「青息吐息」の意味と使い方とは?正しい読み方や由来・語源も解説

「青息吐息」は苦しく悲しい時に使われる四字熟語ですが、言葉の由来や使い方についてはよくわからないという人も多いのではないでしょうか?意味を明確にしていれば、通常の文章にアクセントとして用いることもできます。今回は「青息吐息」の意味や使い方などについてご紹介します。

「青息吐息」の意味と由来は?

「青息吐息」の意味は「悲しい時に出るため息やその状態」

「青息吐息」とは辛く悲しい時にでるため息や、また苦しい状態を意味します。

悲しく辛い出来事があった時や、トラブルや問題を抱えている時に、小さく弱々しく「ふう」と出る小さく痛々しいため息の事を指します。また、そういった辛く悲しい状況や困り果てた様子そのものも「青息吐息」と言います。「青息吐息」の状況としては肩を落とし目をつぶって、生気がないようなイメージです。

「青息吐息」の読み方は「あおいきといき」

「青息吐息」の正しい読み方は「あおいきといき」です。「吐息」の部分は正確に読めても、「青息」の部分で「せいそく」と誤読してしまうことがあるようです。口語で「青息吐息」を使う時に誤って「せいそくといき」と言ってしまわないように気をつけましょう。

「青息吐息」の由来・語源は「青ざめた時に出る息」

「青息吐息」の由来は「青息」と「吐息」の二つの言葉が表しています。「青息」とは青ざめたような息のこと、つまり落ち込みや辛いときに出る息を比喩的に表したものです。

そして「吐息」とは、落ち込んだり悩みを抱えている時に「ふう」とつく、重々しい息のことを指します。この二つの言葉が組み合わさり、青ざめるほどがっかりした時に出る息、またその様子を表す四字熟語として使われるようになりました。これが語源であり、由来となります。

「青息吐息」の使い方と例文

「青息吐息」を使ってそっと苦痛を伝える

人は誰でも苦難やトラブルにぶつかるものです。職場で上司と衝突したり、プロジェクトが上手く行かなかったり、また恋人と喧嘩をしたりと、大小に関わらう神経を削ってしまうような事柄は常に存在します。

しかしながら、プライドが高かったり、人間関係の壁などが原因で第三者に悩みを打ち明けられないこともあるかもしれません。そのような時、相談の口切文句として「状況が青息吐息である」「青息吐息が止まらない」とつぶやけば、相手は「悩みや辛いことがあって困り果てている」ということが理解できるでしょう。「青息吐息」を使ってそっと自分の苦しみを伝えてみて下さい。

「青息吐息」は美しく軟らかい語勢を持つ四字熟語のため、小説や劇場などの世界で多く使われますが、一般的な生活においても適切なシチュエーションを見つけてどんどん使っていきたいものです。

「青息吐息」を不景気や経営難に対して使う

「青息吐息」は人が悲しみ暮れて困り果てた時だけではなく、厳しい状況そのものを表す時にも使われます。

例えば、不景気や市場の荒れなどの影響を受けて企業の経営状態が傾いたり、苦しくなった状況そのものを「青息吐息」と言うことも可能です。「不景気で工場は青息吐息だ」「ライバル会社の出現でこっちは青息吐息だ」などと表現してみましょう。

「青息吐息」を使った例文

  • 田舎に住む家族から、災害の被害を受けたと連絡があり青息吐息をついた。
  • 職場での複雑な人間関係に疲れてしまい、毎日、青息吐息をつくばかりだ。
  • 青息吐息が出るのは、義理の母が四六時中、電話をかけてくることが原因である。
  • 中小企業は景気に左右されやすい。現在も不景気で青息吐息のありさまだ。

「青息吐息」の英語と中国語表現は?

「青息吐息」は英語で「have a hard time」

「青息吐息」は日本独特の描写表現あるため、理解しやすく「苦しい状態」「困った状況」などに意訳する必要があります。

最も意味が通じやすいいフレーズは「have a hard time」または「be in great distress」などで、ビジネスシーンでも家庭でも一般的によく使われるフレーズとなります。また、弱弱しいため息を表現する時は「tiring sigh」「painful sigh」などを使うと良いでしょう。

例文
  • She is currently having hard time with her incredibe huge amount of work load.
    彼女は信じられないほどの仕事量に青息吐息である。
  • There is tiring sigh coming out of the conference room.
    会議室から青息吐息が聞こえてくる。

「青息吐息」は中国語でも同じ「青息吐息」

「青息吐息」は中国語でも同じで、発音は「cháng xū duǎn tàn」となります。中国では苦労したり非常に疲れている時に、しきりにため息をついたり、長大息をすること「青息吐息」と言います。どの国でも苦労を背負うとため息が出るのは共通していることが理解できます。

まとめ

「青息吐息(あおいきといき)」は「悲しく落ち込んだ時に出る息」またはそのような状態そのものを指す四字熟語です。言葉の意味合いから良い意味で使われることはなく、憂き目や辛苦などを抱えた様子を表す時に比喩的に使われる表現となります。

また日本の名曲の一つに「桃色吐息」があり、「青息吐息」とリンクさせてしまうことが多いようです。そのため「青色吐息」と認識を誤ることがありますので気をつけましょう。