「事業内容」の意味と書き方とは?「業務内容」との違いも解説

「事業内容」と聞いて会社のことを説明してあるんだとわかっても、いざ自分が書く側になったら困ってしまいますよね。今回は「事業内容」の意味と使われる機会に併せて「事業内容」の書き方を解説します。また「事業内容」と似た言葉である「仕事内容」「業務内容」「職務内容」の意味の違いと英語表現も紹介します。

「事業内容」の意味と使われ方

「事業内容」とは「会社が行っている仕事」のこと

「事業内容」とは、会社が行っている仕事内容のことです。「事業」とは会社が行っている仕事のことで、「事業内容」ですから会社が営む仕事の内容という意味になります。

「事業内容」は会社紹介や職務経歴書で使われる

「事業内容」は会社がどのような仕事をしているのかを説明する外部への会社のPRなどで使われます。「事業内容」で、該当する会社がどのような目的で営まれていて、その目的を果たすためにどのような仕事、活動、もしくは経営体制を取っているのかを説明します。

会社紹介をするときには、事業内容以外では会社の代表者のあいさつや、称号や設立時期、所在地、創業者や役員、資本金などを示す会社概要なども示されるでしょう。

また職務経歴書ですでに務めていた会社の説明として事業内容の記載を求められることがあります。

「事業内容」の書き方

「事業内容」の書くときは定款を反映させる

事業内容とは、会社で定めた定款の内容になります。「定款」は会社の事業目的が記載されていて、その内容が事業内容になるからです。

言い換えるならば、会社は定款で定めた内容の範囲内でしか事業を展開できませんので、定款の内容をまとめることで事業内容を説明することになります。

「事業内容」の書き方のポイント

では、実際に事業内容をかいてみましょう。事業内容は会社のアピールにもなるので、外部に人にわかりやすく具体的に書くことが大切です。

会社の仕事内容から形態に至るまで様々な角度から会社を分析してみると、どのようなことを事業内容に書けるのかがわかってくるでしょう。

もしも会社の分析が難しいようならば、次のことをヒントにしてみてください。事業内容を書くべきポイントのすべてではありませんが、参考になるのではないでしょうか。

  • 何を目的に事業をして、具体的にはどのようなことをしているのか。
    小売業であれば、何を販売し、ターゲットとなる客層、商品に関する説明、今後の事業展開の目標など。
  • セールスポイントは何か。
    事業を展開するにあたりどんなことをアピールしているのか。
  • 組織図
    会社がどのような部署があり、関係図になっているのかなど。
  • 設備について
    小売ならばどのような規模の店舗で販売し、店舗の位置関係など。

職務経歴書で事業内容を書くときのポイント

職務経歴書やエントリーシートに事業内容を書くことがあります。職務経歴書とは就職活動の際に、個人がどのような職歴なのかを示すために用いられる書類です。エントリーシートも就職活動の際に使う書類で、会社側が選考対象者にエントリーシートに志望理由や自己PRなどを書いてもらい選考時の資料として使われます。

これらの書類に書かれる事業内容とは、以前勤めていた会社の事業内容です。一般的には箇条書きで主な事業内容に加えて、会社の設立年月日や資本金、売上、従業員数を書きます。知られている商品等があれば商品名やサービス名も記載してもいいでしょう。

「事業内容」と「仕事内容」「業務内容」「職務内容」との違い

「仕事内容」とは「個人の職業や職務の内容」のこと

「仕事内容」は、個人の職業や職務の内容を指すことが多いです。「仕事」には生計を立てるための手段としての職業という意味があるからです。

確かに「仕事」には職業以外にも、何かを作り出すための行動や行動の結果という意味もありますが、仕事内容を問われた時には個人の職業または職務について聞かれていることが多いでしょう。

しかし必ずしもその意味で聞かれているとは限らず、状況によっては職業に関係のない何かを作り出した行動の内容を聞かれていることもありますので、「仕事内容」がどのような意味で聞かれているのかは文脈から判断しましょう。

「業務内容」とは「各部署で行われている仕事」のこと

「業務内容」とは各部署で行われている仕事のことです。「事業内容」と混合されやすいのですが、「事業内容」は会社の仕事の内容であるのに対して「業務内容」は各部署の仕事内容という意味ですから、事業内容を推進するための一部なので、「業務内容」は「事業内容」の一部として考えられるでしょう。

「職務内容」とは「各社員が従事している仕事」のこと

「職務内容」とは会社に働く社員が従事している仕事の内容のことです。「職務」とは仕事として受けている務めのことで、「職務内容」でその仕事として受けている務めの中身を指しています。

「事業内容」は会社全体の仕事内容のことを指していますが、「職務内容」では社員の受け持つ仕事の内容を指しています。

「事業内容」の英語表現

「事業内容」は英語で「business details」や「business description

「事業内容」の英訳には「business details」や「business description」が挙げられます。「business」は事業の意味で、「details」は詳細、「description」は描写や解説という意味です。

英語での事業内容の書き方にはいろいろありますが、会社の概要とは別に、初めに企業のおかれている業界の説明から始まって会社の方向性を示すような事業内容の書き方や、事業内容に会社の現状説明だけでなく将来の指針を示す場合もあります。

まとめ

「事業内容」とは会社がどのような仕事をしているのかをまとめたものです。会社のPRとして使われることもあれば、就活で職務経歴書などに以前勤めていた会社の説明の際にも使われることがあるでしょう。事業内容はその会社がどんなことを経営しているのかを知りたいときに役立ちます。