「かしずく」の意味と語源とは?古語の魅力と使い方・類語も解説

古語の響きを持つ「かしずく(かしづく)」という言葉。現代ではあまり使われませんが、フォーマルな場面や改まった席で丁寧な表現を選びたい時に使われる表現です。漢字や使い方がわからないという人も多いと思いますが、今回は「かしずく」の意味と語源をはじめ類語などをご紹介します。

「かしずく」の意味と語源・漢字表記

「かしずく」の意味は「人に仕えて世話をする」

「かしずく」とは「人に仕えて世話をする」という意味を持ちます。人に奉仕し大切に面倒をみたり、しっかりと付き添うということを表す言葉です。主に王様や主君など、自分よりはるかに身分が高く階級が非常に高い人に対して、尊敬の念をもって尽くし従うというニュアンスで使われます。

「かしずく」の意味は「大切に養い育てる」

「かしずく」は「大切に養い育てる」という意味も持ち合わせます。生きていくために必要なことを大切に教えていきながら愛情を持って接し、そして心身共に健康に養い育てていくという意味合いがあります。

「かしずく」の意味は「後見する」

また、「かしずく」は上記の二つの意味に加えて「後見する」という意味もあります。人の後ろ盾となって補佐したり、幼少の人物をサポートすること表したり、保護する者の代理となって面倒を見ることも意味しています。

また「かしずく」は「かしづく」とも書くことができ、どちらも正しい書き方となります。

「かしずく」の語源は漢字「傅く」にあり

「かしずく」は漢字で「傅く」と表記します。「傅」は「いつく」とも読み「世話をする」「大切に育てる」「保護する」などの意味を持ちます。加えて「傅」の音読みは「フ」で、かつての律令制で皇太子の教育係を担当した役のことを指し、「側に付き添う」「お守り役」などの意味があります。つまり、「かしずく」の語源とは、そもそも漢字で示す「傅」が意味するところにありました。

「かしずく」の使い方の注意点と例文

「かしずく」は介護や寝たきりの人に対して使わない

「かしずく」は人に仕えて世話をするという意味がありますが、要介護者や寝たきりのの人など、身体的に不自由で誰かに世話をしてもらう必要があるような状況では使われません。

「かしずく」を理解する上で重要なのは、身分の高い人に尊敬の念を持って使うという点です。「かしずく」は権力やお金のある人に「召使い」のように仕えるというニュアンスを持ち合わせています。そのため、身体的に面倒を見る必要があるという状況で使うのは不適切です。

「かしずく」の現代的な使い方

「かしずく」は「人に使えて世話をする」「大切に養い育てる」という意味がありますが、古語表現であるため、一般的な日常生活で使う機会がほとんどないのが現状です。しかし、現代では「かしずく」の意味を皮肉って「かしずく男」「かしずくポーズ」などのように、滑稽な使い方することもあるようです。

たとえば「かしずく男」とは、いわゆる「跪く(ひざまずく)男性」のこと、また「かしずくポーズ」とは、新郎がプロポーズする時に「結婚して下さい」と片膝をつく恰好をいうようです。そもそも、片膝を付くスタンスは主君に対して忠誠心を表すポーズでもありました。

「跪く」と「かしずく」が似たような響きを持ち、加えて似たような意味合いを持つことから使われ始めたようですが、古語を現代風にアレンジした面白い使い方の一つです。

「かしずく」を使った例文

  • 君主にかしずきながら、教育や生活のすべての面倒を見ていた。
  • 祖父は先代が君主にかしずく役割を担っていたと話していた。
  • 待望の養子を迎えることができ、これからは夫婦でしっかりとかしずくつもりだ。
  • 上司にかしずくのは構わないが、やっぱりありがとうの一言くらいは欲しい。
  • 彼女にかしずく私は、やっぱり男らしさにかけるのかもしれない。

「かしずく」の類語表現は?

「仕官する」は武士が大名に仕えること

「仕官する(しかんする)」とは、浪人中の武士が大名などの上官に召し抱え、仕えることを意味します。また、純粋に官に仕えることや役人になることも表します。

例文
  • 武士として太政官に仕官し、出世を狙いたい。
  • 仕官しながら、国の政策を学ぶ。

「奉公する」は主人や家主に身を捧げること

「奉公する(ほうこうする)」とは、他の家や人に雇われて主人や家主のために身を捧げたり、与えられてた仕事に従事することを意味します。

例文
  • 殿様に見初められ、館に奉公することになった。
  • 会社に奉公し身をささげた結果、副社長の地位まで上り詰めた、

「近侍する」は主君の側で仕えること

「近侍する(きんじする)」とは主君や国王の側で仕えることを意味します。「近侍する」とは、一般には手が届かないような特別な地位にある人へ側近のような立場で仕えることを表します。現代では比喩的に社長やCEOなどに対して、ビンテージな響きを醸し出す意図で使うこともあるようです。

例文
  • この女性は長年に渡り、石油王に近侍している。
  • 社長に近侍してるだけじゃ出世できない、と妻に冗談まじりに言われた。

まとめ

「かしずく(かしづく)」とは漢字で「傅ずく」と表記し、「人に使えて大切に世話をする」「子供など弱い立場の人を大切に養い育てる」「後見する」などの意味を持つ言葉です。古語が根源となる言葉であるため、上品で優雅な響きを持つのが特徴ですが、日常生活ではあまり活躍の場がないのが本当に残念なところです。

しかし、上下関係が存在するビジネス環境では「上司にかしずく」、またホテルやカジノ場などでは「VIPにかしずく」など、思った以上に活用できる場面はあるかもしれません。この機会に「かしずく」をマスターして、ワンパターンな会話を解消していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。