「厭わない」の意味とは?「厭わないで」の使い方や類語も解説

「厭わない(いとわない)」とは「嫌がらない」「嫌だと避けない」を意味する言葉です。「厭わないで」や「努力を厭わない」などの使い方をする「厭わない」の敬語表現を知りたいという方もいるでしょう。「厭わない」の読み方や使い方の例文、敬語表現も解説します。加えて「厭わない」の類語や英語表現も解説しましょう。

「厭わない」の意味とは?

「厭わない」の意味は「嫌がらない」

「厭わない(いとわない)」とは「嫌がらない」「嫌だからと避けたりしない」を意味する言葉です。「厭う(いとう)」を否定した表現であり、「厭う」は「嫌がる」「きらう」「嫌だからと避けること」を意味します。「きらう」を意味する「厭う」を否定した表現ではあるものの、単に「好き」を意味するわけではありません。

本来はやりたくないことでも目的のためであれば嫌がらない、といったニュアンスで使用されます。

「厭わない」の読み方は「いとわない」

「厭わない」の読み方は「いとわない」です。他にも訓読みで「厭(あ)きる」「厭(いや)」などの読み方があり、音読みでは「エン」「オン」「ヨウ」などの読み方があります。

「厭わない」は常用漢字ではない

「厭わない」に使われる「厭」という漢字は常用漢字に当てはまりません。常用外漢字である「厭わない」は国などが作成する公用文や、ニュースなどでは平仮名で用いられます。

「厭わない」を使った例文

  • 彼女のためならば罪を犯すことでさえ厭わないのだ
  • Aさんの力になれるのであれば残業も厭わない
  • 努力することを厭わないで進み続けた結果だ

「厭わない」の使い方

「厭わないで」「厭わないこと」のように使う

「厭わない」は「厭わないで」「厭わないこと」のように使います。「厭わないで」は「嫌がらないで」「嫌だからと避けないで」を意味し、「厭わないこと」は「嫌がらないこと」「嫌だからと避けないこと」をそれぞれ意味します。

・「厭わないで」…嫌がらないで。嫌だからと避けないで。

・「厭わないこと」…嫌がらないこと。嫌だからと避けないこと。

「汚れることを厭わないで進み続けた」や「夢を叶えるために勉学を厭わないこと」のように使いましょう。

「努力を厭わない」とは努力を嫌がらないこと

「厭わない」は「努力を厭わない」「手間も厭わない」のように、「○○を(も)厭わない」の形で使用されます。「努力を厭わない」は「努力することを嫌がらないこと」を、「手間も厭わない」は「時間や労力を費やすことも嫌がらないこと」をそれぞれ意味します。

・「努力を厭わない」…努力することを嫌がらない。

・「手間も厭わない」…時間や労力を費やすことも嫌がらない。

「犬馬の労を厭わない」は人のために尽力することを表す

「犬馬の労を厭わない(けんばのろうをいとわない)」とは「主君や他人のために尽力することを嫌がらないこと」を意味します。ことわざ「犬馬の労」に「厭わない」をくわえた表現で、相手のために力を尽くすことをへりくだって表します。

例文

・お世話になった先生のためならば犬馬の労を厭わない

・犬馬の労を厭わない覚悟だと言い張った

目上へ使うときは敬語をくわえる

「厭わない」は目上・目下どちらにも使用できます。「厭わない」自体は敬語表現でないため、目上の相手へは敬語表現をくわえて使用しましょう。「厭わない」の敬語表現には「厭いません」や「厭わないです」が当てはまりますが、人によっては「厭わないです」に違和感を覚えることもあります。

「厭わない」に限らず「楽しい」「優しい」などの形容詞に「です」を付けることを、昔は誤用としていました。現代では形容詞に「です」を加える形が認められたため、「厭わないです」も正しい使い方となります。ただ、上記の理由から違和感を覚える人もいるため、相手によっては「厭いません」を使用しましょう。

「厭わない」の類語と英語表現

「厭わない」の類語は「嫌がらない」

「厭わない」の類語には「嫌がらない」や「避けない」が当てはまります。日常会話では「厭わない」を使うことで仰々しく感じられることもあるため、「嫌がらない」や「避けない」に言い換えてみましょう。

例文

・彼はどんな小さな仕事でも嫌がらずに引き受けてくれる

・困難を避けずに乗り越えてきたから今がある

「厭わない」は英語で「No qualms」

「厭わない」の英語表現には「No qualms」が当てはまります。「Qualms」とは「気の咎め」や「不安」を意味する単語で、「No」を加えることで「後ろめたさのない様子」や「不安のない様子」を表せます。

例文

・I have no qualms about effort

意味:わたしは努力することを何とも思わない

まとめ

「厭わない」とは「嫌がらない」「嫌だからと避けたりしない」を意味する言葉です。「努力を厭わない」や「労を厭わない」などの使い方をし、目上へは敬語をくわえて「厭いません」と表します。

日常会話などで「厭わない」が仰々しいと感じる状況では、類語の「嫌がらない」や「避けない」に言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。