英語のプレゼンで使える決まり文句まとめ!成功のコツや例文も紹介

たくさんの海外企業が日本企業と取引するようになった昨今、「英語のプレゼン」が必要だと感じている人は多いのでは。英語のプレゼンを成功させるには、決まり文句ともいえる「基本フレーズ」を習得しながら、構成に合わせた英語表現を使い、自信をもって本番に臨むことが大切です。

さっそく英語のプレゼンの基本フレーズと、プレゼンでの英語例文を中心に解説していきましょう。

英語のプレゼンで覚えておきたい基本の「決まり文句」まとめ

続いて、「英語のプレゼン」で覚えておきたい「決まり文句」をみてみましょう。どのシーンでも役に立つ基本的な定型文です。

英語のプレゼンで使える基本フレーズ

  • ~を紹介しましょう:I would like to introduce~、Let me please introduce~
  • ~をお見せしましょう:I’ll show you~、Let me show you~
  • ~についてご説明しましょう:I’ll explain about~、Let me explain about~
  • ~は以下の通りです:~is as follows.
  • 例えば:For example~
  • ご承知の通り:As you know~、As you recognize~
  • 質問はありますか?:Please let us know if you have any question.

英語のプレゼンで使える「スライド」に関するフレーズ&単語

  • スライドを使って進めていきましょう:Let’s use some slides along with our presentation.
  • スライドをご覧ください:Please have a look at the slide.
  • 次のスライドを見てみましょう:Shall we move on to the next slide? Let’s take a look at the next slide
  • このグラフは~について示したものです:This graph is showing about~
  • 折れ線グラフ:a line graph
  • 棒グラフ:a bar graph
  • 円グラフ:pie chart

英語のプレゼンで「注目してほしい時」に使えるフレーズ

  • この箇所にご注目いただけますか?:May I have your attention to this part,please?
  • この数字をよくご覧下さい:Please look more closely at this number?
  • 2社を比較すると一目瞭然です:Now you can see clear comparison between these 2 companies.
  • 上昇する:rise, increase, go up
  • 減少する:drop, decrease, decline
  • 上昇に転じる:turn upward
  • 下降に転じる:turn downward
  • 頂点に到達する:reach a peak

英語のプレゼン「挨拶~締め」の例文

それでは、実際にプレゼンを想定して「挨拶~締め」までの英語例文を挙げてみましょう。

英語のプレゼンの始め方

  • Hi everyone.My name is Taro Tanaka of MC Products.
    皆さん、こんにちは。MCプロダクツの田中太郎です。
  • Thank you for taking your time to come to this presentation today.
    本日のプレゼンにお時間を割いていただき、誠にありがとうございます。
  • I would like to show you the contents of our presentation
    プレゼンの内容についてご紹介します。

英語のプレゼンでの商品説明

  • The features of this product is not only light but also functional.
    この商品の特徴は軽いだけではなく機能性にも優れているところです。
  • We are expecting this type of products could be new trend in this summer.
    これらの商品は今年の夏の流行になると予想されています。
  • We selected the best quality to make this products.
    最高級品質をつかって商品を製作しています。

英語でのプレゼンの締め方

  • Unfortunately, we are running time
    残念ですが、お時間が迫ってきました。
  • We are going to finish the presentation now.
    そろそろプレゼンを終了させていただきたいと思います。
  • I appreciate take your time and join us for the presentation.
    プレゼンにご参加いただきありがとうございます。
  • We are happy to answer any question both by mail and phone call.
    ご質問はメールでもお電話でもお受けしております。

(付録)英語のプレゼンで「成功するためのコツ」

まず「英語でプレゼン」を成功させるための心構えとコツから紹介しましょう。

英語でのプレゼンは「テーマ」に沿って構成をまとめる

はじめにプレゼンの「テーマ」を絞り、「どんなことをアピールしたいのか」、具体的な内容を明確にしてみましょう。なぜなら、長時間のプレゼンではポイントごとに切れのよい進行が望まれるからです。

たとえば「新商品の紹介」であれば、テーマは「新商品について」、構成は「新商品のアピールポイント(品質、価格など)」「他の商品との比較」「市場の動向」「購入のメリット」などです。

日本語でも英語でも、プレゼンにおける下準備は必須です。ことに第二言語である英語でのプレゼンなら「スライド」や「資料」を大いに利用するのがポイント。英語の発音に気を使いすぎず、はっきりとゆっくりと大きな声で進めるように心がけて下さい。

まとめ

英語のプレゼンは緊張しがちですが「自信」をもって臨むことが大切です。小さな声でボソボソ話してしまうと参加者が理解できなくなってしまいます。たとえ英語の発音に自信がなくても、スライドを見ながら手持ちの資料と併せて堂々と進めていきましょう。

また、プレゼンによっては主語を「We(私共)」としたほうが良い場合もあります。状況に合わせて使い分けをしていきましょう。