「分不相応」の意味とは?使い方の例文と類語・対義語も解説

「分不相応」とは「ふさわしくないこと」を意味する四字熟語です。「分不相応な家」や「分不相応な仕事」などの使い方をする「分不相応」ですが、相手に使う場合は失礼となることを知っていますか?

本記事では「分不相応」の意味や読み方、使い方の例文も解説します。加えて「分不相応」の類語や対義語、英語表現も解説しましょう。

「分不相応」の意味とは?

「分不相応」の意味は「ふさわしくないこと」

「分不相応(ぶんふそうおう)」とは「ふさわしくないこと」を意味する四字熟語です。「分相応」が「身分や能力にふさわしいこと」を意味しているため、否定をくわえた「分不相応」は「身分や能力にふさわしくないこと」を表します。

その人の持ち物や行動が「身分・能力に釣りあってない状況」や「度を超えた贅沢をする状況」で使いましょう。

「分不相応」の読み方は「ぶんふそうおう」

「分不相応」の読み方は「ぶんふそうおう」です。「不相応」は「ぶそうおう」とも読めることから、「ぶんぶそうおう」と読み間違えないよう注意しましょう。

「分不相応」の使い方

相手に使うと失礼になってしまうので要注意

相手に「分不相応」使う場合、失礼となるため多用は避けましょう。「分不相応」は「ふさわしくないこと」を意味するため、相手に対して「その行動や持ち物はあなたにふさわしくない」と言うことになります。

一方で、「分不相応」を謙遜として使うこともあります。謙遜として使う場合「自分にはふさわしくない」ことを「わたしには分不相応なほど立派だ」のように表しましょう。

仕事や恋愛では「身分や能力にふさわしくない」というニュアンスで

「分不相応」の使い方には「分不相応な仕事」や「分不相応な恋愛」があります。「分不相応な仕事」は「身分や能力にふさわしくない仕事」を、「分不相応な恋愛」は「身分や能力にふさわしくない恋愛」をそれぞれ意味します。

例文

・分不相応な仕事を任せられても困るのだ

・彼には分不相応な仕事だから、結果が出ないのは当たり前だ

・小説に出てくるよう分不相応な恋愛などできるわけがない

・たとえ分不相応な恋愛だとしても諦められない

「分不相応な家」は「ふさわしくない家」を表す

「分不相応な家」は「その人の身分や能力にふさわしくない家」を意味します。自分の給料以上の家を求め、無理をして住んでいる状況で使われます。自分へも相手へも使用できますが、失礼な言葉であるため使い方には注意しましょう。

例文

・自分には分不相応な家ですので、他を探します

・随分と分不相応な家に住んでいると噂になっていますよ

「分不相応な望みを抱いている人」とは「高望みな人」

「分不相応な望みを抱いている人」とは「高望みな人」を意味します。自分の身分や地位、能力をわきまえず、それ以上のものを望んでいる人を指します。「なんて分不相応な望みを抱いている人なんだ」のように使いましょう。

例文

・分不相応な大きな望みを抱いている人は嫌いだ

・彼ほど分不相応な望みを抱いている人はいない

「分不相応」を使った例文

  • 彼女と付き合おうなんて、わたしには分不相応だったんだ
  • 分不相応な夢を見ると不幸になると言われた
  • 分不相応な暮らしに慣れてしまうと、破産するぞ

「分不相応」の類語・対義語

「分不相応」の類語は「身分不相応」

「分不相応」の類語には「身分不相応(みぶんふそうおう)」が当てはまります。「身分不相応」とは「役割・立場にふさわしくないこと」を意味する言葉で、「身の丈にあっていない」という点で「分不相応」と類似しています。

例文

・身分不相応な行いをしていたのだから、当然の結果だろう

・伯爵夫人にもなるお方が、身分不相応な行いですね

ことわざ「猿猴月を取る」は分不相応な人の末路のこと

ことわざの「猿猴月を取る(えんこうつきをとる)」は「分不相応なことをして失敗すること」を意味します。猿が水にうつる月を取ろうとして溺れ死んだことから、自分にふさわしくないことは災難の元になるとされているのです。

「分不相応」の対義語は?

対義語は「分相応(ぶんそうおう)」

「分不相応」の対義語には「分相応(ぶんそうおう)」が当てはまります。「分相応」とは「その人の身分・能力に釣りあっていること」を意味しており、「分不相応」と反対の意味を表します。「分相応の報酬をもらう」や「分相応な仕事」のように使いましょう。

例文

・分相応の暮らしを楽しんでいる

・いくらお金を積まれても、分相応の働きしかできない

「分不相応」の英語表現

「分不相応」は英語で「Beyond one’s means」

「分不相応」の英語表現には「Beyond one’s means」が適しています。「Beyond one’s means」とは「身分不相応に」「収入以上の」を意味する言葉で、自分の財力を超えたものに対して使われます。

例文

This house is beyond my means.

意味:この家は分不相応だ

まとめ

「分不相応」とは「ふさわしくないこと」を意味する四字熟語です。「持ち物や行動が、身分・能力に釣りあっていない状況」や「度を越えた贅沢をする状況」で使われ、「分不相応な仕事」「分不相応な望み」のように表します。

「分不相応」の類語には「身分不相応」が当てはまるため、言い換えてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。