテーションなどで区切って半個室化したデスクを指します。また、一室そのまま作業できるスペースとして確保された「コンセントレーションルーム」を設けているオフィスもあります。

「コンセントレーション」の英語表現

英語表記「concentration」:①「集中力」という意味

「コンセントレーション」の英語表記は「concentration」です。その意味はカタカナ語の「コンセントレーション」と同じく「集中力」という意味に加えて、「集中していくプロセスそのもの」の意味もあります。

“This task requires a lot of concentration”.
このタスクをこなすには高い集中力がいる。

“I lost my concentration to resolve the problem.”
問題を解決するための集中力を欠いた。

“concentration on the health”
健康に注意。

“The company think of a need for the concentration on improving of the advertisement.”
企業は広告の改善に集中する必要があると考える。

「concentration」:②「集結」という意味

「concentration」の二つ目の意味として、「集結」があります。

“concentration of factories in the north area in the town.”
町の北部に工場が集結。

“The disadvantage of this company is the concentration of power in the hands of a few members.”
この会社の欠点は、幾人かの社員が権力を持っていることだ。

「concentration」:③「濃縮」「濃度」の意味

液体などの「濃度」や「濃縮」という意味があります。濃度が高い場合は「high」を、低い場合は「low」を使います。

“high/low concentration”
高濃度/低濃度

まとめ

「コンセントレーション」は日常生活でよく聞かれる言葉です。Android/iOS端末向けゲーム「デレステ」の中の7人のアイドルがパーフェクト判定を目指す特技には「コンセントレーション」がありますし、二の腕の筋肉を強化するためのダンベルを使った筋トレは「コンセントレーションカール」と呼ばれます。またスウェット地のトートバッグが人気の「コンセントレーション」は社名です。

ビジネスシーンも例外ではなくよく使われれる言葉ですから意味をしっかりと把握しておきましょう。