「貞淑」の意味と使い方とは?類語・反対語や英語表現も例文で紹介

「貞淑な女性」というと品がよくて落ち着いている女性という印象がありませんか。しかし「貞淑」には単に品がいいというだけではなく、操が固いという意味もあります。今回は「貞淑」の意味と読み方のほかに、類語と対義語を解説します。また「貞淑」の使い方や英語表現を説明します。

「貞淑」の意味と読み方

「貞淑」の意味は「性的に奔放でなく上品な女性」のこと

「貞淑」とは女性の操(みさお)が固くしとやかなこと、またはそのようなさまを意味します。

「女性の操」とは性的な振る舞いが奔放ではないことという意味です。結婚をしている女性が夫以外の異性と性的関係を持たないことという意味の場合もあれば、夫婦間や恋人同士などの関係に関わらず、性に関する倫理的または社会的な一切のルールを守ること、または性的交渉を持たないことなど解釈のされ方に違いはあります。違いはあるものの、性的関係に関して身が固いという点で共通しています。

また「操」には上品で雅なことという意味もあることから、「貞淑」とは性的に奔放でないだけでなく、女性としての品があるような女性のことを「貞淑」と指すことが多いです。

「貞淑」は「ていしゅく」と読む

「貞淑」は「ていしゅく」と読みます。「貞淑」の「貞」という字は、「節操を固く守ること」や「女性の操が正しいこと」という意味で、一方「淑」は「しとやか」という意味の漢字です。

「貞淑」はニオイスミレやリンドウの花言葉

「貞淑」は「ニオイスミレ」「リンドウ」「ロベリア」の花言葉です。「ニオイスミレ」と「リンドウ」は多年草で、「ロベリア」も亜熱帯では多年草ですが、温帯では一年草と扱われる花です。

「ニオイスミレ」は香水の原料として利用されることが多く、「リンドウ」や疫病の薬と使われたことがあることから「疫病草(えやみぐさ)」とも呼ばれていました。また「ロベリア」は熱さと寒さに弱く、春に花を咲かせます。

「貞淑」の類語

「貞節」は性的な関係を持たないという意味

「貞淑」を性的な振る舞いが奔放ではないことを意味することに着目したときの類語に、「貞節」が挙げられます。

「貞節(ていせつ)」の意味は、結婚している女性が夫以外の男性と性的な関係を持たないことです。「貞淑」との違いは、「貞節」は「貞淑」の性的な意味での奔放さがないことという点で意味上の一致がありますが、「貞節」には「貞淑」のように上品さという意味合いは含まれていません。

例文

「貞節を守る」

「純潔」なら「貞淑」よりも純粋な意味合いになる

「純潔」には心が清らかなさまという意味がありますが、「純潔」の異性と関係がないことという意味が重視されることで「貞淑」の類語になります。

「純潔」と「貞淑」を比べると、性的に奔放でないという意味で一致しているのですが、ここで「純潔」の心の清らかさという意味合いが出てきて、「純潔」の方が「貞淑」よりも性的な意味合いにおいてもより純粋なニュアンスが含まれます。

例文

「二人は結婚をするまで純潔を望んだ」

「節操」は「付き合っている以外の異性と関係を持たない」という意味

「節操(せっそう)」とは、自分の信念を守り、自分の信じる考えや主義を押し通すことという意味です。

恋愛関係において「節操」が使われるときの意味は、相手と真面目な付き合いをするという意味に解釈されて、その意味において付き合っている人以外の異性と性的な関係を持たないという意味で理解されます。

「貞淑」の反対語

「淫奔」とは「性的関係においてだらしない」という意味

「淫奔(いんぽん)」とは、性的関係において淫らであると意味の言葉で、特に女性に使われます。

「淫奔」の「奔」という漢字は走るや逃げるという意味の言葉で、本来の音読みはホンですが、「淫奔」に使われるときにはポンと読むので気を付けましょう。

例文

「淫奔でずる賢い目つきをした娘」

「貞淑」の使い方と例文

「貞淑」は身持ちが固い女性に使われる

「貞淑」という言葉は恋愛関係において、特に性的な関係において身持ちが固い女性に使われることが多いでしょう。ガードの固い女性とも解釈されて、なかなか性的関係に至れないような女性のことを指す言葉としても使われます。

例文
  • 「貞淑な人」
  • 「しとやかに食事をする姿から、彼女は貞淑な女性に見えた」

「貞淑さ」は貞淑の程度を表す使い方

「貞淑」に接尾語の「さ」をつけて、形容動詞の「貞淑だ」の体言化した形を取ると、「貞淑」の程度を表すときに使われる表現になります。貞淑の度合いが大きいとか小さいとのようにその加減について話されるときに使われる言葉です。

例文

「彼女は貞淑さが足りない」

「貞淑」の英語表現

「貞淑」は英語で「chastity」や「virtue

「貞淑」を意味する英単語は「chastity」や「virtue」です。「chastity」とは性的な意味合いで貞淑の他にも純潔という意味があり、また性格で純真や高潔という意味があります。文体の上品さという意味でも使われる単語です。

一方「virtue」は女性の貞淑や純潔という意味のほかに、美徳や善といった意味もあります。

ただし「virtue」は美徳や善の意味で使われることが多く、”Virtue of chastity”や“Chastity is a virtue.”のように「貞淑は美徳」のような使われることもあるでしょう。

例文
  • “She is a virtuous woman.”
  • She is a chaste woman.
    「彼女は貞淑な女性だ」

まとめ

「貞淑」とは性的な奔放さがなく上品に振舞うという意味で特に女性に使われる言葉です。「貞淑な女性」と言えば身持ちが固いだけでなく品がいいというイメージがあるので、女性に対する誉め言葉としても使われることもあるでしょう。