「来る」の敬語は?尊敬語と謙譲語の違いやメール文も紹介します

取引先の人が「来る」時や「来てほしい」時に連絡する場合など、メールや電話のやりとりが必要です。簡単な言葉に感じる「来る」ですが、思いのほか正しい敬語の使い方につまずいてしまうことがありませんか?

簡単なようで実は奥の深い「来る」の敬語表現について、詳しく解説します。

「来る」の敬語は?

「来る」の敬語には複数の言い方があります。「丁寧語」と「尊敬語」について、それぞれ説明します。

「来る」の丁寧語「来ます」

「来る」の丁寧語は「来ます」です。尊敬語ではないため、ビジネスの取引先や上司に使う際は、状況によっては不適切になることがあります。同僚や部下などに対する丁寧な言い方としては最適な言い方です。

「来る」の尊敬語「来られる」

「れる・られる」に語尾を言い換えた尊敬語で「来られる」の言い方があります。「れる・られる」は「お~になる」という敬語表現に比べて、美化語の「お」を頭につけることができないため、尊敬の度合いは低い表現です。

そのため、「来ます」と同様にビジネスの場面で取引先などに使う場合は、状況や相手との関係性を考慮して用いましょう。

「来る」の尊敬語「お見えになる」

上述した「お~になる」の形に言い換える敬語が「お見えになる」です。「お見えになる」は身分の高い人が来ることを表す尊敬語です。同列の言い方に「お出でになる」があります。

「お~になる」の言い方の「お見えになる」は高い尊敬を表す言葉のため、ビジネスで使う言葉として問題ありません。

「来る」の尊敬語「お出でになる」

「お~になる」の形の尊敬語には「お出でになる」という言い方もあります。「お出でになる」は、身分の高い人が「来る」ことの意味の他に、「居る」の尊敬語としても使われます。

例えば「来た」ことを知らせる時に「〇〇様がお出でになりました」、「居る」かどうかを聞くときに「〇〇様はお出でになりますか」などと用います。

意味が紛らわしいこともあるため、「お~になる」の形で使う場合は「お見えになる」を使う方が無難です。

「来る」の尊敬語「お越しになる」

「お~になる」の表現は他にも「お越しになる」の言い方があります。「お見えになる」「お出でになる」の言い方にくらべ、「お越しになる」は抽象度が高い言い方といえます。

「お越しになる」は「来る」という意味で直接的に表現するよりも、「赴く」「足を運ぶ」といった「どこかの場所に行く」という間接的な意味合いを含む敬語です。

例えば、お客様をお見送りする時、「またお出でください(また来てください)」よりも「またお越しください(また足をお運びください)」の方が直接的な表現を避けた上品な言い回しと感じられると思います。

「来る」の尊敬語「いらっしゃる」

「来る」の尊敬語には「いらっしゃる」という言い方もあります。「いらっしゃる」は「来る」の他に「行く」「居る」の尊敬語でもあります。

そのため、「お客様がいらっしゃる」と言う場合、お客様が「来た/行く/居る」の全ての意味を表すことができます。

前後の状況から、その様子が明確な場合は「来る」の敬語として「いらっしゃる」を使うのは問題ありません。

「来る」の謙譲語は?

次に「来る」の「謙譲語」について説明します。「謙譲語」とは、自分の行いをへりくだって謙遜することで相手を立てる表現です。

「来る」の謙譲語「参る」

「来る(行く)」の謙譲語は「参る」です。「参る」は到着する場所を尊い所と認めた場合の動きを表す言葉です。

そのため、例えば上司との会話で「週末は実家に参ります」という使い方は誤りです。

一方で、「参る」は「行く」「来る」の丁寧語としても用いられます。相手への敬意を込めて「ご一緒に参りましょう」「タクシーが参りました」などの言い方です。

「来る」の謙譲語「伺う」

「来る(行く)」の謙譲語はもうひとつ「伺う」があります。「伺う」は「訪問する」のへりくだった表現です。

ビジネスシーンでは「御社に伺います」などの言い方で失礼にはなりませんが、「お伺いします」という「お~します」の表現にした方がより丁寧になるので安心です。

この時「お伺いいたします」とすると二重敬語となり、敬語としては誤りですので注意しましょう。

「来る」のメール例文

取引先へのメールで使える例文を紹介します。ビジネスメールで「来る」ことを表現する場合は、「お越しになる」を用いるのが無難です。

「お見えになる」「お出でになる」「いらっしゃる」はその場に「やって来た」ことを表す口語的な意味合いが強いため、メールや文書にはそぐわないことがあるためです。

相手が来る場合、来た場合

  • お越しになる際は、事前にご連絡をいただければお迎えに参ります。
  • 次回はいつ頃お越しになるご予定でしょうか。お決まりになりましたら私か上司の上野にご連絡くださいませ。
  • 先日は遠いところをお越しいただき、誠にありがとうございました。

相手に来てもらいたい場合

  • ぜひお越しくださいますよう、従業員一同お待ちしております。
  • お越しいただければ幸いに存じます。

自分が行く場合

  • 〇日に御社へお伺いする予定です。
  • 当日は部長の〇〇と一緒に参ります。

まとめ

日常的によく使う「来る」という言葉には、さまざまな敬語の表現方法があることがわかりました。状況に応じて適切な表現ができるようになると、社会人としての信頼感も増していくでしょう。

語彙力は信頼力につながります。簡単な言葉でも軽視せず、小さな積み重ねを大切にしていきましょう。