「逞しい」の意味とは?使い方の例文と類語「強靭」・対義語も解説

「逞(たくま)しい」とは3つの意味をもつ言葉です。「逞」という漢字の書き方が分からないという方や、「しんにょう」が「週」「進」とは何か違うと気づいた方もいるでしょう。この記事では「逞しい」の読み方や意味、使い方の例文も解説します。加えて、「逞しい」の類語(類義語)と対義語、英語表現も解説しましょう。

「逞しい」の意味とは?

「逞しい」の意味は3つある

「逞(たくま)しい」は3つの意味をもつ言葉です。1つ目は「からだが丈夫で強そうなこと」を、2つ目は「意思が強く簡単にはくじけないこと」を、3つ目は「勢いに満ちて元気なこと」をそれぞれ意味します。

  1. からだが丈夫で強そうなこと。例)逞しい脚
  2. 意思が強く簡単にはくじけないこと。例)逞しい根性
  3. 勢いに満ちて元気なこと。例)逞しく走りだす

「逞しい」の読み方は「たくましい」

「逞しい」の読み方は「たくましい」です。「逞」は訓読みで「たくま(しい)」「こころよ(い)と読み、音読みでは「テイ」と読みます。

「逞しい」の漢字の書き方

漢字「逞」の部首は「2点しんにょう」

漢字「逞」の部首には「2点しんにょう」が使われています。「しんにょう」の中には2つの種類があり、1つが「週」「進」に使われる「1点しんにょう」、もう1つが「逞」に使われる「2点しんにょう」に分けられます。

常用漢字には「遜」「遡」などの例外を除いて「1点しんにょう」が用いられるため、「2点しんにょう」の「逞」は常用漢字外に当てはまります。

「逞」の書き方は「王」の部分に注意

「逞」という漢字は「口」「王」「2点しんにょう」で構成されています。注意点としては「2点しんにょう」を「1点しんにょう」と書き間違えないことですが、もう1つ「王」の書き順が挙げられます。

本来であれば「横・縦・横・横」の書き方をする「王」ですが、人によっては「横・横・縦・横」と覚えているため、間違った書き順に注意しましょう。

「逞しい」の使い方と例文

「逞しい筋肉」「逞しい手」のように使う

「逞しい」の使い方には「逞しい筋肉」「逞しい手」があります。どちらも「からだが丈夫で強そうなこと」を意味するとして「逞しい」が使われています。

例文

・腕を捲り上げた瞬間に、逞しい筋肉が顔をみせた

・彼の逞しい手に背を押され、一歩踏み出すことができたのだ

「逞しく生きる」は「くじけずに生きる」を表す

「逞しく生きる」とは「意思を強くもち、くじけずに生きること」を意味します。「意思が強く、簡単にはくじけないこと」という意味で「逞しい」が使われており、他にも「逞しい精神力」や「逞しい自制心」のように使います。

例文

・弱い心を打ち砕くほどの逞しい精神力を手に入れる

・逞しい自制心をもって生きていくのだ

「逞しく笑う」の意味は「元気に笑う」

「逞しく笑う」とは「勢いに満ちて元気に笑うこと」を意味します。「勢いに満ちて元気なこと」という意味で「逞しく」が使われており、他にも「逞しく歩く」や「逞しく食べる」のように使います。

例文

・子どもの成長は早く、もう自分の足で逞しく歩いている

・逞しく食べる様子をみていると、つられて空腹に見舞われた

「逞しい」を使った例文

  • 日々努力した結果、逞しい体が手に入った
  • 失敗を繰り返すうちに逞しさが身についたのだ
  • 世間の荒波にもまれながらも逞しく生きてきた

「逞しい」の類語・対義語

「逞しい」の類語(類義語)は「強靭」

「逞しい」の類語(類義語)に当てはまるのは「強靭(きょうじん)」です。「強靭」とは「柔軟で強いこと」を意味する単語で、「逞しい」とは「強く丈夫」という点で類似しています。複数の意味をもつ「逞しい」の方が多く使われますが、「強靭な肉体」や「強靭な精神力」のように類語で言い換えることができます。

例文

・強靭な肉体といえども限度はある

・強靭な足をもつ彼なら、1日で辿り着くだろう

「逞しい」の対義語は「か弱い」

「逞しい」の対義語(反対語)には「か弱(よわ)い」が当てはまります。「か弱い」とは「弱々しく頼りないこと」を意味する言葉で、「逞しい」の「丈夫で強そう」という意味と反対を表します。「か弱い赤子」や「か弱い印象」のように、弱く頼りないものを表す状況で使いましょう。

例文

・いつまでもか弱いままだと思わないでほしい

・このか弱い子どもを守らなければならない

「逞しい」の英語表現

「逞しい」は英語で「Strong」

「逞しい」の英語表現には「Strong」が当てはまります。「Strong」とは「強い」「逞しい」を意味する単語で、精神・肉体どちらが強い場合にも使われます。

例文

His arms are very strong

意味:彼の腕はとても逞しい

まとめ

「逞しい」とは「からだが丈夫で強そうなこと」「意思が強く簡単にはくじけないこと」「勢いに満ちて元気なこと」の3つの意味をもちます。「逞しい首」や「逞しい根性」のように、肉体・精神どちらにも使用できます。

類語の「強靭」と「逞しい」では、「逞しい」の方が一般的に使われますが、「強く丈夫」という点で類似しているため言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。