「高尚」の意味とは?使い方の例文と類語・対義語の「低俗」も解説

「高尚(こうしょう)」とは「立派なこと」を意味する言葉です。相手を評価する言葉としていい意味をもつ「高尚」ですが、使い方によって「皮肉」になってしまうことを知っていますか?この記事では「高尚」の読み方や使い方の例文、類語の「上品」を解説します。くわえて「高尚」の対義語「低俗」や英語も解説しましょう。

「高尚」の意味とは?

「高尚」の意味は「立派なこと」

「高尚(こうしょう)」とは「程度が高く立派なこと」「上品なこと」を意味する言葉で、主に学問や技芸、その人の話した内容や行いに対して使われます。「高」は「程度が高いこと」を、「尚」が「更に」「より一層」をそれぞれ意味しています。

例文

職業に貴賎なしというように、仕事はどれも高尚である

意味:職業に貴賎なしというように、仕事はどれも気高く立派である

「高尚」の読み方は「こうしょう」

「高尚」の読み方は「こうしょう」です。「尚」という漢字は音読みで「ショウ」と読むほかに、訓読みで「なお」「たっと(ぶ)」と読みます。日常生活において多く使用される言葉ではないため、読み間違いに注意しましょう。

「高尚」の使い方と例文

「高尚」は相手の行為や人間性を表す言葉

「高尚」は相手の話す内容や行い、学問や技芸などの能力を含めた人間性を評価する言葉です。「高尚な性格」や「高尚さをもつ」のように、対象とするものの程度が高い状況で使いましょう。

例文

・どれだけ高尚な人間でも、少なからず欲をもっているものだ

・高尚な行いを続けていれば救われると信じている

・知性と品性を兼ね備えた、まさに高尚なお方なのだ

・彼の口から高尚な話を聞かされるのは何度目だろう?

「高尚な趣味」「高尚な考え」のように使う

「高尚」の使い方には「高尚な趣味」や「高尚な考え」があります。「高尚な趣味」は「上品な趣味」「程度が高く立派な趣味」を、「高尚な考え」は「知性や品性を感じる考え」「真似できないような立派な考え」をそれぞれ意味します。

・「高尚な趣味」…上品な趣味。程度が高く立派な趣味。

・「高尚な考え」…知性や品性を感じる考え。立派な考え。

「高尚な趣味をもっている」「ずいぶんと高尚な考え」のように使いましょう。

「高尚」は人によって「皮肉」になる

「高尚」は相手の行いや人間性を高く評価する状況で使われますが、使い方によって「皮肉」と捉えられることがあるため注意しましょう。たとえば、品位に欠ける行いに対して「ずいぶんと高尚ですね」と声をかけた場合、相手の行いに対する皮肉と捉えられます。

とくに「趣味」に関しては人によって捉え方が様々です。自分の趣味を周囲と比較して、引け目を感じる人もいます。無暗に「高尚な趣味ですね」と声をかけると、人によっては「皮肉」「バカにされた」と感じることもあるため注意しましょう。

「高尚」を使った例文

  • 有識者たちの高尚な会話にはついていけない
  • 彼の趣味が高尚か否かなんて、わたし達が決めることではない
  • 彼女はどこまでも高尚であろうとしたのだ
  • あいにくとそんな高尚な考えは持ち合わせていない

「高尚」の類語・対義語

「高尚」の類語は「上品」

「高尚」の類語には「上品(じょうひん)」が当てはまります。「上品」と「高尚」は「品がよい」という意味が共通しており、日常会話では「高尚」よりも「上品」の方が多く使用されます。また、「上品で高位なようす」を意味する「気高い(けだかい)」も類語であるため、言い換えてみましょう。

例文

・主張しすぎない上品なデザインに惹かれた

・あの少年は年齢のわりに落ち着いており、上品な印象をうける

・自身の正義をつらぬき通す彼女は、何よりも気高く美しかった

・武人としての志をもちつつ、気高く生きていきたいのだ

「高尚」の対義語は「低俗」

「高尚」の対義語には「低俗(ていぞく)」が当てはまります。「低俗」とは「下品」や「態度が傾いていたり、考えの程度が低かったりすること」を意味します。「高尚」と反対に「程度が低く下品なようす」を表しているため、対義語に当てはまるのです。

例文

・担当の行いは前任と比べて、ひどく低俗であった

・低俗な考えをもつ人とは関わりたくない

・低俗な趣味だと貶されたが、大きなお世話だ

「高尚」の英語表現

「高尚」は英語で「Noble」

「高尚」の英語表現には「Noble」が当てはまります。「Noble」とは「気高い」「立派な」を意味する単語で、「高尚」の「程度が高く立派な様子」を表せます。

例文

He has a noble idea.

意味:彼は高尚な考えをもっている

まとめ

「高尚」とは「程度が高く立派なこと」「上品」を意味する言葉で、「高尚な趣味」「高尚な考え」のように使います。相手の人間性や言動を評価する言葉ですが、使い方によっては「皮肉」になるため乱用は避けましょう。

類語には「品がいいこと」を表す「上品」「気高い」が当てはまります。反対に「程度が低く下品な様子」を表したいときは、対義語の「低俗」を使ってみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。