「蔑む」の意味とは?「蔑む目」を使った例文と類語・対義語も解説

「蔑(さげす)む」とは「自分より劣っている相手を見下すこと」を意味する言葉です。同じ「蔑」という漢字を使った「蔑(ないがし)ろ」と「蔑む」の意味の違いを知らない方もいるのではないでしょうか?この記事では「蔑む」を使った例文や類語・対義語も解説します。くわえて、「蔑む」の英語表現も解説しましょう。

「蔑む」の意味とは?

「蔑む」の意味は「見下す」

「蔑(さげす)む」とは「相手を自分より劣っているとして見下すこと」を意味する言葉です。「蔑(さげす)む」の他に「蔑(さげし)む」とも読み、漢字では「貶(さげす)む」とも表記します。

「貶む」は「貶(さげす)む」の他に「貶(おとし)む」とも読むため、読み間違いに注意しましょう。

同じ漢字の「蔑ろ」とは意味が異なる

「蔑む」と同じ漢字を使った「蔑(ないがし)ろ」という言葉。「蔑ろ」は「人やものを無いもののように軽く扱うこと」を意味します。「蔑む」は「相手が自分よりも劣るとして見下すこと」を意味するのに対し、「蔑ろ」は「相手を無いものとして軽く扱うこと」を意味するため、同じ「蔑」を使った漢字でも意味は異なります。

・「蔑む」…相手が自分よりも劣るとして見下すこと。

・「蔑ろ」…相手を無いものとして軽く扱うこと。

「蔑む」の使い方と例文

「蔑む」は「自分よりも劣るもの」に使う

「蔑む」は「自分よりも能力・人格が劣っている相手」または、「価値が低いと判断した相手」に対して使用されます。「蔑んだ」や「蔑まれ」のように使いましょう。

例文

・彼の蔑んだような目が忘れられない

・能力が劣っているからと言って人を蔑んでいいわけがない

・周りから蔑まれた視線をおくられているのに気がつかなかった

「蔑む目」「蔑む言葉」などの言い回しをする

「蔑む」の使い方には「蔑む目」や「蔑む言葉」があります。「蔑む目」は「相手を見下した目」を、「蔑む言葉」は「相手を見下した言葉」をそれぞれ意味します。相手を見下す状況や、相手に見下された状況で使用しましょう。

例文

・彼はわたしに蔑む目をむけてくるから嫌いだ

・そのように蔑む目で見られると気分が悪い

・他人にはもちろんのこと自分へも蔑む言葉を向けるのはよくない

・気に入らないからといって蔑む言葉を吐くのは間違っている

「蔑む」を使った例文

  • いつも蔑んでいた相手に負かされる気分はどうだ?
  • 周りと比べて自分を蔑む必要なんかない
  • 別れ際の蔑むような微笑みが頭から離れない
  • 彼の蔑むような態度が気に食わない
  • 相手を蔑むために粗さがしばかりしている

「蔑む」の類語と対義語

「蔑む」の類語は「嘲る」「侮る」

「蔑む」の類語には「嘲(あざけ)る」や「侮(あなど)る」が当てはまります。「嘲る」は「相手をバカにして笑ったりすること」を、「侮る」は「相手を軽くみて見下すこと」をそれぞれ意味します。

・「嘲(あざけ)る」…相手をバカにして笑ったりすること。

・「侮(あなど)る」…相手を軽くみて見下すこと。

「蔑む」と「嘲る」「侮る」は「相手を見下してバカにする」という点で共通しているため、類語に当てはまるのです。

「蔑」を使った熟語の「侮蔑」「軽蔑」

「蔑」を使った熟語が「侮蔑(ぶべつ)」や「軽蔑(けいべつ)」です。

「侮蔑」は「相手を軽くみて蔑むこと」を、「軽蔑」は「劣っているとバカにすること」をそれぞれ意味します。

他にも「見下すこと」を意味する「蔑視(べっし)」や、「相手や相手の動作を蔑んだ言い方」を意味する「蔑称(べっしょう)」などが熟語に当たりますが、いずれも相手を見下す意味合いを含みます。

・「侮蔑(ぶべつ)」…相手を軽くみて蔑むこと。

・「軽蔑(けいべつ)」…劣っているとバカにすること。

・「蔑視(べっし)」…あなどり見下すこと。

・「蔑称(べっしょう)」…相手や相手の動作・状況を蔑む言い方。

「蔑む」の対義語は「敬う」「崇める」

「蔑む」の対義語には「敬(うやま)う」や「崇(あが)める」が当てはまります。

「敬う」は「相手を大切にして礼をつくすこと」を、「崇める」は「相手を尊いものとして敬うこと」をそれぞれ意味します。

・「敬う」…相手を優れたもとして大切にし、礼をつくすこと。

・「崇める」…相手をこの上なく尊いものとして敬うこと。

「蔑む」の英語表現

「蔑む」は英語で「Despise」

「蔑む」の英語表現には「Despise」が当てはまります。「Despise」とは「蔑む」「軽蔑する」を意味する単語です。「I despise a liar(わたしは嘘つきを軽蔑する)」のように使いましょう。

まとめ

「蔑む」とは「自分よりも劣っているとして見下すこと」を意味する言葉で、「貶む」とも表記します。自分よりも相手の能力や人格が劣っていると判断する状況で、「蔑む目」「蔑む言葉」のように使います。

「蔑む」の類語には「嘲る」「侮る」が当てはまりますが、いずれも良い意味をもつ言葉ではないため使い方に注意しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。