「サブスクライブ」とは?英語・分野別の意味と対義語も解説

「サブスクライブ」は一般的にダイレクトメールや雑誌、またユーチューブなどで「購読」「購買」というような意味で使われる言葉です。しかし、英語での意味は非常に幅広いため、理解を深めておく必要があります。

ここでは「サブスクライブ」の日本語と英語の意味、分野別の意味と使い方、対義語を中心に解説させていただきます。steamでの用語やTwitchで使う「サブスクリプション」についても触れていきます。

「サブスクライブ」の意味とは?

「サブスクライブ」の一般的な意味は「購読する」「配信を受ける」

日本語の「サブスクライブ」の一般的な意味は「定期購買する」「配信を受ける」「会員登録する」などになります。主に雑誌や新聞を購買したり、ユーチューブなどの配信を受ける時に「サブスクライブ」という言葉を使います。また、購買において月額で支払いが生じるものも「サブスクライブ」と呼んでいます。

「サブスクライブ」の英語は「subscribe」、意味は「署名する・寄付する」

「サブスクライブ」の英語表記は「subscribe」です。英語の「subscribe」は、「購読する」「定期購読する」「予約購読する」の他、契約書や申込書に「署名する」「サインする」、署名して「同意する」「承認する」、また「寄付する」という意味も持ち合わせています。

おおむね日本語の「サブスクライブ」では、このような意味で使われることはありませんが、英語圏や外資系企業で働く人は、「定期購読する」「会員登録する」意外の意味も把握しておくようにしましょう。

「サブスクライブ」分野別の意味とは?

「サブスクライブ」はユーチューブで「チャンネル登録のこと」

ユーチューブは最近メディアが注目する情報発信基地として知られていますが、動画の最後に頻繁に見かける言葉に「サブスクライブ」があります。ユーチューブでの「サブスクライブ」の意味は「チャンネル登録」のことで、配信者(ユーチューバー)」が投稿した際や特別な情報を発進する際に、にいち早く情報をキャッチするための登録ボタンを指します。

「サブスクライブカウンター」で「実際の登録数がわかる」

もう一つユーチューブ関連の「サブスクライブ」に「サブスクライブカウンター」があります。「サブスクライブカウンター」は気になるユーチューバーの投稿チャンネル名を入れることで、実際の登録者数が把握できるというシステムを指します。

リアルタイムでの登録者数を知ることができるため、人気の動向や他のユーチューバーとの比較などが容易にできるのが特徴です。

「サブスクライブ」はsteamで「MODを購入すること」

「steam(スチーム)」は、PCゲームのダウンロードや、ユーザーとの交流をサポートする人気のプラットフォームです。「steam」での「サブスクライブ」と」は、ワークショップにあるユーザーが独自に作成した作ったデータ(MOD)を、ゲームの中に導入することを意味します。操作は非常に簡単で「steam」での「サブスクライブボタン」を押すだけです。

また「steam」の「サブスクライブ」には、ゲーム要素を追加拡張するという意味も持ち合わせています。ユーザーの希望や夢を実現させたMODを追加することで、さらにゲームへの興味やワクワク感が得られるのが特徴です。

「サブスクリプション」はTwitchで「課金による配信者へのサポートシステムのこと」

「twitch(ツイッチ)」とは米国大手アマゾンが運営するゲーム実況での配信サービスを指します。「twitch」はゲームをしている場面をライブで配信したり、ゲームに関するあらゆるイベントを配信していますが、「サブスクライブ」を選択することで、指示したい配信者のスポンサーとして課金できるというものです。

「Twitch」でのサブスクライブは1か月から3か月の間で支援したい期間を選び、月額のサポート額5ドル、10ドル、25ドルの3つから支援額を選ぶことで始まります。好みの配信者を個人的に、少額で支援できるのが特徴と言えるでしょう。

「サブスクライブ」の対義語は?

「ライセンス方式」はIT用語で「永久使用の権利のこと」

「サブスクライブ」はIT用語として使われていた言葉とも言われていますが、IT分野での「サブスクライブ」の対義語は「ライセンス方式」となります。「ライセンス方式」は、買いきりでソフトウェアやプログラムを購入することを意味し、月額の支払いが生じることなく、永久的に使用できることを指しています。もちろん、「ライセンス方式」の場合は、追徴金や月額の支払いは生じません。

「アンサブスクライブ」は「定期購読やチャンネル登録を止めること」

「アンサブスクライブ(unsubscribe)」は「定期購読やチャンネル登録を止めること」を意味するカタカナ語です。「subscribe」に否定の「un」をつけることで「購読中止」「登録のキャンセル」という意味になりますが、たとえば、ユーチューブやメールマガジン、ニュースレターなどが不要になった時に「アンサブスクライブ」の処理を行うことで、定期購読やチャンネル登録をキャンセルすることができます。

まとめ

「サブスクライブ」とは主に「定期購読する」「チャンネル登録する」という意味で、購読や購買に関しては月額で支払いが生じるものを対象とする場合がほとんどとなります。

ユーチューブやsteam、twitchなどで「サブスクライブ」機能を見かけることが多いますが、支援する配信者を影でサポートする、重要なコミュニケーションツールとして注目されています。無料で登録できるもの、課金が発生するものと、2種類ありますので、サブスクライブボタンを押す時は内容を確認してから行うようにしましょう。