「邁進」の意味とは?読み方や類語・敬語表現も解説(例文付き)

一見難しく見える「邁進」という言葉。おそらく社会人の方なら一度は口にしたことのある言葉ではないでしょうか?

ここでは「邁進」の読み方と正しい意味、類語と敬語、また英語表現やわかりやすい例文を紹介しています。ぜひ、ポジティブな社会生活を彩る言葉としてマスターして下さい。

「邁進」の正しい読み方と意味

はじめに「邁進」の読み方と正しい意味ついて触れてみましょう。

「邁進」の読み方は「まいしん」

社会人になってから職場で「これからも邁進していきます」と上司や先輩に意気込みや抱負を語ったことはありませんか?「邁進」は「まいしん」と読みます。

「邁進」の意味は「まっしぐらに進む」

「邁進」は「邁進する」という動詞としてビジネスシーンでも頻繁に使われていますが、意味は「どんどん突き進む」「まっしぐらに進んでいく」「他を追い抜き先に立つ」などになります。

「邁」も「進」も、それぞれ「進む」という軸の意味を持っています。そして、二つの文字が組み合わさなることで「目標に向かい、ひらすら突き進む」「まっしぐらに、迷いなく進んでいく」という一生懸命な様子を表現しているのです。

社会人になって間もない場合は、右も左もわからないこともあるでしょう。「邁進する」は「とにかくひたすら真っすぐに仕事に打ち込んでいく」という不安ながらも前向きな気持ちを示したいときにピッタリな表現です。

漢字から読み解く「邁進」

口語ではよく使うものの、いざ漢字で書くとなるとわからないということもあるでしょう。「邁進」の「邁」は「二点しんにょう」に「萬(まん)」が入った言葉ですが、読み方は「まい」となり、「進」を後ろにつけて「邁進=まいしん」と書きます。

「邁進」を使ったビジネス敬語の例文

続いて、ビジネスメールやスピーチで役に立つ「邁進」の敬語表現を紹介します。

新人として入社した場合の「邁進」の使い方

新人として入社するときは「やる気」と「謙虚さ」を見せることが大切です。

新しく入社しました田中と申します。
新人ではありますが、与えられた業務に対し日々邁進していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

新しい上司を迎えた場合の「邁進」の使い方

新しい上司を迎えた時は「ガッツ」を見せて自身をアピールしましょう。

チームメンバーの佐藤と申します。
これから部長とお仕事をさせていただくことを光栄に感じます。
厳しい指導の下、チームのために邁進させていく決意でおります。
どうぞよろしくお願いいたします。

新天地で挨拶をする場合の「邁進」の使い方

新天地に仲間入りするときは「熱意」と「ひたむきさ」を表現して好スタートを切りましょう。

東京本社より参りました高橋でございます。
本日より新天地・名古屋で営業主任として勤務することになりました。
支社での売上に十分貢献できるように、邁進していく所存でございます。
何卒宜しくお願い致します。

「邁進」の類語・言い換え表現

それでは「邁進」の類語と言い換えができる言葉を例文と一緒に挙げてみましょう。

「邁進」の類語その1:「一途に努力する」

「邁進する」で「一途に努力する」様子を表す類語に「専心する」「専念する」「ひたすらに追い求める」などがあります。「わき見をせず、ものごとに集中する」という強い意志を感じる表現です。

  • 新しいプログラムの開発に専心してまいります。
  • 今期はカタログの英語翻訳に専念したいと思います。

「邁進」の類語その2:「恐れをなさず進む」

「邁進する」で「恐れをなさず進む」様子を表す類語に「ばく進する」「猛進する」「突き進む」」「突進する」「攻めていく」などがあります。

現代では「ガンガン行く」「ガンガン進む」などの新しい表現も誕生していますが、使う相手や状況に注意して使うようにして下さい。「ガンガン進ませていただきます」などを例にみると、フランクな上司は別としても、一般的に目上の人に対しての敬語表現にはやや向いていないかもしれません。

  • 先月を上回る顧客獲得に向かってばく進していきます。
  • 新しいエリアでの宣伝活動に猛進していこう。

「邁進」を使った四字熟語「勇往邁進」

「勇往邁進」は「勇敢に恐れることなく、目的に向かい突き進んで前進すること」です。「ひたむきに突き進む」の「邁進」に「勇んで前に進む」の意味を持つ「勇往」が頭についた四字熟語で「邁進」よりさらに強く前進していく様子が表れています。

「邁進」の英語表現

最後に「邁進」を英語で表現してみましょう。海外から上司やCEOを迎えた時に仕事への思いや熱意を「邁進する」という言葉を使って表現しましょう。

「邁進」は英語で「push forward」

「邁進する」の英語表現は「前に進む」「突き進む」という意味を持つ「push forward」「work towards」などが一般的です。「継続して行う」なら「keep going on」、また平たい意味で「あきらめないぞ!」という強い意志を表現するなら「never give up」も適切でしょう。

定型文を使って「邁進していくのみ!」と表現したいなら「go full speed ahead」も有効に使うことができます。

「邁進」を使った英語例文

  • I am going to work really hard towards to achieve my goal.
    目標達成に向けて邁進していきます。
  • It is important to keep on pushing yourself toward to your mission.
    業務にひたすらに邁進し続けることが大切です。

まとめ

「邁進していきます」のように、「邁進」はビジネスシーンでも「ひたすら恐れをなさず突き進んでいく」という意味で使われます。

新人としての挨拶や新しい上司を迎えた時のスピーチで「邁進する」言葉を使うと、仕事に対する熱意や強い思いを相手に届けることができます。やる気とガッツを示すためにも「邁進」という言葉を文章に取り入れてみましょう。