「感無量」とはどんな意味?使い方や目上への伝え方・類語も解説

何かを達成したときのコメントで「感無量」という言葉を聞くことがあります。喜びであふれるときなどに使う表現ですが、目上の人に対しても使ってもいい言葉なのかご存知でしょうか?

今回は、「感無量」という言葉について意味や使い方、例文や類語について解説します。あわせて英語表現についても紹介しましょう。

「感無量」の意味とは?

「感無量」の意味は「胸いっぱいに感じること」

「感無量」は「かんむりょう」と読みます。「感無量」とは、「胸がいっぱいになるほど深く感じること」という意味の言葉。

「感」には「心の動き」や「ある事に対して心が動く」という意味があり、「無量」には「大きい量」や「はかることができないくらい多い」という意味があります。「感無量」とは、嬉しい気持ちがあふれて心がいっぱいになる感情を表す言葉です。

「感無量」は「感慨無量」の略

また、「感無量」は「感慨無量」の略語とされています。「感慨」には「しみじみと感じること」や「心に深く思う」という意味があり、「感慨無量」とは「胸いっぱいに感じること」という意味を持つ四字熟語です。

「感無量」は、「ある出来事に対して大きくはかりしれないほど心が動く」という感情を表現する言葉であり、「感慨無量」と「感無量」は同じ意味の言葉です。

「感無量」の使い方と例文

強調したいときの言い回しは「感無量の極み」

「極み」とは「この上ないところ」「果て」という意味の言葉です。「感無量の極み」と表現することで、「感無量」をさらに強調した言い回しになります。

例文

無事完成することができ、感無量の極みでございます。

このようなパーティを開いていただけて感無量の極みです。

「感無量」は目上の人に対しても使える言葉

「感無量」という言葉は丁寧な言い回しであり、目上の人に対しても使える言葉です。感動し感謝する場面で使うことが多く、「感動する」や「感激である」などのニュアンスも含んだ表現と言えます。

ただし、「感無量」は嬉しい気持ちが心にあふれる感情を表す言葉なため、いつも使用すると意味が薄れてしまいますので、使うときには注意しましょう。

例文
  • お会いできて感無量です
  • 貴重な機会を作っていただき感無量です

「感無量」の類語とは?

「感無量」の類語には、「感慨多端」「感慨深い」「万感の思い」などがあります。

類語①「感慨多端」は「深く感じることが多い」という意味

「感慨多端」は「かんがいたたん」と読み、「深く感じることが多くある」という意味の四字熟語です。「多端」には、「複雑で多くあること」や「仕事などが多く忙しいようす」という意味があります。「感慨」は「深く心に思う」などの意味があるため、「感慨多端」は「深く思い感じることが多くある」という意味であり、「感無量」とほぼ同じ意味で使える言葉です。

例文
  • 久しぶりにお会いすることができて感慨多端でした
  • 素晴らしいパーティに出席することができ感慨多端です

類語②「感慨深い」は「しみじみと深く感じ入る」という意味

「感慨深い」は「かんがいぶかい」と読み、「しみじみと深く感じ入る」という意味の言葉です。「深く心に思う」という意味の「感慨」に「深い」を付けることで、「心に深くしみじみと感じる気持ち」を表しています。「感無量」とほぼ同じ意味と言えるでしょう。

例文
  • 娘の結婚式に出席するとは、感慨深いものがある
  • ようやくお店をオープンすることができて感慨深い

類語③「万感の思い」は「心に広がるいろいろな気持ち」という意味

「万感の思い」の読み方は「ばんかんのおもい」です。「万感」には「心に広がるいろいろな気持ち」という意味があります。「万感の思い」は「一瞬で心に広がるいろいろな感情」を表す言葉で、さまざまな思いが心に広がる様子を表しています。

「感無量」は、嬉しい気持ちがしみじみと深く広がる気持ちを表しているのに対して、「万感の思い」は、嬉しさや悲しさなど、それまでのいろいろな感情が心に広がり感じ入る様子を表します。

例文
  • 合格通知が届いたとき、万感の思いがこみ上げ涙が溢れました
  • 定年を迎え部下に見送られながら、万感の思いで帰宅した

「感無量」の英語表現とは?

「感無量」の英語表現には「full」を使う

「感無量」の英語表現には「full」が当てはまります。「full」には「満杯・満たされる」という意味があり、「full of」とすることで「~で満たされる」という表現になります。「full of emotion」は「感情で満たされる」や「感動」という意味のフレーズで、「感無量」という言葉を表現できます。

まとめ

「感無量」とは、嬉しい気持ちで心がいっぱいになる感情を表す言葉です。「心が動く」という意味の「感」に「大きい・多い」という意味の「無量」がつくことで、「胸がいっぱいになるほど深く感じる」気持ちを表しています。また、「感慨無量」の略語とされどちらも同じ意味を持ちます。

目上の人に対しても使える丁寧な言い回しなので、ここぞという場面でぜひ使いたい言葉です。