「千載一遇」の意味とは?使い方の例文と類語「千載一会」も解説

「千載一遇(せんざいいちぐう)」とは「めったにない機会」を意味する四字熟語です。「千載一遇のチャンス」のように使う「千載一遇」の、例文を知りたい方もいるでしょう。この記事では「千載一遇」の由来や使い方の例文、類語「千載一会」も解説します。加えて「千載一遇」と「一期一会」の違いや英語表現も解説します。

「千載一遇」の意味とは?

「千載一遇」の意味は「めったにない機会」

「千載一遇(せんざいいちぐう)」とは「千年に一度しか訪れないような、めったにない機会」を意味する四字熟語です。「千載」が「千年」を、「一隅」が「一度出会うこと」をそれぞれ意味します。

千年に一度と例えられるほど、めったにない機会を表すときに使用しましょう。

「千載一遇」の読み方は「せんざいいちぐう」

「千載一遇」の読み方は「せんざいいちぐう」です。「載」は「さい」とも読むことから、「せんさいいいちぐう」と読み間違えないようにしましょう。また、「一遇」を「一隅」「一偶」と書かないよう注意が必要です。

「千載一遇」の由来は中国の書物

「千載一遇」は中国の「三国名臣序賛」という書物に由来しています。「三国名臣序賛」とは「三国志」にでてくる20人の優れた臣下について書かれた書物です。「三国名臣序賛」にある「千載一遇は、賢智(けんち)の嘉會(カカイ)なり」という文章から、「千載一遇」が使われるようになりました。

「千載一遇」の使い方と例文

「千載一遇」はまたとない機会で使う

「千載一遇」は「またとない機会」を表します。そのため、簡単に得られるような機会では使用されません。千年に一度と感じられるほどの状況で「千載一遇の○○」のように使いましょう。

例文

千載一遇の好機を逃していしまった

意味:めったにない好機を逃してしまった

「千載一遇のチャンス」は「めったにない好機」

「千載一遇」の使い方の1つが「千載一遇のチャンス」です。「千載一遇のチャンス」は「千年に一度しか訪れないようなめったにない好機」を意味しています。何かをするにあたり、めったにないような良いタイミングが訪れた状況で「千載一遇のチャンスだ」と使いましょう。

例文

・この千載一遇のチャンスをなんとしても物にしたかったのだ

・これが千載一遇のチャンスだと思い、即座に行動へと移した

「千載一遇の出会い」は誤用と捉えられることも

「千載一遇」は「千載一遇の出会い」のように使われることがありますが、誤用と捉えられることもあるため注意しましょう。「千載一遇」の「一遇」にはすでに「出会う」という意味が含まれており、「千載一遇の出会い」だと意味が重なってしまいます。

「千載一遇の出会い」を使った文章もみられるため誤用だと断定することはできませんが、人によっては違和感を覚えることも覚えておきましょう。

「千載一遇」を使った例文

  • 会合へ足を運んだことが、彼女に千載一遇の好機をもたらした
  • 千載一遇の好機会を逃すものかと、がむしゃらに働いた
  • 千載一遇の好機会とばかりに、彼の世話役を引き受けた
  • いつもの怠け癖により、わたしは千載一遇のチャンスを手放した
  • 彼は諦めたかに思えたが、千載一遇のチャンスがくるのを静かに待っていたのだ

「千載一遇」の類語とは

「千載一遇」の類語は「千載一会」

「千載一遇」の類語には「千載一会(せんざいいちえ)」が当てはまります。「千載一遇」と同じで「めったにない機会」を意味します。他にも「千載一時(せんざいいちじ)」や「千載一合(せんざいいちごう)」が類語に当てはまりますが、一般的でないため言い換えるときは注意しましょう。

例文

・彼らとの出会いはまさに千載一会だ

・この職について早5年、やっと巡ってきた千載一合のチャンスだ

四字熟語「一期一会」とは使い方が異なる

「千載一遇」と似た意味をもつ四字熟語が「一期一会(いちごいちえ)」です。「一期一会」とは「一生に一度会うかどうかの縁」を意味しており、人との出会いを大切にすることの例えとして使われます。

「めったにない」という点で類似していますが、「千載一遇」と「一期一会」は何に重点を置いているのかが異なります。「千載一遇」は「機会」を、「一期一会」は「出会い」を重視しているのです。そのため、「千載一遇のチャンス」という使い方はあっても、「一期一会のチャンス」とは言いません。

「千載一遇」の英語表現とは

「千載一遇」は英語で「A golden opportunity」

「千載一遇」の英語表現には「A golden opportunity」が当てはまります。「A golden opportunity」とは「絶好の機会」「またとない機会」を意味する英語です。「golden」が「価値のあること」を、「opportunity」が「機会」や「チャンス」をそれぞれ意味します。

例文

Do not miss the golden opportunity

意味:千載一遇のチャンスを逃すな

まとめ

「千載一遇」とは「めったにない機会」を意味する四字熟語です。「千載一遇のチャンス」や「千載一遇の好機」のように使いますが、「千載一遇の出会い」は誤用と捉えられることもあるため注意しましょう。

「千載一遇」以外の表現を使いたい場合は、類語の「千載一会」や「千載一合」へと言い換えが可能です。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。