「リサイタル」との意味とは?コンサートとの違いと類語表現も解説

「リサイタル」は「ピアノのリサイタル」や「リサイタルに招待する」というように日頃から使われるカタカナ語です。似た表現に「コンサート」がありますが、意味はどのように異なるのでしょうか?今回は「リサイタル」の意味を解説した上で、コンサートとの違いや類語表現についてご紹介します。

「リサイタル」の意味とは?

「リサイタル」の意味は「独唱会・独奏会のこと」

「リサイタル」とは英語の「recital」のことで、歌や楽器の演奏などの音楽の「独唱会」や「独奏会」を意味します。屋内や屋外で、一人の歌手や演奏者が観客の前で、歌や楽器の演奏を披露することを意味します。

「リサイタル」を理解する上での鍵は、歌手や演奏者が「一人」という点です。つまり「リサイタル」として開催されるのは、数人が集って歌や演奏を披露するものではないということです。

「リサイタル」はクラシック系音楽が多い

「リサイタル」で開催される音楽の種類は、主にクラシック系のジャンルが多いのが特徴です。ピアノソナタやクラシックギター演奏、オペラやシャンソンなどはソロがほとんどであるため、「リサイタル」として開催されることがほとんどです。また、演歌や民謡、フォーク歌手などが開く独唱会も「リサイタル」と呼ぶことがあります。

「リサイタル」は楽器演奏者の数はカウントされない

補足的になりますが、「リサイタル」とは独唱会や独奏会のこと、つまり一人でステージに立つことを指しますが、オペラ歌手やシャンソン歌手などが引き連れてくる楽器演奏者の数は、リサイタルを行う人数としてカウントされません。そのため、ステージに一人の歌手と五名の楽器演奏者がいても「リサイタル」と呼ぶのが通常です。

「リサイタル」と「コンサート」の違いは?

「リサイタル」は一人、「コンサート」は複数で行う

「リサイタル」と「コンサート(concert)」の決定的な違いは「人数」です。リサイタルは基本的には一人で行うものですが、「コンサート」はトリオやカルテットなどのグループや楽団、またそれ以上の複数の人が集まって行うものを指します。

「リサイタル」は小規模で「コンサート」は中・大規模

また、一般的に「リサイタル」は規模が小さく、こじんまりとした雰囲気で行われますが、それに比べて「コンサート」はスケールが大きく、大々的に行なわれるのが特徴です。

実際的にも「リサイタル」はホテルのイベントホールやレストランの特設会場など、割と小さめなスペースを使って行いますが、コンサートは広々とした野外で行ったり、数千人が収容できる音楽堂などを使って大規模に行うことが多いです。

「リサイタル」は私的演奏会、「コンサート」は公開演奏会

「リサイタル」と「コンサート」のもう一つの違いは、私的演奏会か公開演奏会か?ということです。

「リサイタル」はプライベートで行うことがあるため「私的」な感覚があります。手作りで広告やチケットを作ったり、友達や知り合いを招待したりすることが多いため、プライベート感にあふれているのが特徴でしょう。

一方「コンサート」はウェブサイトやその他の広告を活用して観客を集め、ファンを含めてさまざまな人が色々な場所から訪れることが予想されます。このように、「リサイタル」が私的であることに対し、「コンサート」はオープンで開放的な雰囲気があります。

「リサイタル」の関連用語

「ジョイントリサイタル」は二人以上で行う時の名称

上記でもご説明したように「リサイタル」は一人の歌手や演奏者がステージや特設フロアなどで音楽を披露することを指しますが、「ジョイントリサイタル(joint recital)」は、二人以上が合同で音楽を披露する独唱会や独奏会を意味します。

もちろん、二人以上でステージに立にも関わらず「リサイタル」という表現を使うのは例外となります。しかし、グループの演奏者が複数参加するのではなく、たとえば一人の歌手と、一人のピアノ奏者がコラボをしたり、個人で活動する二人のシャンソン歌手が一緒に歌を披露するようなスタイルが「ジョイントリサイタル」となります。

「ジャイアンリサイタル」は友達を呼び歌自慢をすること

「ジャイアンリサイタル」とは爆発的な歌唱力を持つ、あの名キャラクターの名をとった「リサイタル」のことです。自分の歌唱力が公害にたとえられる程ひどいのにもかかわらず、友達や知り合いを呼んで、自己中心的に歌を披露するリサイタル形式を意味します。「ジャイアンリサイタル」は冗談を交え、やや笑いを誘うような意図で使われるユニークな表現です。

「リサイタル」の類語は?

「ライブ」はロックやポップスが中心のコンサート

「ライブ(live)」とは、ロックやポップス、ジャズなどの楽曲を、比較的こじんまりした空間で披露するコンサートのことを指します。歌手が一人であっても、二人以上のグループであっても「ライブ」と呼び、アップテンポな楽曲を観客と一体感を持って楽しむことができるのが特徴です。歌手と観客との距離が近いのも「ライブ」の魅力でしょう。

「GIG」はロック中心のライブのこと

「GIG(ギグ)」とは、ロックを中心とするライブのことを指します。GIGは主にライブハウスやクラブなどで行なわれ、何といってもノリの良さと白熱した楽曲が魅力です。GIGで披露されるのはロックの他、パンク、ハードコア、テクノなどがあります。

まとめ

「リサイタル(recital)」とは、一人の歌手や演奏者が行う独唱会・独奏会のことを指します。似た言葉である「コンサート」との違いは「人数」「規模」「私的か、公開か」という点です。

「リサイタル」は一人で行うため、こじんまりとしてプライベート感がありますが、一方で「コンサート」はグループや楽団など大人数でステージ上がり、大勢の観客が集い、オープンで開放的な雰囲気があります。ぜひ「ライブ」「GIG」等も含め、似た言葉との違いを理解して上手に使い分けていきましょう。